アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
10年間のおしまい
Be happy!!
c0001023_23305931.jpg

久しぶりに、バイクに乗った。
キックしてエンジンをかけ、いつもと違ったことがしたくなって
高速を走ってみた。
夕暮れの東京を走りながら、
世界には、とても気持ちよい空気が流れているのだと思った。

*

先日、電車に乗っていたら、偶然ヨガの先生と会った。
ふたりきりで、長く話すのははじめてで
最初、ちょっとぎこちなかったのだけど、
「あなたがいるから、あのスタジオ、続けているんです」
と、わたしが言うと、想像以上に喜んでくれた。
機会があったら、ずっと言いたいと思っていたこと。
それを伝えただけなのに、こんなに喜んでもらえるなんてと、
なんだかとてもうれしくなった。

*

「最近、わたし、やさしくなかったなあ」
あるヨガスタジオで、主宰者を取材していたとき、
クラスを終えたばかりの会員さんが
話している声が耳に入った。
わたしも、その気持ちはよくわかる。
ヨガをしていると、
自分のこころがずいぶん尖っていたことに気づくときがある。
こころは、放っておくと尖ったり、すり減ったりして、
たやすくでこぼこになってしまうみたいだ。
そのトンガリをやさしく包み、すり減っている部分に手を当てて、
そしてまた、まるいこころを取り戻す。
わたしにとって、ヨガとはそんな時間なのだと思う。

*

「それを学ぶ時間は、もう、終わったのです」
インドで師事している3人の先生のうち、
いちばん最近、習い始めた先生はときどきこう言う。
もう、次のステップに来たのだから、
たとえ、できていないとしても、
いまは、それを練習すべきではないと。
「過去のことを何度も思い出して、
自分をdefeatするのは愚かなことだ」
あるとき、先生はそう言った。
どういう脈絡でその言葉が出たのか、覚えていないけれど、
そのひとことは、わたしのこころにずいぶん深く突き刺さった。
毎日、思い悩むことのほとんどは、
どれだけ考えたって、こたえが出ないことばかりだ。
そもそも、一度、「こうしよう」と決意しても
「やっぱり…」と後戻りしてしまうのだから、
こたえなんて出ないのだ。
でも、「それを考える時間は、もう、終わったのだ」と
ひとつひとつ、とびらをガシャリと閉めていけば
わたしの場合、悩みの9割は減るような感じがする。
もう、戻らない。
一度、腹をくくったのなら。

*

ずっと、曲名を知りたかったうたがある。
ときどき、ヨガのレッスン中やスタジオで流れている曲で
淡々と進んでいく和音と、まっすぐな歌声がこころに残る。
なんとかして、曲名を知る方法はないだろうかと
あれこれ手を尽くしていたのだけど、
昨日、ほんの偶然からその曲名を知った。
うれしかった。これだと思った。
それ以来、その音楽ばかり繰り返し聴いている。
元来、好きな音楽は何度でも聴く性分だ。
まるで、世界からその音楽以外、みんな消えてしまったみたいに、
何度も何度も、リピートする。
このうたを聴いていると、
こころが感情の波で洗われていくのがわかる。
やさしさと、愛しさと、とても大きな、さみしさの波。

*

想いには、かたちがない。
だから、ひとは想いを行動で表そうとする。
あるひとは、その想いをうたで表現するかもしれない。
あるいは、ことばで。あるいは、おいしいごはんで。
あるいは、花束で。あるいは、ジョークで。
あるいは、手を握ったり、抱きしめたりすることで。
あるいは、ただ見守るという行為で。
それならいったい、わたしはなにで想いを表そうとしているのだろう。
自分のために学ぶヨガ。
自分のために聴く音楽。
自分のために作る食べ物。
自分のために書くことば。
そこに、なにがあるのだろうか。

*

数回、10日間の瞑想合宿に参加したことがある。
1回目はインドで、そのあとは日本で行ったのだけど、
なにも話さない、ひとと目も合わさない、
朝6時から夜9時くらいまで、
ひたすら目を閉じて座りっぱなしという毎日では
たえず、いろいろな感情が浮かび上がっては消えていった。
3回目に参加したときだっただろうか、
10日間を終え、いよいよ沈黙明けというときに
瞑想を指導してくれた先生が、参加者に向かって
"Be happy!"と、笑顔で言った。
その瞬間、わたしのなかの、
なにかの窓が開いたみたいに、重いなみだがぽったりと出た。
今日の夜、友だちとお酒を飲んだ帰り、
家までひとりで歩きながら、なぜか、そのときのことを思い出した。
そして、Beの主語は、自分じゃないかと初めて気づいた。

