アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
約束
「二度と会えない」と悲しむのではなく、
「会えてよかった」と思うことにする。
c0001023_1844219.jpg

インドの北部、レーの町で出会ったこの少女。
またいつか、一緒に並んでポロを観よう。
by asian_hiro | 2007-06-17 18:55 | インド旅行記 | Comments(8)
Commented by あゆ at 2007-06-17 19:24 x
あっ・・・。
涙が出そうです。

これまで出会って、会うことがなくなってしまったたくさんの人の顔が、私の頭の中をぐるぐる回っています。
会えなくなってしまったことは悲しいけれど、出会えないことのほうが、もっと悲しいんだなぁって、hiroさんの言葉に気づかせてもらいました。

ありがとうございます。
Commented by タッド at 2007-06-17 20:56 x
写真はすばらしいし、エッセイもすてきですが、どこか物悲し気です。
私には大人が子供を見るような目でこの少女のことを見ることが出来ません。できれば少女の側にいたいと安易に思うことも可能でしょうが、そうするには色々なことを知りすぎたし、知らな過ぎました。
すてきな言葉はときに寂しいですね。
Commented by b_nomad at 2007-06-17 22:02
強くてやさしくて哀しい目。
私も涙でそうです。
こういう目を見ると旅に出たくなってしまいます。
Commented by なお at 2007-06-18 13:11 x
うちの相方は、昔インドに行った時に、スラッシャーの女の子と
仲良くなったって話をことあるごとにしてくれます。
その話を思い出しちゃいました。最近では、うちの子はその女の子の
生まれ変わりなんじゃないかとか言うし(笑)

一期一会。人生で、合えなくて良かった人なんていないと思います。
どんな人でもきっと会えてよかったんだろうな。
Commented by asian_hiro at 2007-06-18 22:09
>あゆさん
そうですよね、「もう会えない」ということより、
「会えなかった」という方がずっとさみしい。
別れがどれだけ悲しくても、
「会えた」というしあわせは、忘れずにいたいですね!
Commented by asian_hiro at 2007-06-18 22:10
>タッドさん
わたしが書く文章や撮る写真は、どこかもの悲しいと
言われることがあります。
それは、ずっとひとり旅をしてきたからでしょうか。
なんとなくですが、タッドさんの言うこともわかります。
Commented by asian_hiro at 2007-06-18 22:10
>b_nomadさん
旅! いいですね!
そういえば、b_nomadさんがモロッコでお会いになった
大阪のカフェのお姉さんは、いまごろモロッコにいるはずですよ。
Commented by asian_hiro at 2007-06-18 22:13
>なおさん
うんうん、自分の子どもがその子の生まれ変わりって考えると
とてもしわせな気持ちがするだろうな!
そうやって、いろいろな人たちが交差しながら
自分の人生を形作っていくんだろうね。
<< ameen's ove... ポワンエリーニュのガレット >>