アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
旅の途中の友人へ
「今朝撮った、あのパンの写真を載せよう」。
そう、思いながら帰宅したら、懐かしい友人から一通のメールが届いていた。

「今、モロッコのシャウエンでプチ沈没中です」。
そう書く彼には3年前、たしか、トルコのサフランボルで出会ったんだ。
石畳の古い町で、同じ宿に泊まっていた。
「別に、ビンボー旅行ってわけじゃないんだよね」って言いながら、日本との時差を考えつつ、ネットで株の売買をしていたね。

その後、イスタンブールでもアンタルヤでも、シリアのハマでもダマスカスでもばったり会った。
レバノンのベイルートでも一緒だった。
まあ、あのあたりを旅する旅行者は、みんな似たようなコースを辿るものだから、あちこちで再会したとしても不思議じゃない。
私がイエメンへ行き、ちょうど出国する頃に、彼もまたオマーンからイエメンへ来たんだっけ。
それ以来、ずっと旅を続けている彼とは会っていない。メールも数ヶ月に一度、忘れたころに来るだけだ。

「ブルキナでマラリアにかかりました」。
まあ、これも驚くことじゃないだろう。
西アフリカを旅する人なら、たいていが患うものみたいだし。
彼も1日で入院生活を終え、抗生物質で治しました、と言っている。
きっと、まだ旅の神様には見放されていないんだろうね。
もう、10年近くもそんな放浪生活を送る彼でも。
c0001023_213350.jpg

「またパッカ-はじめて、今頃インドとか言わないよね?」。
言いたいさ。そりゃ、もちろん。
だけど、今はまだ日本でやるべきことがある。
たとえ、明日インドへ出かけたとしてもきっと後悔するに決まってる。
思い切り、心の底から笑えないし、楽しめない。そんな旅ならやらない方がまだマシだ。
だから、私は行かない。日本でがんばる。

「まあ、このあとはヨ-ロッパに半年くらい滞在したらシベ鉄乗って、日本へ帰ろうかと思っております」。
旅には「終わりどき」がちゃんとあるから。
そのタイミングはふとしたときに現れるから。
そしてそれを逃したら、今度こそ本当にメビウスの輪みたいな旅地獄にはまっちゃうから。
だから、「あ、旅はもういいや」って思った瞬間を逃さないで。ちゃんと日本に帰ってきて。
それだけ長く旅をしているあなただから、そんなことは私に言われなくてもきっとわかっているだろうけど。
だけど、旅のおしまいを見つけられず、グルグルと無限の旅に出るようなことだけはないように。

今度は、日本のどこかでお茶でもしましょう。
ここにはトルコのエルマチャイもシリアのシャイもないけれど、おいしいコーヒーと緑茶があるよ。
私は、東京で待ってる。
by asian_hiro | 2006-06-01 21:27 | 日々のこと | Comments(10)
Commented by tk-cafe at 2006-06-02 08:16
メビウスの輪みたいな旅地獄・・・この言葉は何気に重いですね。旅依存症から抜け出せないでいる人にはゾクッと来る言葉です。。
けっして僕も人事ではありません。
Commented by gon1442 at 2006-06-02 18:56
旅の輪廻というべき現象ですよね。
10年前は国内外、とにかくどこかにふらりと根無し草していました。
いまはそれができない。もちろん、あちこちでかけていますが、
忙しくなくてもきちんと帰える切符は確保している。

何処に?カエル?
という疑問符はもうなく、

東京に戻るのは仕事があるからで・・・・・

やはり帰るというのは故郷。
母親の腕のなかです。

そんな温もりをもとめて
今月半ば、また帰郷します。
Commented by az at 2006-06-02 22:32 x

トルコでは何人かの旅人と会いました。
皆 旅のスタイルは様々で、
1人1人の旅があるんだなぁと感慨深かったです。
私は短期集中しかした事がありませんが、長く滞在している人が
「長く居ると、旅人じゃなくなる。その瞬間が良かったり悪かったりするんだけど」
みたいなことを言っていて…

そのうち私も長期で出たいですね。

エルマチャイ、買ってきました!
ロクムと一緒に頂いています♪
Commented by asian_hiro at 2006-06-02 23:32
>tk-cafeさん
私も人事ではありません。
きっと、それは延々と続いていく葛藤なんでしょう。
でも、長い旅に出るときの心境としても「前向き」と「後ろ向き」があるんだろうと思います。
「後ろ向き」のときに無理して出ても、決して楽しめない。
だからみんな、そうやって自分自身を制御しているんだろうなと思います。
Commented by asian_hiro at 2006-06-02 23:34
>gon1442さん
帰るべきところは母親の腕の中。
いいですね! そう思える場所があるのは、一番幸せなことです。
みんな、多かれ少なかれ「最後に帰る場所」を求めて旅していると思うんですよね。
私の場合は…それを見つけたのか疑問です。
見つけていないからこそ、きっといつでも旅に出たくなるんだろうな。
Commented by asian_hiro at 2006-06-02 23:36
>azさん
旅も長いと、毎日が日常になりますもんね。
1週間の旅なら感動したような小さなことにも、次第に無感動になったりして。
それは確かに良いことでも悪いことでもあるような気がします。
ぜひ、一度長旅をしてみてください。
無理せず、機が巡ってきたら。

エルマチャイ、私は粉末タイプの甘いものが好きでした。
天然の、オーガニックなものよりも。
ロクムも大好物! サフランボルが名産なんですよね。
お店でたくさん試食し(笑)、買い込んだのを思い出します。
Commented by マル at 2006-06-03 12:38 x
なんだかちょっぴり泣けました。
同じくらい、目の前にまるで虹がかかったような感じがしました。
旅は、やっぱり大好きです。
東京の生活にたまに苦しくなるけれど、hiroさんと同じで、ここで頑張るって決めたから、私も自然に旅に出る日をここで待とうと思っています。
Commented by asian_hiro at 2006-06-03 23:33
>マルさん
目の前に虹! マルさんらしい表現でうれしいです。
私も旅は大好きだけど、今は行く時期ではないと思い、しばらく日本でがんばります。
「しばらく」がいつまでかはわからないけれど、それもまた運命ということで。
あ、ホントに今度こそパブ計画を!
Commented by tomokoy77 at 2006-06-05 00:09
旅がもうすっかり日常になってきたトモです。今はジンバブエ。
アフリカは臭いです(笑)。予想外に寒いし、物価も高いし。
でもここの空気は甘い気がする。

「東京で待ってる」と言えるhiroさんが、
帰国後のことを考えるたびに憂鬱になるわたしにはちょっとうらやましい。
いつかは帰らなきゃなんないんだなあ・・・。
Commented by asian_hiro at 2006-06-05 00:22
>tomokoy77さん
ジンバブエからありがとう!
そうか、アフリカの空気は甘いのか。
アフリカ大陸にはエジプトしか訪ねたことがないので
想像つかないけれど、
きっとトモさんは元気に歩いているんだろうね。

「帰らなきゃ」というより、できるならば、「帰りたい」という気持ちで
旅を終えられるといいね。
私は、「なんとなく」じゃなく、「本当に」旅がしたいと思える日を
東京で待とうと思います。
<< カシュガルでの朝ごはん ZOPFのブルフィグコンプレ >>