アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
アザーンと焼いも
月夜の晩に響く声は。
c0001023_2319332.jpg

イスラムの国を旅してうれしいことは、アザーンが聴けること。
日に5回、人に「お祈りの時間ですよ」と教えるそれは、モスクのミナレット(塔)から鳴り響く。
イエメンで泊まった宿はモスクの隣だったから、毎朝決まって大音量のアザーンで起こされた。
インドネシアのスマトラ島を旅したときは、いつも夕刻のアザーンをBGMに狭い風呂場で水浴びをした。
ああ、そうだ。
深夜3時過ぎに道端でひとりバスを待っていたら、30分経っても1時間経っても車の影すら見えなくて、そのうち明け方のアザーンが聴こえてきたときのことは、今でもはっきり覚えている。
あちこちのモスクから連鎖反応のように響き渡り、大きなうねりとなって町中を流れていくアザーンに、思わずぞっと鳥肌が立ったっけ。
イスラム教徒ではないわたしでも、アザーンの前では居住まいを正さずにいられない。
戦いも食事も、すべての生命活動を忘れて神に祈る人たちの、決して邪魔にならないように。

昨日、「いしやーきいもー」の声が「アッラー、アクバルッ」で始まるアザーンに聴こえた。
まさか、似ても似つかないのにと自分でおかしくなりながら、サンダルを履いて石焼いもを買いに行った。

空にはきれいなまん丸の月。
どこかの国で響いているアザーンが、月と焼いもとスピーカーを通してシンクロしたのだと思うことにした。
by asian_hiro | 2006-11-06 23:58 | 日々のこと | Comments(11)
Commented by at 2006-11-07 01:04 x
焼き芋が美味しい季節になってきましたね。
少し肌寒くも感じます。
アザーンは聞いたこと無いけれど、焼き芋のスピーカーの音を想像しながらアザーンをイメージしているととっても不思議な気分になりました。
明日の朝はふっこ父が送ってきた鳴門金時を焼き芋にしよう!
Commented by asian_hiro at 2006-11-07 01:32
>禅さん
わたしの家にも、親戚から送られてきたおいしいさつま芋があるのです。
なのに、焼いもを買いに走ってしまった(笑)
じっくりオーブンで焼くと、おうちでもおいしい焼いもができますよね。
わたしも、時間をかけて焼きたくなりました。
(今から焼いたら真夜中になりますが・笑)
旅先でアザーンを聞くと、ずいぶん遠くへ来たんだなあと
心寂しさと心地良さを微妙なバランスで感じるのです。
Commented by gon1442 at 2006-11-07 07:43
ぷ。いしやーきいも♪が「アッラー、アクバルッ」「アッラー、アクバルッ」なんて、なんかミステリアスでおかしい♪
今度注意して聞いてみます。

でもあのいしやーきいも・・・お・い・も という伸ばす節と小刻み早口になるリズムの混合。名調子ですよね。

おいーもーお・い・も!
Commented by asian_hiro at 2006-11-08 01:35
>gon1442さん
いしやーきいもーのスピーカーから、アッラーアクバルーと聴こえたら
楽しいですよね!
そういえば、わたしがカルカッタで泊まっていたドミトリーでは
アザーンの目覚まし時計を使っていた男性がいました。
毎日、朝6時になると「アッラーアクバル」が聴こえてきて
同室の人たちからは不満続出でした。

「おいも」の調子大会、一度見てみたいですね!
Commented by masa_kanpon at 2006-11-09 21:03
アザーンが生で聞きたくなりました。
モスクで祈るムスリムの姿は凛として、とても美しく感じました。
生活と宗教が結びついているんでしょうね。
Commented by asian_hiro at 2006-11-10 01:20
>masa_kanponさん
イスラムは、生活のための宗教というか、
生活そのものが宗教ですものね。
わたしの前世は、きっとマレーシア人だったに違いないと思うほど
あの国がしっくりとくるのです。
きっと、コタバルの市場で野菜を売っていたと思います。
Commented by masa_kanpon at 2006-11-10 20:21
僕はナイトマーケットでナシアヤム売ってたと思います。
Commented by asian_hiro at 2006-11-11 02:50
>masa_kanponさん
ナシアヤム、いいなあ。
わたしはきっとココナツ屋。
売れ残ったものは独り占めです。
Commented by asian_hiro at 2006-11-11 02:50
>masa_kanponさん
ナシアヤム、いいなあ。
わたしはきっとココナツ屋。
売れ残ったものは独り占めです。
Commented by cafe-lover79 at 2006-11-20 14:53
私もイスラムの独特な、エキゾチックを感じさせる雰囲気が好きです。
一昨年のトルコに続き、今年はモロッコへ行くことができ、
ついこの間帰ってきたばかりです。
旅日記も書き終えたので、よかったらご覧ください☆
Commented by asian_hiro at 2006-11-21 00:03
>cafe-lover79さん
モロッコ、いいですね!
わたしも行ってみたいと思いながら、未だ未踏の地です。
トルコより、イスラム色は強いのでしょうか。
cafe-lover79さんの旅行記を楽しませていただきますね!
<< 216 THE STRANDの... コージーコーナーのデザート >>