アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
祈るということ
なにも求めず、手を合わす。
c0001023_243358.jpg

「なにかを手に入れるため」ではなく、
「なにかを手放すため」に
ひとは、神に祈るのだと思う。

***************************
目の前のやまが片付くまで、
しばし、ブログをおやすみします。
みなさんも、素敵な日々をお過ごしください。
by asian_hiro | 2007-03-08 03:12 | 日々のこと | Comments(12)
Commented by at 2007-03-08 12:54 x
こんにちは。
しっかりと腰を据えて、目の前のやまを片付けてください。
hiroさんが素敵な日々を送ることをお祈りします。
Commented by YuKi at 2007-03-09 05:14 x
hiroさん、初めまして、です。
毎日毎日出てくる素敵なパンと珈琲に魅せられて、いつもチェックさせていただいてました^^ こちらの写真のおかげでパンを買いにいこう!!!と思い立つことも多々。
お仕事頑張ってください。。復活お待ちしてますー^^
しっかりチェックさせていただきます!><

YuKi 「日記帖@カナダ」より。
Commented by masa_kanpon at 2007-03-09 23:27
アジアの旅を通して、人々が祈る姿をたくさん見てきました。
それは一言で言えばとても美しい姿でした。
祈りが生活の中の一部となっている、そう感じ、今も新鮮に記憶しています。
Commented by hiyasiame50 at 2007-03-12 22:45
書き込みは本当に久しぶりです。
いつも真摯に考え悩んでいらっしゃるの見て
自分の気持ちを文章にする という事をそういえば密かにしていた若い時代のこと ただただ懐かしく思い出しておりました。
あのノートいったいどこにあるのやら。
たくさん悩んでたくさん乗り越えて 20年たったら笑って後輩達に
話せる日が来る コレは確実な予言ですわ。
そして いろいろ想った人ほど年を重ねると「なぁんにも考えずにこれていいわね」とか言われて 密かに本人は嬉しかったりもするもの。
フレーフレー!!
Commented by イナ at 2007-03-16 00:23 x
初めまして。
私何もかにもを手放したくないのは、祈らないからなんでしょうか。
求めないことを祈りとするなら、私は生まれてこの方・・・祈ったことない!うーん新鮮な考えの視点です。
復活お待ちしています。
ただ体には気をつけてくださいね!
Commented by akko at 2007-03-17 06:49 x
手前のコはおとこのこ?おんなのこ?
中性的な美形さんだ。
Commented by asian_hiro at 2007-03-17 19:40
>禅さん
ひとつの山を越えたと思ったら、ボコボコと続くので
こりゃ、キリがないわ、と戻ってきました(笑)
また、どうぞよろしくお願いします!
Commented by asian_hiro at 2007-03-17 19:42
>YuKiさん
はじめまして!
カナダからのコメント、ありがとうございます。
先日、いただいたメープルクッキーを食べながら
ふっとカナダに行ってみたくなりました。
そちらはまだ冬の真っ最中でしょうか? 
また、ぜひ遊びに来てくださいね! お待ちしています。
Commented by asian_hiro at 2007-03-17 19:43
>masa_kanponさん
「スロウなアジア」にも書いたことばですが、
アジアの人々は、生きるために祈っているように思います。
生きること、すなわち、祈ること、のように。
そういう景色は、見る人の心をシンとさせてくれますよね。
Commented by asian_hiro at 2007-03-17 19:44
>hiyasiame50さん
「真摯に考え悩んでいる」かどうかはわかりませんが(笑)
このブログは、わたしの心の記録でもあるので
できるかぎり、そのときの気分を忠実に残したいと思っています。
笑いながら読み返す日を楽しみにしつつ。
嬉しいコメント、ありがとうございました!
Commented by asian_hiro at 2007-03-17 19:47
>イナさん
「なにもかもを手放したくない」のは、「祈らないから」ではないと思います。
きっと、いまはまだ手放すときではないのでしょう。
わたし自身もそうですが、そのタイミングが来たらきっと自然に手放すことができるのでは、と思います。
そのときを、焦らず騒がず、じっくりと待ちたいですね。
Commented by asian_hiro at 2007-03-17 19:47
>akkoさん
この帽子を被っているのは男の子。
ホント、中性的な美形さんだよね。
将来はどんな二枚目になるんだか(笑)
<< 豆腐のチーズケーキ フォートナム&メイソンのフォカッチャ >>