アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
midi a midiのシャッタン
思いがけない郵便が届いた。
4年前、イランのカフェで一緒にお茶を飲んだひとたちからだ。
c0001023_904455.jpg

たしか、どこだか小さな町から遊びにやってきたイラン人一家で、
そのとき並んで撮った写真と一緒に、
「遅くなってごめんね」と、短い手紙が入っていた。
きっと、写真を片付けていたら見慣れない日本人が写っていて、
あれ、これ誰だっけってみんなで記憶を整理して、
「ああ、そうだ、ヒロコだよ!」と、誰かがようやく思い出し、
そういえば、住所交換したよねえとそのときのメモを引っ張り出して、
「送ってあげよう。きっと、待っているはずだ」と
郵便局から投函してくれたにちがいない。
それらのひとつひとつが、こころにしみる。
もう、会えないかもしれないひとたち。
だけど、きっと忘れないひとたち。

日本橋三越に新しくオープンした、midi a midiのシャッタン。
軽くトーストし、食べごろのポンレヴェックをサンドした。
歯切れのいい胚芽のパンには、ちょっとチーズの風味が重すぎたけれど
アンバランスもひとつの個性と思えば、この世に失敗などひとつもない。
by asian_hiro | 2007-08-24 09:27 | パン | Comments(10)
Commented by タッド at 2007-08-24 11:24 x
一時、日本橋三越に仕事で通っていたことがあり、その当時は近くのお蕎麦屋さんくらいしかおいしいところがなく、うまくもない社食か、地下でお弁当を買ってました。そんなことを思い出し、なつかしく...あっ!ちょうどスタバが出来た頃だった。。。
Commented by tomily at 2007-08-24 11:55
hiroさん、こんばんは。
アンバランス=個性のひとつのかたち。
素敵な考え方ですね。
そう思えなければ、私自身生きていかれないくらいの、アンバランスのかたまりのようなわたし。

今、目の前にあるものに集中する。
それは、今、わたしに、あたえられたもの。
そう考えると、とても失敗などとは思えないもの、そうですよね。
美味しいという幸せは、その集中力の中にあると思います。

「一期一会」、人もパンも、そうですね。
もう会えないかもしれなけど、けして忘れない。
そうやって、大切にしていきたい、密やかな幸せですね。
Commented by akubi-room at 2007-08-24 12:20
おいしいパン
今私に一番必要なものかもしれません。
この大自然の中で 寝転がって かぶりつきたくなる。
そんなパンを からだが欲しているようです。。。。
一度会った素敵な出会いは けして忘れない。
本当に 人もパン(に限らず おいしいものなら何でも)も
「出会いこそ」ですよね。
Commented by asian_hiro at 2007-08-24 21:30
>タッドさん
スタバって、角のお店のことですか?
わたしもたまに利用していました。
少々狭いですが、便利なところにありますよね。
日本橋三越、ここ数ヶ月でメキメキとパワーアップしていますよ!
今週オープンしたイートインスペースは、おすすめかもしれません。
Commented by asian_hiro at 2007-08-24 21:31
>tomilyさん
わたしはつい、目の前にあるものに没頭してしまい、
その他のことはどうでもいい、と思ってしまうのですが、
このバランスの悪さも私の個性と思って(笑)
都合良く、流すことにします。
一期一会、いいことばですよね。
パンも、ひとも、いつでもその出会いに感謝したいと思います。
Commented by asian_hiro at 2007-08-24 21:33
>akubi-roomさん
おひさしぶりです。お元気でしたか?
ブログ、遊びに行って驚きました!
旅行中だったのですね、海外からの書き込み、ありがとうございます。
大自然のなかでパンを食べたらしあわせかもしれませんが、
いまのわたしには、パンよりも大自然!
しっかり、いい空気を吸ってきてください。
わたしは明日も日本でパンとの出会いを楽しみます。
Commented by hyang at 2007-08-25 17:04 x
hiroさん、初めてコメントさせて頂きます。
こちらでいつも美味しそうなパン達とhiroさんの言葉に、元気を頂いております。
「アンバランスもひとつの個性と思えば、この世に失敗などひとつもない。」
この言葉に、今、心臓が激しく脈打っています。ドキドキが止まりません。
私はどうやらバランスばかりを気にしていたようです。
気付かせて頂いて、ほんとうにありがとうございます。
初めてのコメントがこんな重めなものになってしまい、失礼しました。
Commented by asian_hiro at 2007-08-25 18:04
>hyangさん
はじめまして。コメント、ありがとうございます。
アンバランスも個性ということば、これはわたしが自分自身に言いたいことです。
でも、hyangさんの心にもなにか響くものがあるとしたら、本当にうれしい。書いてよかったと思います。
どうもありがとう。
これからも、どんどん遊びに来てください! 
わたしも寄らせていただきますね。
Commented by cazorla at 2007-08-26 08:14 x
はじめまして。すてきなお話ですね。
モスクワで 兵隊さんと 撮った写真 どうなってるかなーって 急に思い出しちゃいました。 引っ越ししてるからだめだわ。
Commented by asian_hiro at 2007-08-26 19:17
>cazorlaさん
モスクワで兵隊さん…。
わたしがトランジットで泊まったホテルでは、兵隊さんが銃を持って
ドアの外に立っていました。
一歩でも外に出たら、撃たれそうな勢いでした。
写真、残っているといいですね!
<< belief アッシュのセーグル・フリュイセック >>