アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
運命
やっぱり、繰り返すのかもしれない。
c0001023_1415418.jpg

朝、母のメールを受け取ってから、
ずっと、カルマとか、業とか、
そんなことばかり考えている。
「なにごとも、 繰り返さない。
絶対ではない。
確実ではない。
永遠ではない。
だから、 恐れることはない」
何度も、自分で書いているこの言葉、
最後の一文のはじまりを「だから」としたのは
いったい、なぜだったんだろう。

栗を煮る鍋をのぞき込みながら、
新しい年を迎えた。
そして、いまようやく出来上がり。
パソコンの前に戻り、
ふと、窓のそとを見上げると
半月と三日月の中間くらいの月が
暗い空に浮かんでいた。

10.18  4.36am 追記

なんだか眠れず、この時間。
こういうときに決めたことって、
大体、あとで「やっぱり、やめた!」ってなるケースが多いんだけど、
ちょっとそろそろ天井すれすれ、リミットに近いので
少し、どこかで充電か放電か、しないとね。
そんなわけで、しばらくおもいっきりお休みします。
よい秋を。そして、よい冬を。
どうしてこの落書き、
TOKYO IS OURSじゃないんだろうな。
by asian_hiro | 2014-10-18 01:47 | 日々のこと | Comments(20)
Commented by 康子 at 2014-10-18 10:37 x
ヒロさん、お誕生日おめでとうございます。
秋晴れの日、気持ちいい1日をお過ごしくださいね。
季節がゆっくり変わるのと合わせて、お帰りを待っています。
Commented at 2014-10-18 12:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jua at 2014-10-19 01:52 x
因果関係って幻想なのかもね
自分の意思で行動しているようで、実はそうでもない、
もっと大きなプログラムの中で私達は右往左往し
勝手に恐れを感じているだけなのかもしれない
Commented by bulanchan at 2014-10-19 05:43
改めて・・・自分に言い聞かせるための

不安を打ち消したい想いからの

だから・・・なのかも
Commented by miyako_s at 2014-10-19 13:34 x
インドを旅して以来、カルマという言葉についてよく考えてきました。
でも、実際のところよく意味がわかっていません。
私生活でも仕事でも、うまくいかず、これがインド人の言うカルマなのかもしれないと覚悟して10年。
覚悟を決めたつもりでも、不安と心配で押しつぶされそうになることがあります。。。
Commented by mamakarin at 2014-10-19 21:39
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。
10月は特別な月ですが、今年は悲しいこともあり、
さらに特別な月になりました。
しばらくお休みされるのですね。
思いっきり充電か放電、いいですね。
この秋はhiroさんが栗をじっくり煮込んでる時間を
パソコンの前で共有させていただきました。
静かに鍋に向かうのっていいなぁと思いながら。
反面、またどこか遠くへ行ってみたいなと思ったりします。

Commented by asian_hiro at 2014-10-19 23:08
>康子さん
メッセージ、ありがとうございます!
わたしは自分の誕生日がとても好きなんです。
気持ちよい秋晴れの季節。
そういえば、毎年誕生日は良い天気のような気がします。
Commented by asian_hiro at 2014-10-19 23:11
>カギコメントさん
展示、いつもお伺いしたいと思いながら、
なかなか実現できずにいて、ごめんなさい!
わたしには到底持ち得ない才能、
いつも素敵だと思いながら、
ブログを拝見させていただいています。
栗を煮るという作業が待っているというだけで、
家に帰るのが楽しみになる、このごろです。
そして、それを自分のためでなく、
誰かに贈るためにするということが
作業を、もっと楽しくしてくれます。
きっと、カギコメントさんも同じなのでしょうね。
一生懸命、創作したものが誰かを彩るものになる、という点で。
Commented by asian_hiro at 2014-10-19 23:12
>juaさん
悪いことがあると、「これはあのときの…」と考えてしまう。
でも、いいことがあっても、「これはあのときの…」とは
考えない。
もしかしたら、ほんとうに幻想なのかもしれませんね。
Commented by asian_hiro at 2014-10-19 23:15
>bulanchanさん
うえの、juaさんへのお返事にも書きましたが、
いいことがあっても、
「これはあのとき、いい行いをしたからだ」と考えず、
悪いことが起こったときしか、因果関係を考えないのは、
bulanchanさんがおっしゃるとおり、
不安を打ち消したいからなのかもしれません。
ある精神科の先生が、「まず、患者さんにやることは、
正体のない不安の正体を見つけ、
不安を心配に変えること」とおっしゃっていました。
その意味が、よくわかるような気がします。
Commented by asian_hiro at 2014-10-19 23:25
>miyako_sさん
カルマと業の考え方について。
これはとても難しいですね。
インドでも、現地の友人によく質問しました。
もうホントに、しつこいくらい。
どうしてカルマがあるの、
どうして死んでもカルマは消えないの、
どうしてインド人はガンジス川で身を浄めると
カルマも浄められると信じているの、
カルマにはいいことも悪いこともあるって、どういうこと、と
かたっぱしから質問攻め(笑)
根気よく付き合ってくれた友人には、本当に感謝しています。