*

このブログを書き始めて10年間、
たくさんのひとにお越しいただきました。
どうもありがとうございました。
更新は、これでおしまいです。
ずっと考えていたことですが、
そろそろ、あたらしいステージへ行ってもいいかなと思いました。
この10年間のうち、もっとも印象に残っているのは
ニューヨークで書き続けた1年間。
ずっと憧れていたニューヨークでようやく仕事を見つけ、
はじめてのひとり暮らし。
うれしくて、キラキラして、
さみしくて、しんどくて、辛くて、それでも楽しくて、
毎日のいろいろな感情を、このブログに書き留めたことを
つい、このあいだのことのように思い出します。
ニューヨークへ行く前も、そして、帰国してからこれまでも、
たくさんのことばをありがとうございました。
また、どこかでお会いする日がありますように。
みなさん、お元気で。
ありがとうございました。
by asian_hiro | 2015-08-30 00:01 | Comments(37)
Commented by あゆ at 2015-08-28 07:21 x
楽しみに拝見していました。
私の知らない世界を、たくさん教えていただき、本当にありがとうございます。
もう更新されないとの事、とても残念です。
ブログは閉鎖されるのでしょうか?
出来れば、時々素敵な文章とお写真を拝見したいので、このまま残してくださると嬉しいです。

これからも、hiroさんのご活躍をお祈りしております。
Commented at 2015-08-28 11:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mmizunoM at 2015-08-28 13:07
hiroさんのblogは、私にとってホッとできるところです。
つらいことの多い、この数年間元気をいただきました。
とても残念です。
違うかたちで再開されることがありましたら伺いたいですっ☆ミ
ありがとうございました!!!
Commented by 小田蘭 at 2015-08-28 17:10 x
ずっと読んでいました。
ありがとうございます。
Commented by アトリエn at 2015-08-28 19:01 x
hiroさん、長い間ありがとうございました!!
このブログにずいぶん救われました。
またどこかでお会いしたいです。
Commented by sayo at 2015-08-28 21:04 x
こちらへは何かのパンについて調べているときに辿り着きました。いろいろな世界を堪能させていただきました。長い間ありがとうございました。そしてこれからもご活躍を応援しています。
Commented by east at 2015-08-28 21:21 x
以前、シリアの旅の途中でお会いした者です!ブログを書いていることを教えていただいてから、ふとした時に読ませてもらっていました。

私もこれまでhiroさんの本質をつくことばに、思索のきっかけをいただいたり、また、何度も救われてきました。今までありがとうございました!これからのご活躍もお祈りしています!
Commented by akane_brunch at 2015-08-29 09:24
hiroさんの言葉が大好きです。ずっと更新を楽しみに読ませていただいていたので、もっと早くにお伝えすればよかった。
これからも、あなたはあなたらしく行くのだと思います。陰ながら、応援しています。
Commented by happy at 2015-08-29 12:28 x
沢山の生きた言葉を有難うございました!!!
Commented at 2015-08-29 12:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あや at 2015-08-29 18:08 x
「Be happy」素敵な言葉ですね^ ^
雑誌の冒頭エッセイを毎号、楽しみに読んでました。どんな方が書いてるのかな?!と思い検索して…このブログを見つけました&本も購入してヒロさんのインドの写真にメッセージが心に響きます♪
また、どこかでヒロさんの言葉に触れられるのを楽しみにしてます(o^^o)
Commented by deldel at 2015-08-29 20:01 x
ヒロさん、今までありがとうございました。
ヒロさんのブログに出会い、ヒロさんの文章に
文字に私は随分励まされました。
本当にありがとうございます。
Commented by 景子 at 2015-08-29 21:41 x
8年前、ふとした事から辿り着いたヒロさんのブログ、どれだけ救われただろう.....
いつも心が洗われ、清々しい気持ちにさせてくれました。
本当にありがとうございました!
Commented by at 2015-08-29 22:51 x
ニューヨークファーマーズマーケットの記事でこちらを知り、以来ブックマークし拝見しておりました。hiroさんの綴られる静かで力強い言葉の数々に、勇気付けられ力をいただいていたような気がします。10年間、おつかれさまでした。ありがとうございました。blogを終えられるとのこと、とても残念です。しかし(これは大袈裟な言い方ではありますが)変わらないものなどない、だから当たり前のような今を大切にしていきたいと思います。またいつかどこかでhiroさんの文章に出逢いたいと思います。
Commented by 穂高ファミリー at 2015-08-30 15:45 x
初めてコメントさせていただきます。
単なるパン好きのため、数年前に「パン」からこちらのブログに辿り着いたのだと思います。
確かHIGU BAGELさんオープン前後から
覗かせていただいていたように記憶しております。
(オープニングパーティーの幹事さん(だったかな?)を引き受けられていたような記憶があります)
皆さんが仰せのとおり、〝hiroさんの〟世界、言葉
というものがあったため
長い間読ませていただいたのだなぁと思います。
ありがとうございました。
「10年間のおしまい」とありましたので
一言御礼申し上げさせていただきました。
Commented by tk-cafe at 2015-08-30 16:12
寂しくなりますね。。
10年間楽しませて頂いて本当にありがとうございました。
またいつか何処かで。
Commented by 239356mt at 2015-08-31 21:26
さみしい~個人のブログはいつか終わってしまったら、もうコンタクトが取れないですよね‥

