アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
オアシス
近すぎて、気がつかない。
c0001023_0345662.jpg

昔、中国のピチャンという小さな町から砂漠へ行った。
45度になろうかという真夏の日、砂山を登りながら、
これを越えたらどんな景色が広がっているんだろうと考えた。
オアシスか、ナツメヤシか、ひつじの群れか、
わくわくしながら山頂に立つと、
そこから見えたのは砂しかなかった。
見渡す限り、一面の砂。
次の山を越えても、やっぱり砂しかなかった。
町に戻り、宿へ向かって木陰を歩いているときにふと思った。
オアシスは、砂漠の向こうにあるんじゃない。
こっちの世界がオアシスじゃないか、と。

*

仕事は午後からだったのだけど、朝早くの新幹線で大阪へ行った。
THE CITY BAKERYで朝ご飯を食べようと思ったのだ。
夏、友だちとここに初めて来たとき以来、
なぜか、このトーストが懐かしかった。
店内には大きなテーブルがひとつ置かれていて、
前回と同じように、角の席に座って食べた。

*

パンの焼け具合は絶妙だった。
厚みもわたし好みだった。
バターとりんごジャムが付いていて、
コーヒーの味もわたしが好きなタイプだった。
そういえば、最近、丁寧にコーヒーを淹れていなかったな。
インスタントコーヒーと牛乳と水と、
適当な配合でカフェオレにしてばかりだったな。
パンを食べ終え、コーヒーを飲みながら日記を書いた。
日記帳を開くのも、ここ最近、なかったな。

*

わたしにとって日記を書くということは
日々の生活にしおりを挟むようなもの。
しおりがなくても本は読める、
でもしおりがあったらもっと読みやすいし、
同じところをウロウロしなくても済むでしょう、
日記もそんな感じなのだ。
このところ、ワサワサした気分が続いていたのは
生活に、日記というしおりを挟んでいなかったからだ。

*

思い通りにいかない案件が続いたり、
書いても書いても仕事の山が減らなかったり、
ちょっと、いろんなことが限界だなって思った。
そんなとき、いつも思い出すのは
千代の富士が引退したときの言葉、
「体力の限界。気力もなくなり……」という台詞。
あれは、かなり衝撃だった。
体力と気力の世界で勝負をしてきたひとが「限界」と口にする、
その心境を考えると、なんだかたまらなくなってしまう。

*

最近、千代の富士の言葉を不意に思い出すことも多かったのだけど、
そうかと思うと
久しぶりの友だちが仕事を手伝ってくれたり、
大学時代の親友が
“A happy belated birthday"とお祝いをしてくれたり、
よく考えたら、悪いことばかりじゃなかった。
むしろ、なにがダメだったんだっけって
記憶を手繰りたくなるくらいだった。
わたしにとってのオアシスは、
たとえば、朝に食べるこんなパンや、
マグカップへ無造作に注がれたコーヒーや、
携帯に届くメールや電話や、
日記帳に書き綴る
なにげないひと言のなかにあるのかもしれない。
by asian_hiro | 2014-11-23 21:24 | 日々のこと | Comments(10)
Commented by one at 2014-11-23 22:30 x
こんにちは、hiroさん。
今日の文章、ココロにすとんとおさまりました。
ありがとう。
大事なことを教えてもらいました。
Commented by はるる at 2014-11-25 11:42 x
気力がなくなり。。というのは実は私が今の仕事に対して抱いてる気持ちそのもので、「私がこんな気持ちになることがあるんだなー」って驚きました(自分のことなのに)
でもhiroさんではないけど、この週末京都の友人のところに遊びに行って、とびきり素敵なタンゴ演奏を聞いたり、京都在の友人同士を繋いだり、友人が会員になっているスタジオでヨガの体験したり、鴨川のほとりを3時間も歩いたり、なんだか幸せに感じるのに、大きなものはいらないんだなという感情が溢れました。
うん、何があっても生きていけるって。
大切なものや人を失うことがあってもそれは結論ではないんだなって。

Commented by アトリエn at 2014-11-26 13:04 x
はじめてコメントさせていただきます。
1年程前に何かの検索で引っ掛かって、こちらのブログに辿り着きました。
hiroさんの言葉は私にとってオアシスのような潤いをもたらしてくれます。
たまに覗いて更新されていると嬉しくなります。
いつもありがとうございます^^
Commented by M at 2014-11-26 21:21 x
大阪かあ。
いつも豚まんを買いたいと思いながらあの、新幹線ホーム下の大行列に負けてしまうよ。
日本へ帰ったときには、大抵大阪にも行くんだけどね。

砂漠も懐かしい。もう何年見ていないかな。
Commented by asian_hiro at 2014-11-26 23:42
>oneさん
こんにちは。
こちらこそ、コメントをありがとうございます。
心にすとんとおさまったのなら良かったです。
書きながら、わたしもいろいろなことを振り返っていました。
Commented by asian_hiro at 2014-11-26 23:43
>はるるさん
タンゴ演奏、しかもとびきり素敵なんて、いいですね!
タンゴかフラメンコを踊ってみたいなというのが密かな野望です(笑)
アラブのベリーダンスなら、ときどきやるんですけど、でもやっぱりキリッとしたタンゴかフラメンコ、やってみたいなあ。
大切なものや人を失うことがあって、それは結論ではない。
わたしもそう思います。
すべて、プロセスなんだと思っています。
Commented by asian_hiro at 2014-11-26 23:45
>アトリエnさん
はじめまして。
コメントをありがとうございます。
のぞいて更新されているとうれしいというお言葉、とてもうれしいです。
根が単純なので、すぐにでも更新したくなってしまいます(笑)
当分は、こんなペースになるかと思いますが、またぜひいらしてください。
Commented by asian_hiro at 2014-11-26 23:47
>Mさん
豚まん! 
1年に2回くらい、仕事で大阪へ行くのですが、この間、初めて豚まんを買ってきました。
新幹線の乗り場の下はいつも混んでいますよね。
なので、駅のなかでチルドのものを買いました。

砂漠へ初めて行ったときのことを思い出します。
車がパンクして、このまま行き倒れになるかと思いました(笑)
Commented by tomomonn1028 at 2014-12-06 02:07
はじめまして。ともと申します。
偶然こちらのブログにたどりつき、読んでいくと素敵な写真に、柔らかい文章。
おもわず次々に読んでしまいました…
これからも読ませてください♡♡
Commented by asian_hiro at 2014-12-06 22:03
>tomomonn1028さん
はじめまして。
コメントをありがとうございます。
柔らかい文章…とおっしゃっていただき、光栄です。
ときどき、神経症の文章と言われるので(苦笑)
また、ぜひいらしてください!
わたしも、tomomonn1028さんのブログを拝見しました。
素敵なセンスに感服です。
<< 富山のスターバックス ameen's ove... >>