不安と心配で押しつぶれそう、
その気持ちがわかるような気がします。
不安や心配に襲われても、それを見ないふりして
わきにどけておくことができる人もいます。
その一方、不安と心配にどっぷり浸り、
とことん落ち込んでから、
「もういいや」って手放せる人もいます。
たぶん、わたしは後者のタイプです。

「覚悟を決めたつもりでも、不安と心配で押しつぶされそう」
ということ。
たぶん、覚悟は一度でできるものではないんですよね。
何度も何度も、繰り返し自分自身と約束する。
そうやって、つながりが深く太くなっていけばいいのかなと
思っています。
Commented by asian_hiro at 2014-10-19 23:29
>mamakarinさん
mamakarinさんこそ、お誕生日おめでとうございます!
完全に出遅れてしまいました。ほんとうにごめんなさい。
mamakarinさんは、お嬢さんと一緒にアイルランドへ
旅に出たりするのでしょうか。
荒涼感満載のアイルランドも、家族で手をつないで旅したら
あったかい思い出がたくさんできるのでしょうか。
羊しかいない丘、日本海のような断崖、
あんな景色も「誰と訪れるか」で、
ずいぶん印象が変わるのでしょうね。

まだまだ、今年は栗を煮ますよ!
今度は、ブランデーかラムをいれて
おとな風味にしようと思っています。
Commented by nori at 2014-10-20 17:38 x
いつも楽しく見させてもらっています。お休みしてしまうのは残念ですが、またパワーアップしたhiroさんの文章をお待ちしています。

ところで私も栗の渋皮煮を作りたいのですが、鬼皮をむくのが辛くて辛くて、1キロ作るのがやっと、という感じです。
それでも思いのこもった栗が出来上がったときは感動!家族も喜んでくれるので作りがいがあります。
今頃hiroさんも栗をむいているのかもしれないと思いながら、私もまた渋皮煮を作ります。
Commented by M at 2014-10-20 23:08 x
本当にヒロの誕生日はいつも晴れる気がする。
晴天率は体育の日以上だね…!

もうすぐ日本出張も折り返し。東京には明後日の午後に着く予定。
でもまだまだやりたいことを一杯やり残しているので
帰りのチケットを日付変更しようか迷い中、、、。
寿司も行かなきゃね!
Commented at 2014-10-21 13:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2014-10-21 18:47
>noriさん
コメント、ありがとうございます。
noriさんも、栗の渋皮煮を作られるのですね。
わたしは、鬼皮を剥く作業が楽しくて楽しくて、
時間さえあれば、一日中でも剥いていたいと思うほどです。
なんにも考えず、ただ、栗をきれいに剥くことだけに
集中できるのが、とても気持ちいいのだと思います。
自分のためというより、贈るためと思ったら
「キレイに剥く!」ということにもやる気が出ます。
ご家族が喜んでくださるのでしたら、なおさらでしょうね。
あと何回、栗を煮ることができるかなと思いながら
どんどん秋が深まっていくのを、日々実感しています。
Commented by asian_hiro at 2014-10-21 18:51
>カギコメントさん
コメントをありがとうございます。
やめるわけではないのですが、
ブログを書き始めて、気付いたらもう10年近く。
そろそろ、今後を考えないと、と思うようになりました。
また、自分のなかでブログの立ち位置が
変わりつつあることも、お休みする理由のひとつです。
なにも書かず、ただお休みしても良いのかもしれませんが、
いつも足を運んでくださる方や
お世話になった方も多いので、
ひとこと、事前にお知らせしました。

再開する予定です。
またぜひ、遊びにいらしてください!
Commented by asian_hiro at 2014-10-21 20:52
>Mさん
間違って、Mさんへのお返事を消してしまったことに気付きました…。
気を取り直して、もう一度。

わたし、やっぱり晴れ女なのでしょうか。
成人式も、大学の入学式も卒業式も雨だったのに、
しかも、高校の入学式は4月でも大雪が降ったのに…。
でも思えば、肝心なときには台風の予報でも
ピーカンに晴れていたような気がします。

そうそう、このあいだ、家の玄関の扉が大きく開き過ぎて
壁にめり込み、閉じなくなってしまったのですよ。
夜中だったので、泣きそうになりました。
そういえば昔、タイでもこんなことがあったなあと
思い出しました。
Commented at 2014-10-26 21:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2014-10-29 20:37
>カギコメントさん
ちょっと、自分のブログに立ち寄らなかっただけで、
コメント欄の仕様が変わっているのにびっくり。
放置してしまうのはダメですね(笑)

はじめまして。
コメントをありがとうございます。
とても、そんなふうにおっしゃっていただくような
感じではありませんが、
ありがたく、頂戴しておきたいと思います。
またぜひ、お立寄りください!
<< ひとこと 打克つ >>