アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
キーワード
退路を断ち、前しか見ない。
c0001023_22435975.jpg

わたしは取材のとき、基本的に録音しない。
医学や科学の専門用語が頻発するときや、
複数名での座談会を仕切るときはレコーダーに頼るけれど、
それ以外は、滅多に音声を残さない。
あとからテープ起こしをするのが面倒ということもあるけれど、
その場の対話がすべてであり、
全神経を集中させて一語一語、漏らしたくないと思うから
あえて、退路を断っているのかもしれない。

「取材のとき、
あなたはどうやって相手の言いたいことを引き出すのですか」
先日、あるひとからそんな質問を受けた。
3秒ほど考えてわたしが返答したのは、
「とにかく、キーワードを見つけます」ということだった。
取材のあいだ、明確に
「これがキーワードです」と、差し出されることは少なく、
言葉の端にぽろりと落ちていることが多いのだけど、
キーワードは、そのひとの想いの原石であり、
それを見つけられれば、どんな原稿でもかたちになると思っている。
だから、キーワードを見つけるまでは決してあきらめないし、
後に引かない。

最近、30代前半からなかばの男性に取材するケースがとても多い。
みなさん、個性的でユニークな方ばかり、
一本筋が通っていて、わたし自身、良い刺激をもらっている。
先日、取材をさせていただいた方から、
今日、朝と夜にとてもうれしいメールをいただいた。
ライターという仕事をしていて良かったなあと思うのはこんなとき。
ひとりで背負える仕事には限界があり、
自分の前にも後ろにも誰もいないという切迫感にいつも直面し、
しんどいなあと思うことも、正直ある。
そんななかでも、ほっとひと息つける時間があるとしたらこんなとき。
まだまだ、負けちゃいられないって、自分自身の背筋を伸ばす。
ツケは、一気に返すのだ。
by asian_hiro | 2014-12-18 22:46 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by yasuko at 2014-12-19 23:22 x
いつもhiroさんの言葉に励まされるのは、あえて退路を断っているからなのですね。
それくらいの思い切りが必要なのですね、人生には。
Commented by asian_hiro at 2014-12-20 21:49
>yasukoさん
昔、ある人にわたしの人生は刹那的だと言われたことがあります。
そのときは、まったく意味がわからなかったのですが、今はなんとなく理解できる気がします。
退路を断つということと、通じているとは思わないのですが、なんとなくふと思い出しました。
<< 一年 回想 >>