アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メール
ひとの気持ちを分かつのは、距離でも、時間でも、国境でもなく。
c0001023_10121697.jpg

ビルに寄りかかって交差点を眺めていたら、
早く部屋に帰って、メールを書きたくなった。
「こんなときもある」と、半分、自分を慰めるような日でさえ
誰かに、なにかを伝えたいという気持ちがあれば大丈夫。
そんなことを思った、金曜日の夜。
電話線をたどったら、あのひとも、あのひとも、あのひとも、
みんな、そこにいるという事実が
いまの、わたしのエネルギー。
by asian_hiro | 2007-09-19 11:24 | ニューヨーク生活・日々 | Comments(6)
Commented at 2007-09-19 22:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by タッド at 2007-09-19 23:01 x
今回のNY日記?は、どことなくセンチメンタルジャ・アー・ニー♪ですね♪
やっとの思いで、自らを支えているような・・・わかりませんが、はかりしれませんが。。。
Commented by tomily at 2007-09-19 23:56
hiro さん、おはようございます。
寂しくなったり、切なくなったり、それでもそろそろと歩みを進めて、毎日をつないでいくんですね、人って。
わたしもこのごろ、やりきれないくらいに寂しかったり切なかったりします。
でも、hiroさんところにきて、ほっとしました。
みんな、同じように、切なさの渦に飲み込まれそうになりながらもしっかりと歩みを進めているのだと感じるから。
hiroさんの「伝えたい」と思う健全な気持ちが、わたしの弱った心を少し勇気づけてくれました。
ありがとう*hiroさん。
Commented by asian_hiro at 2007-09-20 09:48
>鍵コメさん
いつも、ありがとう。
わたしは、あなたのやさしさにいつでも励まされていますよ!
メールではなく、手紙を書きます。
待っていてね。
Commented by asian_hiro at 2007-09-20 09:49
>タッドさん
失恋とか離婚とか(笑)、そんな理由でニューヨークへ来たわけじゃないのですが、どうも、そういう文章になっていますね。
でも、もう先週でふっきれたのです!
これからは、前進あるのみ。がんばります!
Commented by asian_hiro at 2007-09-20 09:54
>tomilyさん
うれしい言葉をありがとう。
わたしも、tomilyさんのコメントを読んで元気がでました。
きっと、みんなそういう思いを抱えているんでしょう。
むしろ、切なさとかさびしさを感じるということは
それだけ、大切なものがあるということだから
かえってしあわせという証拠なのかもしれませんね。
明日もベーグルを食べてがんばります(笑)!
<< ことばとこころ ブルックリンのマーケット >>