アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
たぶん、今にも泣きそうな顔をしていた。
c0001023_2138379.jpg

それでも、店を出たら足元に小さな花が咲いていて、
坂道の向こうからは、海風が吹いてきて、
まるで、目の前を流れゆく潮の粒まで見えるような濃密さに
一瞬、ここがどこだかわからなくなった。

音楽で本当に大切なのは、音色やリズムやテンポではなく、音と音の隙間を埋める空白だと聞いた。
ならば、言葉で本当に大切なのは、実際に書かれたものごとではなく、それが読み手のなかにどんな景色を描くのかということだと思う。
だけど、もしそうなら怖くて文章など書けやしない。
言葉は限りないエネルギーを持つ一方で、途方もなく無力だ。
そんな得体の知れないものと、わたしは毎日戦っているのだろうか。

海辺のベンチで、日記を書いた。
今年の正月、山から下りてきたあと、真っ先に文房具屋へ飛び込んで買ったノートだ。
それ以来、会社の昼休みとか電車のなかとか、時折、思い出したようにつらつらと書き留める。
汚い文字だ。誰も読めない。
だからこそいいのだ。わたしだけが、この内容を理解する。
ひとのためではない。
自分の心に道筋をつけるため、文字で想いを綴るのだから。
c0001023_22115379.jpg

目の前のこなすべきものが見えず、欲しいものがわからなくなり、
ここから逃げようとすれば自己嫌悪に陥ることもわかっているのに、
どこかで避難場所を探している。
来年の今頃はこんな心境にあったことなどけろりと忘れて、
「ああ、そんなこともあったよねえ、あはは」と、大笑いしてしまうのだ。
それでいい。人生は、そうでなくちゃ進まない。

波が次第に高くなった。吹き付ける風も強くなった。
目に砂が入り、涙がぽったりと零れ落ちる。
その瞬間、ああ、ようやく泣けたのだと思った。
「泣く」ではなく、「泣けた」と。

さっき、今にも泣きそうな顔をしていたのは、きっと、この涙の伏線。
人生には、そんな仕掛けがたくさんあって、すべてが線と点でつながっているのだろう。
今日のこの涙も、明日のなにかと結ばれているのだとしたら、
すっきりした気持ちで、朝を迎えることができるかもしれない。
by asian_hiro | 2007-04-10 22:28 | 日々のこと | Comments(8)
Commented by hi-vison_1103 at 2007-04-10 23:35
うん、うん、うん、うん(^ー^)       byクロエ
Commented by buttersand at 2007-04-11 01:29 x
hiroさんの文はいつ読んでも心にしみますが、
今日はことのほか心に響きました。
同じような感情を自分の中に見つけたからかなあ。
何度も何度も読み返してしまいました。

写真もとても素敵。
ああ、hiroさんってやっぱりとっても素敵です!!!


Commented by gon1442 at 2007-04-11 17:49
のんびり・・・すっきり・・・のほほんと読みました♪
Commented by pinkong at 2007-04-11 20:38
たくさんの「うん、うん、そうなんだよー。」っていう言葉を
いただいた感じがしました(^^)
hiroさんの気持ちや考えなのだろうけど、
なんだか私の気持ちを代弁してもらったって思うくらい
共感してます(≧△≦)
Commented by asian_hiro at 2007-04-11 23:51
>hi-vison_1103さん
力強い頷きをありがとう。
おかげで、心がぽっと明るくなりました!
Commented by asian_hiro at 2007-04-11 23:53
>buttersandさん
感想をありがとう!!
むずがゆくなったけれど(笑)、本当に涙が出るほどうれしかった。
久しぶりだけど、お元気ですか?
先日、アップした六花亭のバターサンドの記事、
バタさんのことを思い出しつつ書いたよ!
Commented by asian_hiro at 2007-04-11 23:55
>gon1442さん
のほほんとしてくれたら、本当にうれしい。
ああ、やっぱり言葉は無力じゃないんだなあって実感できます。
どうもありがとうございます!
Commented by asian_hiro at 2007-04-11 23:56
>pinkongさん
「共感」という言葉、文章を書く人間にとって
これほどうれしい感想はありません。
悩むのはわたしだけじゃないんだなあって
力強く思うのと同時に、
ああ、書いてよかったなあってしみじみします。
どうもありがとう!
<< キビヤのクロワッサン 花摘み >>