アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
インドのチャパティ屋
インドでの主食はチャパティだ。
日本のカレー屋で有名なナンは、インドじゃ高いのでほとんど食べない。というより、今までに一度しか食べたことがない。
精製した小麦から作るナンと全粒粉からできるチャパティ。
場所によっては、日本のナンみたいなものもあれば、薄べったくて何枚食べても満腹にはほど遠いものもあったり、その種類はさまざまだけれど、私がインドでベストワンと認めるチャパティ屋がオールドデリーにある。
c0001023_7413811.jpg

このあたりはイスラム教徒が多く住むので、パキスタンで食べるようなコッテリ濃厚なモスリム風カレーが一般的。
それにあわせて食べるのがこのチャパティで、他の町で食べるものより断然厚みがあってもっちりうまい。
真っ白いふかふかなチャパティはまさにナンのイメージそのもので、しかもそれが1枚2~3rs(約5~8円)程度と安いのだ。
夜行列車に乗るときなどは、何枚もこの店で買い込んで、ビニール袋に入れてテイクアウトしたカレーをつけたり、バナナを巻いて食べたりした。
迷路みたいな入り組んだ細道を、焼き立てのチャパティにかじりつきながら歩いていると、遠くのモスクからアザーンの声が聞こえてくる。
それを合図に近くのモスクへ出かけ、足と手を洗い、口をすすぎ、礼拝を始めるインド人。
心にシンとしたものを感じながら彼らの様子を眺めつつ、私は1時間ほど歩いて宿へ帰る。
by asian_hiro | 2005-10-21 07:59 | インド旅行記 | Comments(15)
Commented by hi-vison_1103 at 2005-10-21 09:25
おはようございます〜(^ー^)
>心にシンとしたものを感じながら彼らの様子を眺めつつ、私は1時間ほど歩いて宿へ帰る。
眺める、聴く。
これぞ旅の楽しみですね!わかるな〜......。
チャパティとナンの差を知らない私でした〜あちゃ!byクロエ
Commented by b_nomad at 2005-10-21 18:07
こんにちは。
な~んておいしそうなチャパティ♪
マラケシュにも今年になっておしゃれなインディアンレストランが
できましたが、ナンはモロッコパンの域を出ず、インドモノを期待した
私にはハズレでした(苦)
バナナを巻くっておもしろいですね。今度試してみよう♪
Commented by 魚の目 at 2005-10-21 19:35 x
>hiroさん
ナンもいろいろなところで食べましたが、確かに、概して高級なところですね。ダバでは、よく、タンドーリロティを食べましたよ。ロティは、、、生成した小麦だと思いますよ。多分、一枚、5円とか10円でしょう。チャパティの方が高血圧などの面で健康によいといわれていたようですね。チャパティの方がお手ごろでしたね。チャパティの方が本格的かもしれませんね。奥が深いですね。ロティもナンも、、、それだけで食べても美味しいですね。私は、油で揚げたプーリーが好きでした。店によって随分と味が違いましたね。日本のナンはホットケーキのように甘いのがいやだなぁ、、、例外的なのは、麻布十番の日進デリカの冷凍ナンしかしりません。他のところでも冷凍ナンは沢山ありますが、、、???ですね。D&Dでパンを買ってきましたよ。2年前より少し美味しくなったようです。今夜は、自宅で家内がマフィンを焼いたので、、、マフィンは買いませんでしたが、、、
Commented at 2005-10-21 19:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2005-10-22 07:07
>hi-vison_1103さん
チャパティとナンの違い、インドへ行けばよくわかりますよー。
でも、場所によってはナンみたいなものでも「チャパティ」と読んだりするので、はっきりした定義はないのかもしれませんが…。
そうそう。「あちゃー」というのはヒンディ語で相槌でもあります。
まさにグッドタイミングに登場で、思わず笑ってしまいました。
Commented by asian_hiro at 2005-10-22 07:09
>b_nomadさん
モロッコのパンはおいしいですか?
エジプトで食べたアエーシやイエメンで食べたケダムが私は大好きで、イスラム圏のパンもうまいと開眼したのですが、モロッコはどうでしょう。
フランス文化の影響が強いからおいしそうなイメージがありますが。

チャパティにバナナはオススメ! 
ゆで卵ときゅうりを巻くのもシンプルでいいですよ。
Commented by asian_hiro at 2005-10-22 07:14
>魚の目さん
私が毎日通ったリシケシュの「渋沢食堂(仮名)」では、タンドーリロティでした。
道端で普通のおばちゃんたちが開く屋台では鉄のフライパンでチャパティを焼いていましたが、タンドール釜で焼くものはやっぱりふっくらしておいしいですよね。
Commented by 魚の目 at 2005-10-22 07:38 x
>hiroさん
土曜日の朝。ミルクがうまい。

