アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
タイフェス
部屋を掃除した。
最近、お気に入りのLast.fmで、好みの曲を聞き流しながら、
ブラックホールみたいな小宇宙を作っていた押入れの奥も
片っ端から引っ張り出して、「要るもの」「要らないもの」により分けた。
旅のあいだ、毎日つけている日記帳や、
結局、投函せずに終わってしまったエアメールが
不意にどっさり現れて、
掃除の手をたっぷり一時間ほど休ませたけれど、
夏を迎えるにふさわしく、部屋はこざっぱりと片付いた。
窓際に置いた時計を見ると、まだ3時。
「タイフェスに間に合うかも」とこころの声はささやいたが、
ほんの少し悩んだ挙句、わたしはそれを無視することに決めた。
c0001023_1843799.jpg

朝、起きたときは、「タイフェスへ行こう」と思っていたのだ。
タイフェスで、久しぶりにタイ料理を食べてビアチャンを飲み、
食材を山のように買い込んで来ようと思ったのだ。
だけど、いつものようにトースターへパンを放り込み、
コーヒーを淹れるためにやかんをコンロの上へセットしたら、
急に行く気が失せてきた。
やっぱり、わたしは行くべきではないと思った。
行ったら最後、切なさで押しつぶされるだろうと思った。
あの町、あの宿、あの川、あのひとたち。
同じにおいがプンプンと漂う場所へ出かけたら、
無意識にそれらを探すに決まっている。
いままで何十回と訪ねたタイが、これほど遠くに感じられたことはない。

大変な業を背負ってしまったものだと思いつつ、
ひとり、部屋でコーヒーを飲んだ。
バンコクの、なじみの茶屋で飲むように
コンデンスミルクを入れようかと思ったが、
あいにく家には買い置きがない。
熱い、熱い、ブラックのコーヒーを飲みながら、
エスニック調のポップスを、延々と聴いた。
by asian_hiro | 2007-05-13 22:37 | 日々のこと | Comments(10)
Commented by HARU at 2007-05-13 19:28 x
飛行機に乗ったらあっという間なのに、遠い遠い異国の地。
かつて旅をした国を思って切なさに耐えるのは、旅人の宿命ですね。
僕もhiroさんと同じように、かつて訪れた国々を夢見る毎日です。
Commented by asian_hiro at 2007-05-13 21:38
>HARUさん
HARUさんはタイフェスへ行かれましたか?
去年だったか、おととしだったか、
タイフェスで、タイの歌手グループ「カラバオ」が
コンサートを開いたのですが、
カラバオファンの地方在住の友人に電話をかけ、
「聴こえる!? いま、カラバオがコンサートをやっているんだよー!」と
興奮しながら話していたのを思い出します。
そうやって、旅を共にした誰かと
なにかのきっかけで再びつながることができるのも
また、わたしたちの財産なのですよね。
Commented by HARU at 2007-05-13 21:51 x
タイフェスタは、確かおととしに行った記憶があります。
タイの匂いがぷんぷんしていて、そこだけ日本じゃないみたいだった。
旅の仲間は、時が経っても何かの拍子でまたつながることのできますよね。
ほんと、大きな財産だと思います。
Commented by じじ at 2007-05-14 00:25 x
その空気が好きなのに、
接すれば切なくなってしまうほど焦がれている・・・。
私も旅が好きですが、そこまで思いいれてる場所はなくて、
つらそうだけどちょっと羨ましいです。

一箇所だけ、本当に本当に焦がれて焦がれて、
という場所があるはありました。
それはね~、にっぽん。
マレーシアに住んでいた頃、
日本への思慕が津波のように押し寄せてきて、大変でした。

東京の人ごみも、四季の美しさもいとおしくてね、
この気持ちは、一生覚えていようと思ってるんです。

Commented by through_leaves at 2007-05-14 13:32
うちは裏庭がFairy Tale...してます☆
春が始動しました!
Commented by asian_hiro at 2007-05-14 22:52
>HARUさん
また来年、もしこの時期に日本にいたら、
そのときこそ、タイフェスへ行こうと思います。
そのときはビール飲んでタイメシ食うぞ!
旅の友だちは、苦楽を共にした仲というか、
日常の友人とは一味違った存在のような気がしますね。
Commented by asian_hiro at 2007-05-14 22:55
>じじさん
やっぱり、じじさんだなあ、じじさんだよなあと思いながら
コメントを読みました。
恋焦がれているのが日本だなんて、
そんなじじさんがすてきだと思う! ホントに。
わたしは初めて半年の旅に出たとき、
いま、一時間だけでいいから池袋の人ごみを歩きたいと
エジプトの端っこで思ったことがあります。
そのときのことを、久しぶりに思い出しました。
Commented by asian_hiro at 2007-05-14 22:58
>through_leavesさん
春! 拝見させていただきました。
ホントにすばらしいお庭ですね。
一日、ホームステイさせていただきたい…。
Commented by through_leaves at 2007-05-15 22:22
どうぞぉ~☆
Commented by asian_hiro at 2007-05-16 00:49
>through_leavesさん
うわ、ホントに行ってみたいな~。
馬のお世話でも、なんでもやりますよ!
<< くるみの木 カメラ >>