アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
明けない夜は本当にないんだろうか
450日。
気がついたら、それだけの時間をインドで過ごしたことになる。
日本にいる今でさえ、思い出にずぶずぶとのめり込んでいきながら、こうして旅行記を書いたりもするんだから、私の人生のなかで「インド」が占める割合は相当なものだ。
c0001023_22525468.jpg

「日々」と「旅」。
「日本」と「どこか」。
このアンバランスなバランスは、壊れそうで壊れずに、いつまでも私を悩ませ続ける。

朝が来て、青白い太陽の光のなかで沐浴をして、またいつもと同じ一日をスタートするインド人。
毎日が昨日、おとといの連続で、食べ物も仕事も着るものもなにひとつたいして変わることなどないのに、日々心に貯まっているにちがいないグレーななにかは、残らず海や川のなかへ流される。
彼らの夜は、毎日めりはりをつけて明けている。

私の夜は、きちんと明けているんだろうか。
このまま眠り、朝が来たら、私はグレーななにかをどこへ捨てに行くんだろう。
そもそも明けない夜など本当にないんだろうか。
その答えが欲しいとき、私は無性にインドを感じに行きたくなる。
by asian_hiro | 2005-09-28 23:14 | 日々のこと | Comments(19)
Commented by のり at 2005-09-29 00:50 x
インド・パン・パン・インド・パン・パン・パン・インド
インドとパンの記事が織り成す不思議なブログですよね。
hiroさんにとって、インドは人生のイースト菌?
インドを旅することで 日々の生活がふっくら豊かになる
そんな感じでしょうか。

リンクして頂いてありがとうございます。
Commented by hi-vison_1103 at 2005-09-29 00:55
おそばんは!(^ー^)
>明けない夜は本当にないんだろうか
うん、絶対にない。
>「日々」と「旅」。
「日本」と「どこか」。
このアンバランスなバランスは、壊れそうで壊れずに、いつまでも私を悩ませ続ける。
全部hiroちゃん。全部正解。
私はしょっちゅう一人旅(長くても短くても)するけど、結局はいつも自分に向き合うって事でした。今でも。
それで毎度思うのは全部良し!私で良し!他人も良し!悩むのも良し!
ただいつも同じ感想は家に着いたら、日本に着いたらあれを捨てよう、これを整理しようと自分なりの執着がその旅の前よりも少なくなっていることです。
人に助けられ、私もたまには手を差し伸べ、いろんなことがフィフティフィフティ。
一人旅はほんとにいろんなことに改めて気づかせてくれる宝物です。
one of おばちゃん意見sでしたー。byクロエ
Commented by asian_hiro at 2005-09-29 07:26
>のりさん
私の大好きなもの=旅と、日々のこと=パンをテーマにしたら、こんなブログになりました。
HPの方では旅を中心に(やっぱりおいしいものの話も出てきてしまうけれど)書いているので、こちらではそれと別の角度から書いてもいいかなーと思って。
「人生のイースト菌」、いい言葉ですね!
確かにふっくら豊かにしてくれるかも。

こちらこそありがとうございます。
例の本、いつでも遠慮なくどうぞー。
Commented by asian_hiro at 2005-09-29 07:32
>hi-vison_1103さん
力強いお言葉、ありがとうございます。
そうですよね、全部わたしなんだもんな。悩むのも、旅に出るのも、パンを買いに行くのも、友達と遊ぶのも。
旅から帰ってくると、日々の生活に戻るのにいっぱいいっぱいで、それを繰り返すたび、余計に現実との乖離みたいなものを感じてしまうんですよね。
確かに自分と向き合うことも旅の目的…というか、副産物かな、そのひとつではあるんだけど、その分、余計に日本での生活とのギャップを感じてしまうというか。
でも、ここが私の生活の場所と決めて毎回日本に帰ってくるわけだから、今が踏ん張り時と頑張ってみようと思います。
ありがとうございました!
Commented by ayumi at 2005-09-29 21:09 x
美しい。この男性も。
インド、あまり興味が無かったけれど
こちらのブログに出会って、
とろとろに惹かれています。
インドというよりは、こちらに載っているインドの人々にです。
Commented by asian_hiro at 2005-09-30 07:07
>ayumiさん
インド人を美しいって思うこと、インドでもたまにありますが、でも普段は「なんだ、このクソジジイ!」とか思ったりもしています…。
でも、時々はっとさせられるような表情に出会うこともあったりして、そのギャップがインド人の魅力かなあ。
Commented by garandee at 2005-09-30 17:36
私もマニラに来てから数年「旅」のような「日々」でした。この街に定住するつもりがなかったので、新しい事、そして知る事全てが新鮮ではあるものの私とは無関係のように感じられていたのです。要は”私はよそ者”感覚です。全てを受け入れ、そして全てのものに受け入れてもらってこそ旅から抜け出せる気がしました。それにはかなりの月日を費やす気がします。私はまだここマニラで半分旅人気分です。

