アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
加減
朝から晩まで壁の前に座り込むおじいさんと、その周りをうろちょろと遊びまわる女の子。
ふたりの世界は半径5メートルでできている。
c0001023_6445772.jpg

知れば欲しくなるし、見れば手に取りたくなる。
行けばもっと進みたくなるし、食べればもっと試したくなる。
本当は少し足りないくらいでちょうどいいのかもしれないなあ。
by asian_hiro | 2005-11-10 06:58 | 日々のこと | Comments(18)
Commented by purimari22 at 2005-11-10 07:17
hiroさん、おはようございます!
こちらは昨日から気温がぐーんと下がってメチャメチャ寒いです。
寒がりではないのですが、タートルのセーターなんて出してしまいました。
昨日の酒&鮭はダジャレでじゃないですよ(笑)本当の話☆
私ももちろん皮が一番好きです☆結構残す人多いですよね。
父の出身は城下町で和菓子屋さんも多いですし、お茶所としても
有名な所です。町おこしで楽しいイベントなどもあるので機会が
あったら是非!普段、使わない家もあるので宿にどうぞ!ボロですが・・・

それと酒粕を使ったケーキやパンは結構あるんですよ。
私自身あまりすきじゃないので使った事がないんですけど^^;
Commented by HARU at 2005-11-10 09:03 x
ほんとですね。
知らず知らずに、ムダなものが増えている。

この前隠岐の島に出張に行ったのですが、
仕事だったこともあって、荷物の重いこと・・・。
自分ひとりで旅に出るときの倍くらいあったような。
それだけ、普段は余計なもの(?)を背負っているということでしょうか。
Commented by masa at 2005-11-10 11:03 x
僕は奄美に移住する前、店に溢れる商品の群れに「こんなにいらんやんけ」と毒づいていました。奄美では店の商品は限られています。すると、「これじゃ選べんやんけ」と毒づいています。無いものねだりーな僕です。でも、そんな島暮らしも最近少しずつ慣れてきました。あるものの中でえらべ
Commented by masa at 2005-11-10 11:07 x
すいません、途中で入ってしまいました。

あるものの中で選べばいいと思えてきました。(実際そうするしかないのですが。)ただ、一応ツタヤはあるのですが、本屋さんが小さく欲しい本がなかなか手に入らないのが辛いです。図書館に買ってもらっています。

今、ゴミ収集車がトトロの歌を鳴らしながらやってきまいした。
Commented by b_nomad at 2005-11-10 18:33
欲って本当にキリがないですね。
たくさんの中から何が自分に本当に必要か、キッチンツールや家具にしても、使いまわしができないか、なんていうことを常に考えながら、最小限のモノで生活できたらいいなと思っています。
たった半径5メートルの中でも、幸せに生きていく事は可能かもしれないと思います。知らない方が幸せなこともたくさんあったりして(苦)
だからやっぱり、足りないくらいがちょうどいいのかも。
Commented by ippopotamoo at 2005-11-10 19:14
↓リンク貼っていただいてありがとうござます!嬉しいな~♪ でもどこかでお見かけしてたのかしら・・・?もっとはやくに気が付くべきでした。

「ちょっと足りないくらいがいいのかも」という感覚、なんだかよくわかるような気がします。イタリアは決して貧しい国ではないけど、来たはじめの頃はとても原始的な生活だな~と思ってました。日本から来た私にとって、不便なこともありましたが、それがなんとなく心地よかったのも覚えてます。欲は限りなくでてくるものだけど、少し足りないくらいで時間がかかってもなんとか頭と体をつかってやりのけていく、っていうの好きです。
Commented by baumkuchen627 at 2005-11-10 20:13
そうですね。私もちょっと不便なドイツに暮らし始めてそう思いました。
日本はなんでもあり過ぎて・・・楽しいけど、いいのかな?おかしいな?と思うこともしばしば。
壁の水色・二人の肌・女の子の服のピンクがとってもかわいい写真ですね。
Commented by hi-vison_1103 at 2005-11-10 22:48
こんばんは(^^)
トランク1つ、ショルダー1つで旅行してると、これだけで人間生きられるなぁ、とよく思います。
帰りの飛行機の中は家の片付けに結構燃えるてる。
ぼ〜。byクロエ
Commented by asian_hiro at 2005-11-10 22:51
>purimari22さん
城下町、大好きです。
酒も酒も和菓子もある城下町なんて、私のためにあるような場所ですね(笑)
酒粕を使ったパンなどは昔、どこかで見たことがあるのですが、東京ではほとんどないです。
ぜひ…リクエスト!
Commented by asian_hiro at 2005-11-10 22:52
>HARUさん
そうなんですよね、私も普段はすごく重い荷物を背負ってるような気がします。
でも、それも「背負わされている」わけじゃなく、自分で「背負っている」んだろうなあと思うのですよ。
旅の途中、手ぶらで歩くと妙に開放感を感じるみたいに、これから少しずつ身軽になっていきたいです。
Commented by asian_hiro at 2005-11-10 22:55
>masaさん
となりのトットロ、トットロ~♪っていう曲ですか?
清掃車もなかなかイキなことをしますね!