土曜日の朝、一人でベットから起きてきて、、、冷蔵庫を開ける。インドには冷蔵庫は少ない、と思いながら、、、冷たいミルクを飲む。インドではなかなか出来ないミルク一気飲み。うまい。あちゃ、あちゃ、あちゃ。
鉄のフライパン。タワ、タワー、、、、チャパティを焼くのも難しそうですね。

昨夜から考えています。ロティとナンの違い。形が違いますよね。バターナンはあるが、バターロティはない、、、、ナンは大きすぎる。チャパティよりロティの方が、食べた気がする。。。そうはいいながらも、パロータの方が好みなんですよ。あの腰のあるなんともいえない食感。
Commented by 魚の目 at 2005-10-22 07:47 x
下のコメントの件。
リシケシュって、、、地名だと思うんですが、、、オールドデリー?渋沢食堂?名前の由来が何かありそうですね。バックパッカーのグル、渋沢さんが発見したとか、、、インドに一年もいて、毎日、カレーを食べるとカレーの味の違いがわかるようになるのでしょうね。。。
生水、川の水には参りました。井戸水はわかるような気もするけれど、、、インドのダバ(食堂)では、水差しがテーブルの上においてあって、、、インド人はうまく利用していました。食後の手洗い、飲み水、顔洗い、、、うがい、、、(笑)
今日は、広尾の葛餅屋さんでも行こうかなぁ、、、などと考えています。もし、行ったら久し振りでフロインドリーブのパンパーニッケルを買わなくちゃね。
Commented by asian_hiro at 2005-10-22 07:58
>魚の目さん
「チャパティ」と「ナン」のちがいは、まず粉のちがいだと思います。
場所によって同じものを使う店もあるけれど…。あと発酵か無発酵か。
焼き方や形も違いますけどね。

リシケシュは地名です。オールドデリーも地名(デリー市内)。
渋沢食堂は勝手に私が命名しました(笑)
Commented by 魚の目 at 2005-10-22 10:32 x
>hiroさん
リシュケシュって、なんとなく聞いたことがありますが、忘れてしまいました。(笑)有名なところなんでしょうね。
私の知っているインド人はチャパティがインドの味だと考えているようでした。多分、チャパティとナンは違いますよね。場所によって、、、というようりも人それぞれで、チャパティをナンといったりナンをチャパティといったり、、、一種の一般名詞的に使うような感じもします。heをしぇと言ったり、逆もあるし、、、(爆)
オールドでリーには何度も言っています。あそこは、モスレムの街だから、、、、そうですかhiroさんのご命名ですか。そういう自分だけの名前ってありますね。私は、某所でピーウォールというのを作りましたよ。毎朝、立ちショ○をインド人がしている壁があったのですよ、、、(笑)紀ノ国屋という命名もしましたがインド人はわからなかったでしょうね、、、渋沢食堂って、、、なんか、日本で聞いたことがあるような、、、
Commented by 魚の目 at 2005-10-22 15:56 x
>hiroさん
久方ぶりの家内と別行動の土曜日。いつも金魚の○○○だからね。(笑)
ところで、赤ワイン左手に、、、オニオンスープの下作り、、、今晩のお楽しみ、、、と思いながら、腹が減ったのでラーメン太郎。
2004年5月まで拝読。キーワードナトルコ料理、食べない義務と宗教、ハビビ、帰国してからの楽しみ、いも、インドの青、パイ生地コロネカスタード、ダージリン、、、そして、エローラに行ったのですね。食=パンだったのですね。旅と食とスロウなアジアが、、、旅とパンになったんだぁ、、
hiroさん、多少、シンクロしてますかね?読み込みが足りないかな?(笑)赤ワインのみながらだからなぁ、、、今日も、キャンティクラシコ。
非公開にしようかな、、、と思いましたが、訪問者がちょっとでも気づくかもしれないから、公開にします。ご宥恕ね。
Commented by asian_hiro at 2005-10-22 20:43
>魚の目さん
いっぱい書いてくださって、どこにお返事したらいいのかわからないのですが(笑)

とりあえず、あの日記は旅の間につけていたもので、その当時のHPからもリンクを貼っていました。
今はとある事情のために便宜上残していますが、そのうち削除するつもりです。
お読みいただいてありがとうございました。
Commented at 2005-10-22 21:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-10-22 23:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 変身 朝の米 >>