Hiroさんが初めてインドに行かれたのはいつですか?私は10代後半からの夢の1つが実現して初めてインドの地の着いた日、想像以上の恐ろしさに泣きました。
私が抱いていたインドは神々のインド過ぎだったようで、現実に生きる人々を見たら、あまりにも想像以上で恐ろしくなったのです。初めてのインドの感想を知りたいです。
Commented by asian_hiro at 2005-09-30 22:22
>garandeeさん
インドを初めて訪ねたときのことはよそで書こうと思っているので、ここへ書くとネタバレになりそうだから遠慮しておきますが(笑)、でも、「私はインドはダメだ」と思ったことだけは確かです。
本当に嫌いだと思いました。
日本へ帰る飛行機に乗ったとき、そして成田空港の「NARITA」という植え込みが上空から見えたときは心からほっとしました。

今でも手放しでインドが好きというわけではないんですよね、本当は。
行ったら行ったでインド人ともよくケンカするし、たまには襟ぐりを掴みあげたりもします。
でも、なぜかインドから離れられない。
どうしてなんでしょうね、まるで麻薬みたいです。

半分旅人気分の気持ちは、いつのまにか「住民」になるんでしょうか。
その土地に長く暮らすgarandeeさんでさえそう思うのだから、日本とインドを行ったり来たりの私が悩むのもムリはないですね。
Commented by 魚の目 at 2005-09-30 23:46 x
>grandeeさん/hiroさん
横から失礼します。   インドは駄目か?
お2人とも、うまいことをお書きになりますね。
私は、マニラにもインドにもアメリカにも住んだことがあります。「住民」ってなんでしょうね?私は、東京の住民か?東京を受け入れているか?東京に受け入れてもらっているか?
住民というのは、相当にあいまいな言葉だと思います。違いますかね?
多分、骨になって灰になって、、、土地と同化する、、、灰になって流されないと住民には成れないのではないか、、、そんな気がするのです。

なぜか?
私の周囲の人々は多くのヒトが、「ここ」に代々300年も400年も住んでいた祖先がいるからではないだろうか?そんな気がするのですが、どうでしょうね?5年や10年じゃ、無理でしょうね。

ニルギリのドーサパウダー、、、イマイチでした。(笑)失敗。
Commented by asian_hiro at 2005-10-01 07:13
>魚の目さん
ニルギリのドーサパウダー、ダメでしたか。
チャトネパウダーはそこで買ってきたんだけどなあ。

ご先祖様がそこにいるかどうかの違いというのはわかる気がします。
それはなにも海外のことだけじゃないですよね。
きっと私が東京を離れて、日本のほかの地域に行ったとしても、やっぱり同じようなことを感じると思います。
でも、「住民になった」と感じる瞬間の境目は、一体どこにあるんでしょうね。
Commented by 魚の目 at 2005-10-01 09:38 x
> hiroさん
一番の違いは、レジデンシャルパーミットの取得とかソーシャルセキュリティの取得とかでしょうね。形式的にはね。ですが、、、、周辺社会との接触という点を考えると、、、、アメリカならウェルカムバスケットとかインドならプジャ参加とか、、、、でもねぇ、、、「住民」になったというのは、とても難しいことだと感じますね。結婚も関係ないかもしれないけれど、、、子供という要素はかなりあるような気がします、、、、難しいね。
Commented at 2005-10-01 09:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まる at 2005-10-01 11:18 x
明けない夜はない、という言葉を呪文のように心にいつも置いていたりします。じゃ、明けたらすっきり1からはじめられるのか、といわれたら、それも疑問。難しいですね。
私もいつも「日本」と「どこか」でぐるぐると悩んでいます。
あぁ、やっぱりhiroさんとおんなじだなぁ、と思ってしまいました。
Commented by asian_hiro at 2005-10-02 10:18
>魚の目さん
そこで子どもを生んだら、子どもはそんな疎外感みたいなものは感じず、ちゃんと「住民」としての意識を持ちながら大きくなるんでしょうね、きっと。
そうすると親も次第に感じるのかもしれませんね。
「子ども」は大きな要因のひとつなんだろうなあ。
Commented by asian_hiro at 2005-10-02 10:20
>まるさん
「明けたらすっきり一から」。
確かに、そうとは限らないかもしれないけれど、明けないかもしれないという不安はなくなりますよね。
私の場合、なんとなく気持ち的に9月はずっと夜でした。
10月は朝焼けに少しでも近づくといいなあ。
Commented at 2005-10-02 10:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 魚の目 at 2005-10-02 10:44 x
>hiroさん
そうなんです。子供をどのように育てるか?
「住民」でないと幼稚園や小学生の子供は、、、、今でも、バンコクやデリー、マニラで日本人夫婦が子供を純粋な現地校に入れているケースは少ないでしょう?
Commented by asian_hiro at 2005-10-02 21:26
>魚の目さん
確かに現地の学校へ子どもを入れているケースはあんまり聞かないかもしれません。
まあ、治安の問題とかご近所づきあいの問題とか将来の問題とかいろいろあるんでしょうけどね。
そういうケースはたいていが駐在員の方たちだから、たとえば私が海外に移住するケースとはまったく異なると思うのでなんともいえないものがありますが…。

Commented at 2005-10-02 21:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< そして、朝 ブラウニーのベーグル2つ >>