海外にいると、自動販売機のボタンを押したい欲求にかられます。
値段交渉もせず、ボタンを押せば買いたいものが定価で出てくるラクさにひかれるからだと思うのですが、でも日本でそういう生活に浸ってしまうと、やっぱりそれじゃ物足りなくなるんですよね。
これもないものねだりなのでしょうが、やっぱりちょっと不自由なくらいがいいんだろうなあと思います。
Commented by asian_hiro at 2005-11-10 22:58
>b_nomadさん
何にも知らない直径100キロより、よく知り尽くした半径5メートルのほうが幸せかもしれませんね。
そこに仲のいいおじいさんがいたりして。
「使いまわしのできる家具」とは違うかもしれませんが、たとえば洋服を買うときなど、「使いまわしのできる服」って結局「なににも合わない服」だったりしませんか?
そうしてどんどん量だけは増えていくんですよね。バランスが難しい!
Commented by asian_hiro at 2005-11-10 23:00
>ippopotamooさん
頭と身体を使うのって大事ですよね。
私はインドが好きですが、インド人はものを粗末にするんだか大事にするんだか、よくわからない人たちだと思います。
使い方が乱暴だからすぐに壊れてしまうんだけれど、それをしっかり直して長く使い続けるんですよね。サンダルにしてもかばんにしても靴にしても洋服にしても、お下がりのお下がりのお下がりのお下がりなんて当たり前なんです。
世界中にモノを増やすだけがいいことじゃないよなあとしみじみ思います。
Commented by asian_hiro at 2005-11-10 23:03
>baumkuchen627さん
今回はドイツ、イタリア、モロッコ、南の島と、いろんな地域の方々にコメントをいただいてちょっとびっくりしつつうれしいです。
やっぱりみなさん、少しずつ不便を感じたりしているんですね。
でも、それに慣れていく過程もまた楽しかったりして。
私は旅をのぞいて東京以外に住んだことがないので、そういう過程をうらやましく思います。
Commented by asian_hiro at 2005-11-10 23:04
>baumkuchen627さん
追加!
私にとってインドの色は水色なんです。
壁の色で一番見かけることが多いからかな。
日本でもこの水色を見ると、インドを懐かしく思い出します。
Commented by asian_hiro at 2005-11-10 23:05
>hi-vison_1103さん
1年半近く旅していたときに持っていた荷物はバッグパック1コでした。
寒い地域も暑い地域もいろいろと訪ねたけれど、人間はそれだけで十分なんだなあと思いました。
そう考えると、私の部屋にあふれるこのモノモノは一体なんだろう…。
Commented by azumihazumi at 2005-11-11 06:21
モノってあると便利だけどなくてもなんとかなりますね。
次男も大学二年の時に3ヶ月南アメリカをバックパックで放浪しましたが
今でも一番物欲がない子ですよ(笑)
Commented by asian_hiro at 2005-11-11 06:48
>azumihazumiさん
物欲がない…わけではないんですよね、私。
むしろ物欲(パン欲?)の鬼。
息子さんはアメリカを旅行するうち、きっといろんなことを学んだんでしょうね!
私も見習わねば。
<< ZOPFのレインボー食パン 朝の金色 >>