アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
打克つ
熱といっしょに、消えたもの。
c0001023_22392557.jpg

わたしに、アシュタンガヨガのおもしろさを教えてくれた
インド人のおじいちゃん先生から、
さっき、久しぶりにメールが届いた。
その先生は、わたしをいつも「ヒロカ」と呼ぶ。
日本からインドへ飛び、
ひょっこりオンボロのスタジオへ顔を出すと、
「ヒロカ!」と、細い腕で力強くハグをしてくれる。
そして必ず、「ヒロカ! ピッツァ!」と、
ピザを食べに誘ってくれるのだ。
なぜか先生は、わたしはピザが大好きと思っているらしい。

その先生はとても厳しく、
年齢に似合わずハードなレッスンをする。
わたしは長い間、カムアップが出来なかった。
もともと体は柔らかいし、筋力もあるほうなので、
大抵のアーサナは苦労しないのだけれど、
以前、椎間板ヘルニアを患ったことがあるためか、
カムアップだけは、どうしても恐怖心が消えなかった。
先生のところでレッスンを受けるたび、
「ヒロカ、きみは日本でいったい何を練習してきたんだ」と怒られた。

たしか、3年前の春だ。
インドにいるとき、わたしは40度の熱を出した。
朝から関節の痛みと頭痛を感じ、これはまずいなと思いながら
それでも、午前中のアシュタンガにはなんとか参加したのだけど、
午後のパワーヨガのクラスまで、ちょっとひと休みしようと思いながら
気まぐれに水銀の入った体温計を買って計ってみたら
なんと、水銀はメモリのいちばん終わりの部分まで伸びていた。
これじゃ、パワーヨガのクラスは無理だと思い、
山道を30分歩いて宿へ帰り、そのまま死んだように眠った。
起きたら翌日の朝だった。

目覚めると、頭痛がきれいに消えていた。
なにも食べず、15時間くらいぶっ続けで寝たので
体が軽く、足が地面に着いていないような感じがした。
また山道を30分歩いてヨガスタジオへ行き、
アシュタンガのクラスに参加した。
いつもより、体は快適に動いたのに、
やっぱりカムアップは出来なかった。

「ヒロカ! ウオッチミー!」
先生は、わたしに大きな声で呼びかけた。
カムアップの見本をやるから、しっかり見ていろというのだ。
先生のアシスタントが、最前列に来いと手招きしている。
わたしは先生の真ん前まで進み、床に座った。
そして、先生の全身バネのような体が、
伸び上がるようにカムアップをするのを見た瞬間、
なにかが、ふっと頭のなかで跳ねた気がした。

自分のマットに戻って、カムアップをやってみた。
できた。はじめてできた。
顔を上げると、先生と目が合った。
先生はこっちを見て、
とても気難しい顔をしながら、「うむ」というように頷いた。

「ヒロカは、いつ、インドへ来るのだ」
久しぶりに届いた先生のメールには、こう書かれていた。
行きたいのはやまやまだけど、
わたしはもう少し、自分に与えられた席にいなければならない。
もしかしたら、もうインドに行くことはないかもしれない。
それでも、あの「うむ」と頷いたときの先生が懐かしくて、
「また、ピザを食べに行きたいです」と返事を書いた。
先生は「待っている」と返してくれた。
by asian_hiro | 2014-10-15 22:41 | 日々のこと | Comments(3)
Commented by M at 2014-10-17 11:40 x
フライングだけど、誕生日おめでとう。
あと10日くらい日本にいるよ。いつもながら巡業だけどね 笑
都合ついたら寿司に行こう。
インドはいつでも行きたい。だからこそ、まだ今じゃないって思うのかもね。
Commented by asian_hiro at 2014-10-18 01:50
>Mさん
お祝い、どうもありがとう。
10日経ったら、また南国の世界へ帰るのですね。
日本はこれから紅葉の季節。
春の、さくらの季節と並んでいちばんきれいな時期なのに
南国へ帰ってしまうなんて、もったいない!
南国にはお寿司もないのに…あ、あるか、子象寿司が。
Commented by asian_hiro at 2014-10-18 02:33
>Mさん
眠れずに、書き忘れを思い出し…(笑)
ひさしぶりに、まきちゃんからメールが来ました。
いま、インドにいるみたいですよ。
<< 運命 メール >>