最近昔の好きだったブログを思い出したりするのでしんみりします。

このブログでツオップのことを知って買い物に行きました。
ありがとうございました。
Commented by inei-reisan at 2015-09-01 02:45
そうか、更新をやめるのですね。違うステップでまた活躍されて、どこかでまたhiroさんのことを見つけるのだろうなぁ。世界はいつでも繋がっているんだなああとブログをしているといつも感じれたのです。
ここで新しい話を聞けなくて、とても寂しいです。そのぶん、どこかでhiroさんが楽しくときには悔しく涙しながら、また前に進んでいるのであろうと、想像ができる、そんな更新のおしまいかもしれません。:) 有希
Commented by a-monly at 2015-09-01 12:26 x
hiroさんのブログに来始めて、随分長い年月が流れました。NYでのブログ、私にとっても印象的でしたし、いつもここに来ては、hiroさんの文章や想いに、心を支えてもらっていました。
ずーっと続けていてほしい。これが私の本心ですが、次なるhiroさんのステージがhappyである事を願って。
今までどうもありがとうございました! どこかでお会いできますように^^
Commented by みかど at 2015-09-01 12:43 x
ご無沙汰しております。毎日嬉々としてブログをあげていた当初が懐かしいですね。インドリアル日記などもスマホがない時代を反映していて思い出深い内容でした。

前に話したかも(話してないかも?)しれませんが、『フレンチドレッシング』という映画のラスト、主人公の青年が「もう終わっちまうのかよ」とつぶやきながら海に沈んでゆくシーンをなぜだか頭に浮かんできました。

その映画のように、いつか(形は違えど)再生してくるのをお待ちしております。10年間お疲れ様でした。
Commented at 2015-09-01 16:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぽっきー at 2015-09-04 01:50 x
hiroさんご無沙汰しています、ぽっきーです。

ぼんやりなんとなく感じていた瞬間がとうとうきたんだなぁ、、と、
ビビッドな写真のページ、インドの話し、ネパールの写真、繰り返し読み返した日が走馬灯のように今私の頭の中をぐるぐるしています。

インド探しから出会ったhiroさんのブログとhiroさん。
「言霊」という言葉を久し振りに思い出したのもhiroさんのブログだったな。

チベタンブレッド、、いつか食べてみたいと思います。
そして、偶然、あのパン屋さんでhiroさんにお会いできますように、、、
また、会いたいのでさよならは言いません。
きっとまた、いつか。 ありがとうございました。
Commented at 2015-09-04 19:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by paquila at 2015-09-09 16:12
こんにちは、初めてコメントします。
たぶん、拝読してもう5、6年になります。
これでおしまいということで、とてもショックで、淋しいです。
丁寧に、時に絞るように、時にぽとんと落とされるように紡がれた言葉が好きでした。そういう言葉を、ありがとうございました。
Commented by M at 2015-09-15 09:10 x
長い間、お疲れ様。
頑張り屋のヒロだから、10年間、続いたんだろうね。
時間ができたらこっちへ遊びにおいで。
案内は不要だろうけれどw、話したいことがいっぱいあるよ。
自分も秋には一度、日本へ帰る予定。
そのときにでも会えたらいいね。
あ、ヒロの誕生日のあたりだよ! 今度こそ、寿司w
Commented by asian_hiro at 2015-09-15 22:24
みなさん

まとめてのお返事になること、お許しください。
たくさんのことば、どうもありがとうございます!
ひとつひとつ、とてもうれしく読ませていただきました。

シリアでお会いしたeastさん、あの旅ではたくさんの方と知り合ったのでどなたかハッキリしないのですが、もしかして、ハマのホテルで一緒でしたか?
違ったらごめんなさい。

それから、はじめましての方々、いつもお読みいただき、ありがとうございました。
インターネットという見えない線の向こう側に、こんなにもたくさんの方がいらっしゃったのだという事実を、改めて実感します。

久しぶりの方々、実際にお会いしたことのある方々、ブログが終わっても縁が切れるわけではないので、これからもどうぞよろしくお願いします!

