アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
Someday
わたしの夢は。
c0001023_15344229.jpg

インドに、ログハウスを建てて暮らすこと。
住みたい町も、理想の家も、もうすでに心のなかでは決まっている。
友人は、「インドみたいな気候の国で、ログハウスなんか無理だよ」と笑うけれど、きっといつか、と夢見てる。



夏には涼しい風が部屋を吹き抜け、冬には薪ストーブが燃えている。
天井は高く、太い梁が色あせている。
いつ、誰が訪ねてきても、ようこそという気持ちで迎えられるように、お茶とお菓子は欠かさない。
c0001023_1562798.jpg

テラスからは山と川が一望できる。
市場にも歩いて行ける。
毎朝、わたしはその日に食べる野菜や果物を買いに行き、帰りに一杯チャイを飲む。
顔見知りになったおじさんの、掘っ立て小屋の小さな店で。
c0001023_1553897.jpg

人生には、叶わない夢などないのだ。
途中であきらめるから、叶わないのだ。
昔からあきらめが悪いのは、わたしの性分。
来年、再来年、いや、もっと先かもしれないけれど、いつかインドのログハウスで暮らしたい。

ゼルコバ by Polaroid 690
by asian_hiro | 2006-11-19 15:24 | 日々のこと | Comments(10)
Commented by hi-vison_1103 at 2006-11-19 19:31
そうだ、そうだ(^ー^)/とhiroさんに賛成する私。
ここの写真も好きです。
コンパクトなのか(;ーー)
さ、さ、さすがであった....。。いい感じでおますね〜(^^)byクロエ
Commented by at 2006-11-19 20:44 x
hiroさんがインドに移り住んだら、
パンでもぶら下げてその町を訪れてみたい。
ちなみに僕の夢はスペインに移り住むこと。
「東京⇔広島」から「インド⇔スペイン」になれば、
もっと楽しくなるでしょうね。
今日のパンは二重まる!(自己満足)
Commented by maron at 2006-11-19 22:10 x
おひさしぶり。私も便乗したいわ~。
私の夢というか遺言は自分の骨をタージマハルの敷地に撒いてもらうこと。
すでに、ダンナに伝えてあります(爆)
Commented by masa_kanpon at 2006-11-20 01:55
僕の最終希望目的地はマレーシアのペナンかな。
Commented by kyonko1129 at 2006-11-20 10:09
私はNYで三食Bagel暮らし。
願えば叶う、そう信じて今を生きてます!
今は具体的に何かができなくても、そうしている自分を想像出来るだけでも良いのではないかな、って思います。
Commented by asian_hiro at 2006-11-20 23:53
>hi-vison_1103さん
この写真はポラロイドで撮りました。
買ったばかりだけど、撮ってすぐに現像できるのが楽しくて楽しくて!
ちょっとはまりそうです。
Commented by asian_hiro at 2006-11-20 23:54
>禅さん
じゃあ、わたしがインドでチャイ屋を開くので、
禅さんはパンをそこへ卸してください。
あ、スペインから直輸入というのもいいかな。
スペインのパンってどんなんだろう? 食べてみたいな。
パン、二重丸だったんですね!
後で見に行きたいけれど、こんな時間に写真を見たらお腹が空きそうだなあ…。
Commented by asian_hiro at 2006-11-20 23:56
>maronさん
タージマハルの敷地にお骨を撒いたら、つかまるんじゃないの?
せめて、裏を流れている川に撒いてもらったら?
わたしはリシケシュの山のなかに埋めてほしいな。
目の前にガンガ、後ろにヒマラヤを眺めながら永遠の眠りにつきたい。
(縁起悪いね・笑)
Commented by asian_hiro at 2006-11-20 23:59
>masa_kanponさん
masaさんはペナンが好きなんですね!
わたしも前世はマレーシア人だったと思うくらい、
あの国はしっとり肌になじみますが、場所はペナンじゃなく
マラッカかなあ。
あの、中国とマレーが混じったような町が大好きでした。
ああ、また行きたい!!
Commented by asian_hiro at 2006-11-21 00:02
>kyonko1129さん
昔、NYに行ったとき2週間ほど3食ベーグルばかり食べ続けたことが
あります。
文字通り、本当にベーグルばかり。
ほかにもおいしいものはあるのに、バカだなあとあきれながら
それでもベーグルを食べ続け、日本にも100個くらい持ち帰りました。
NYでベーグル三昧、またやりたいものです。
「いつか、また」と想像するだけで、日常をがんばろうって思えるから
いいですよね。
<< ゼルコバのラスク ゼルコバのパン >>