アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
音楽
朝、家を出てから仕事場へ到着するまで、
同じ音楽を、エンドレスで聴く。
弾むようなビートに乗って、足のスピードを速めつつ、
今日一日のエネルギーになるように、
心のネジをいっぱい、いっぱい、これでもかってくらい、めいっぱい巻きながら!
c0001023_0543340.jpg

頭のなかを駆け巡るのは、インドのポップス。
タミル語で歌われるこの曲を、わたしは南インドの安食堂で聴いたんだ。
生ぬるい風のなかで、カレーを指でかき混ぜながら。
by asian_hiro | 2007-04-24 01:04 | 日々のこと | Comments(5)
Commented by through_leaves at 2007-04-24 12:16
私、インド音楽のマネ、うまいんですよ!
ダッティン、ダッティン、ダティン...
ウダカディン、ウダカディン、ウダカディン...
ターングリンダッティン、ターングリンダッティン、ターングリンダッティン...
・・みたいな☆ お聞かせできないのが残念!

ところで、前項のひととのつながり...悲しいことに思い当たることないのです...冷たいのか、モリエールなのか...まわりにいた人は、絶えず現れ、絶えず去っていき、いまだに交流ある人は、ごく少数...
そのごく少数...も、1年に数回の連絡くらい、再開したいという気持ちはあるのかもしれないけれど、待ち合わせをしようとかないし、言われません。
さみしい?!
Commented by えつ at 2007-04-24 22:28 x
おしゃれな牛! かわいい~。牛好きにはたまりません。
私、短期間ですけど、明後日からインド行ってきます。リシケシやらダラムサラ方面です。こんな牛に逢えるかな~!
そして渋沢食堂、見つかるかな!? それは絶対無理だと思うので、私なりの渋沢食堂や、おばちゃんのモモを見つけたいと思います。
Commented by asian_hiro at 2007-04-24 22:38
>through_leavesさん
インド音楽のものまね! ぜひ、聴いてみたいです。
機会があればぜひぜひ。
わたしも、旅で知り合った人は相当な数になりますが
今でも付き合いのある人は、極少数ですよ。
会いたいなと思いつつ、つい連絡を取らないままだったり。
それでも、完全に忘れてしまっているわけではないし、
本当に「会いたい」と思えば、お互い、どちらかが動くにちがいないと
妙な自信を持っているので、それほどさみしいとは思いません。
たぶん、そういうことってお互いが同じように思っているんですよね。
だから、なにかきっかけがあれば即座にコンタクトを取るし、
会えばすぐに打ち解けられる。
そんなひとがこの世にいるってことだけでもしあわせだなあと
能天気なわたしはそう思います。
Commented by asian_hiro at 2007-04-24 22:42
>えつさん
なんですと! インド!
うらやましい。
きっと、今頃は暑い時期でしょうが、気をつけて行ってきてくださいね。
ダラムサラのメインストリートを寺の方へ下った右手にわたしの大好きな
チャパティ屋さんがあります。
店先でおじさんがチャパティを焼き、奥のせせこましいベンチに座って
食べるのですが、そこのチャパティは本当においしい!
もっちりふっくらしていて、なかに練り込むジャガイモも
ピリ辛具合がちょうどいいのです。
ぜひ、訪ねてみてください!
渋沢食堂のみんなも元気か、見てきて欲しいけれど…。
これは、わたし自身の宿題にします!
気をつけて、良い旅を。帰国後、感想を楽しみにしていますね。
Commented by えつ at 2007-04-26 00:35 x
わー、チャパティ情報、ありがとうございます!
ガイドブックにメモりました。hiroさんのお墨付きチャパティ、絶対食べたいです! ちゃんとたどり着けるといいなぁ~。

絶品ターリーも食べてみたいので、渋沢食堂も見つかればいいなぁと思います。だけど、見つからなくてもいいんです。だってhiroさんの本を読めばいつでも味わえるから! 再訪レポ、いつか楽しみにしてますよ!
<< リコッタチーズのタルト 旅 >>