最近、遅ればせながらhuluで「進撃の巨人」を見ました。
流行ものには遅れて乗っかる、あるいは、まったく見向きもしないというタイプですが、これは見てよかったと思いました。
「やれるか、やれないかじゃない。やるか、やらないかだ」
どこかで聞いたことのあるような台詞が、なぜかいま、胸に残っています。

しばらくのあいだ、気持ちいい風に吹かれてきます!
みなさん、どうかお元気で。
ほんとうに、ありがとうございました。
Commented at 2015-09-27 19:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by east at 2015-09-29 17:58 x
はい、ハマのホテルで一緒でした~。早朝より出来たてのホブスを買いに行き、またそれがたまらなく美味しかった記憶があります。あの時代のあの町の空気感、よかったですね。その節はお世話になりました!またどこかでhiroさんのことばに触れられることを願いつつ、、お元気でお過ごし下さいませ!
Commented by gon1442 at 2015-10-06 08:29
「それを学ぶ時間は、もう、終わったのです」
インドで師事している3人の先生のうち、
いちばん最近、習い始めた先生はときどきこう言う。
もう、次のステップに来たのだから、
たとえ、できていないとしても、
いまは、それを練習すべきではないと。

ズシンときました。
そして、ちょうど昨日、そんなメッセージをくれた人がいました。
それから昨夜はかなり悩み、そしてこんこんと眠り、朝を迎えました。

次なるステップへいくべきとき。そうなのかもしれません。
Commented by 瑚兎利 at 2015-10-14 06:44 x
あまりお邪魔できなかったけど、hiroさんの言葉はいつも目からウロコでした。
ありがとうございます。
次のステージでhiroさんがさらに躍進されますように。
Commented by you at 2015-10-18 01:36 x
お誕生日ですね。おめでとうございます!
実は私と1日違いなので、これまでも勝手にお祝いしていました。
今年はどこで、どんなふうに過ごしていらっしゃるのでしょうか。
hiroさんにとって、ますます素敵な1年でありますように・・・
Commented by aamui at 2015-12-13 09:21
たまにふっと覗きたくなるHiroさんのこのページが無くなるのね いやもう次に行ってしまったのね 長い間本当に有難うございました

Be happy
私も目指します<m(__)m> 
Commented at 2015-12-27 17:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-12-27 17:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2016-01-09 22:37
もう、お読みいただいていないかもしれません。
でも、ブログを閉じてからも変わらずコメントをくださった方々、そして、メールをくださった方々、本当にありがとうございます。

実は、このブログを閉じようと思ったのは、新しいステージへ行きたいということよりも、むしろ、自分自身の甘えを断つことが大きな理由でした。
わたしのぐらつきがちなこころを綴った文章に、たくさんの方が温かい言葉を寄せてくれました。
そして、自分が創ったブログに、いつの間にか、自分自身がいちばん甘えていることに気づきました。

ずっと試行錯誤していましたが、まもなく、新しいことを始められそうです。
そのときは、ここでご案内できればと思っています。

いつも変わらずに、本当にありがとうございます。
インターネットを通してたくさんの力強い言葉をいただけるということには、感謝の言葉以外、ありません。
みなさんにとって、2016年が輝かしいときになりますように。
本当にありがとうございます。
Commented by cafedejuju at 2016-01-18 17:59
すごく久しぶりにお邪魔したら、このブログを終えられたのですね。私もhiroさんの感覚や言葉に魅了され、お父様のことなど勝手に亡き父と重ねたりとても心に残るものがありました。
私もヨガをしているので、それも勝手に共通点だと嬉しくなったり。
2016年は私も新たなステージに向かいます。それもまた勝手にシンクロだ!と思ったり。お会いしたことがないのに、知っているような気持になる、そんな文章と写真がとても好きでした。
hiroさんの人生が豊かで温かいものでありますように。
Commented by bulanchan at 2016-03-10 09:39
asian_hiroさん、
おはようございます。

いつも通り、珈琲をのみながらのブログチェック(リポート)してたら懐かしいヒロさんの形跡を発見し、思わず
こちらへきてみました。

また改めて最後の文を、ゆっくり読み始めた私の眼には
頷ける心放たれる不思議なほどの感情が、
今、ここには居なくなってしまったヒロさんの想いと重なり
熱くなるものが滲み溢れました。

時々、思い出してはこちらに来て
素敵な感動に心立て直して日々を感謝して過ごして行きたいと
思いました。


<< First and Start 傷 >>