アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
遠回りを楽しむ
3年前、中国からパキスタンへ向かった。
カシュガルを出たバスは紺碧の空の下を順調に進み、国境を越えたのが午後5時ごろ。
本当はそのまま車を乗り継いで、ナウシカの古里としても有名なフンザの村を目指そうと思ったんだけど、あいにくそこへ向かう人の数が集まらないとかで、シェアタクシーは出なかった。
仕方ないので、フンザへ向かう途中のパスーという村でその日は1泊することにし、看板も出ていない、小さな宿でお世話になった。
電気などない。水道さえ、満足に出ない。
震えながら水浴びするともうやることはなくなって、夜8時には寝袋にくるまって眠りについた。

そして、目覚めた翌日の朝。
そこには神々しいほど巨大な氷河が、宿のすぐ後ろにまで迫っていた。

パスーで1泊して、震えながらバケツで水を身体にかけたことも、夜中に目を覚まし、手探りで枕元のろうそくに火をつけたことも、寝起きのボサボサ頭のまま、ポカンと口を開けながらこの景色に見惚れることも、すべては旅のシナリオに書かれていたこと。
私は、忠実にそれをこなしただけだ。
人生の台本には、なんて素敵な寄り道がいっぱい仕組まれているんだろう。
c0001023_23415785.jpg

宿で働く兄さんに、こしらえてもらった朝ごはん。
パキスタンのチャイは、牛乳が違うからだろうか、インドのものよりまろやかだ。
食べ終わったころ、ちょうど向こうの大通りをジープが走っていくのが見え、宿の兄さんが合図して止めてくれた。
そして今度こそ、本当にフンザの村へ辿り着いた。

今、ひとつ、またひとつと、抱えていた山が終わるにつれ、新しい生活が再び始まろうとしている。
私は、予想外の遠回りをこれからも楽しもうと思う。
by asian_hiro | 2006-04-22 00:06 | 日々のこと | Comments(10)
Commented at 2006-04-22 02:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2006-04-22 06:33 x
こういう遠回り大好きです♪
自分が予想できないプレゼントを運命は用意してるのでしょうね。
僕も旅が大好き。
最近はめっきり行ってないんだけど、
hiroさんのブログを見ると心の中がむずむず動きだしますよ。
Commented by plumerians at 2006-04-22 08:15
こんにちは。私もパンと旅、大好きっ子です!
遠回りって昔はしたくないって思ってたけど、最近は遠回りや、一見無駄にみえるようなことに、とっても大切なことが隠れているんじゃないかって思います。また遊びに来ますね☆
Commented by HARU at 2006-04-22 13:08 x
旅をしていると、思いがけないところで、息をのむような光景に出逢うことがありますよね。
その一瞬に出逢うために、旅をする、というところもある。
ねらって見に行ったものよりも、偶然目にした美しい景色が、より強く印象に残るものです。
hiroさんは、そんな光景に何回出逢っているのでしょうか。
Commented by asian_hiro at 2006-04-23 00:08
>鍵コメさま
なんのなんの。
またの機会を楽しみに待ちましょう。
メロンパン、おいしかった? いつものとおり、ガリガリだった?
Commented by asian_hiro at 2006-04-23 00:09
>禅さん
書けば書くほど騒ぎ出す旅心…。
自分で自分を追い込んでいるような気もするのですが、書かずにはいられないんですよね。
やっぱり、「旅」と「パン」が永遠のテーマのような気がします。
Commented by asian_hiro at 2006-04-23 00:10
>plumeriansさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
私は遠回りだらけの人生だから、余計にそう思うのかもしれません。
速いのも素敵だとは思うけれど、のんびり進まなくちゃ見えないこともいっぱいありますもんね!
これからもそういう気持を大事にしていきたいと思います。
あとでオジャマさせていただいますね!
Commented by asian_hiro at 2006-04-23 00:12
>HARUさん
でも本当は、そういう光景に出会えるのは旅の最中ばかりじゃなくて、普段の何気ない生活でも見つけられるものなんですよね。
日々の忙しさに紛れてしまわないよう、そういうことも大切に掬っていきたいですね。
Commented by ちぐさん at 2006-04-26 08:02 x
miya*さんのところから飛んできました。
フンザ!!とっても行ってみたいところのひとつです。
素敵な遠回りをしたんですね!
旅の遠回りは楽しみのひとつだなぁと思います。
日常でも、見方変われば感じ方も変わりますし、そういうのも大切にしていきたいですね。
朝からすがすがしい文が読めてラッキーです!
Commented by asian_hiro at 2006-04-26 09:40
>ちぐさんさん
↑「さん」+「さん」でヘン?
こんにちは。コメントありがとうございます。
フンザ、いいところでしたよ。
お腹が空いては木から杏の実をもいで食べ、のどが渇いては川の水をすくって飲む。
そんな野生児みたいな生活をしていました。
でも、そこへ行くまでの氷河の景色は忘れられない宝物です。
こちらこそ、感想をいただきありがとうございました。 
<< ニコラのグロフリュイ のびのびスコーン >>