アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
運命
もう、どこにも行かなくていい。
c0001023_2282878.jpg

完熟の梅の実が安く売られていたので、
3kg買って、全部、ジャムにした。
ジャムのレシピはいろいろあり、
茹で方やあくの取り方、砂糖の量などさまざまだ。
3kgのうち、2kgをいつものやり方で作り、
1kgは新しい方法で作ってみた。
そういえば、秋に栗の渋皮煮を作るときも
以前は、こんなふうにいろいろなレシピを試していた。
水を加えずに砂糖だけで煮てみるとか、
砂糖の種類を変えてみるとか、
あく取りに使う重層の量を減らしてみるとか、
あれこれ試したけれど、
結局、いちばんピンと来るものに落ち着いてからは
もう、そのレシピ1本に落ち着いた。
ジャムは、まだその域に達していないので、
これからも、いろいろなレシピを試すだろう。
「これさえあれば」というものに出会うまで、
トライ&エラーは続くのだ。
(まあ、ジャムにエラーはほとんどないのだけれど)

こんなことを考えながら、朝、いつもの道を歩いていて、
人生って、同じことの繰り返しだなと思った。
インドでヨガを始めたとき
師事したい先生を探すために、
リシケシ中のヨガスクールを訪ね歩いたのも、そうだ。
これまで、何十のスクールに参加したかわからない。
町なかに貼られたポスターや人伝の情報などを頼りに、
毎日、違うクラスに参加した。
でも、どれもいまいちしっくり来ない。
「これだ」という感覚が得られない。
そんななか、ポスターもちらしも一切ない、
ただ、クチコミだけで生徒がどんどん集まってくる先生の話を聞いた。
それは、ほんの偶然で
場所も時間も、ほとんどはっきりしないまま
「参加できたらいいや」程度の
軽い気持ちで出かけていったのだけど、
その日が、わたしにとって人生の分かれ道だったのだと思う。
クラスが始まった瞬間、「これだ」と思った。
1つだけ、欠けていたピースがぴたりと収まったような
そんな感覚は、いまでもはっきり覚えている。

もう、探さなくていい。
どこにも行かなくていい。
これさえあればいいというもの。

最近、たまたま知り合ったひとは、
クレイジーケンバンドが大好きだそうで、
「ほかの音楽は聴かないんですか」と尋ねたら、
「聴かないねえ。クレイジーケンバンドを知ってからは、
そのなかに、全部が詰まっている感じがしてね、
もう、ほかのものを聴く必要がなくなったんですよ」
と、言った。

その話を思い出しながら、
クレイジーケンバンドの曲を聴く、日曜の夜。
冷蔵庫にはたくさんの梅ジャムが入っていて、
近々、会う予定になっているひとたちに、
少しずつお裾分けしようと思っている。
今週は大粒の青梅を買って、梅酒を作ろう。
梅酒のレシピにもいろいろあって、
ホワイトリカーを使うか、ブランデーを使うか、
あるいは、日本酒で漬けこむか、
まずは、どれから試すかな。
by asian_hiro | 2015-06-14 22:12 | 日々のこと | Comments(4)
Commented by はるる at 2015-06-15 15:26 x
きゅんとくる言葉と出会いました(笑)
もう、探さなくていい。
どこにも行かなくていい。
これさえあればいいというもの。
そんなものを探して探して生きてきたんだなって。

青い鳥のよう傍にあるかもしれないけど探しています。

Commented by asian_hiro at 2015-06-18 00:02
>はるるさん
わたしが普段使っているノートやボールペンは
いつも同じメーカーのものです。
それを知る前は、適当にコンビニや文具店などで
見つけたものを使っていました。
でも、それを知ってしまってからは
もうそれだけ。ひとすじです。
いつも、知らず知らずのうちに
「これさえあればいい」というものを
探しているのかもしれませんね。
Commented by はるる at 2015-06-18 15:09 x
それが特定の人だとたちが悪いのですがーと思いつつ
きっとなくなったらなくなったでその時はその時って思うんだなと
Commented by asian_hiro at 2015-06-26 00:16
>はるるさん
ヨガ的思考から考えれば、すべてがプロセス。
つながりがなくなったと思ったとしても、
それもやっぱりプロセスで、
そのあと、再びつながるかどうかは
まだわからないんですものね。
<< 存在 旅 >>