アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
青梅
もの思う、往復120km。
c0001023_2302078.jpg

ちょっとそこらへんを、と思って家を出たのに、
走っていたら、「青梅まで40km」という看板が見えた。
青梅には、とても好きな喫茶店がある。
このまま走り、その店の窓際の席でコーヒーを飲もうかと思ったら
急に気持ちが上向いた。
結局、店の近くに駐車場が見つからなかったので、
国道沿いの
大きなマクドナルドでコーヒーを飲んで帰ってきたのだけど、
旅先など、知らない町のマクドナルドに入るのは意外と好きだ。
その町の、いつもの顔に出会えるみたいで。

途中、以前原付バイクを購入した店の前を通った。
なつかしくて、そのときのことをいろいろ思い出していたら
たまたま信号待ちで、その店の前に停車した。
店のおじさんはいなかったけれど、あのときと同じように
古ぼけたカレンダーがレジの奥に飾ってあった。

「ヒロコさんは、バイクが似合うと思う」
昔、たったひとりだけそう言ったひとがいた。
「車は似合わないし、運転も向いていないと思うけれど
バイクはとても似合うと思う」
走っているうち、唐突にそんなことばを思い出した。
どうしてその話題になったのか覚えていないし、
そのひとがいま、なにをしているのかもわからないけれど、
「ヒロコさんはインドの町を歩くとき、
とても怖い顔をしているんだよ。
だけど、インド人に話しかけられると、途端に顔がほころぶんだ。
そのギャップがすごいと思う」と言われたことは
いまでも心に残っている。

青梅に向かって走りながら、久しぶりにインドのことを考えた。
遠く離れたふるさとや、
もう何十年も会っていない旧友を思い出すような気持ちで
あの国のことを考え続けた。
いつか、あの国の赤茶けた大地を
旧式のロイヤルエンフィールドで走れたらいいと思う。
遠くにチャイ屋が見えたらひと休みして、
また次のチャイ屋を見つけたらひと休みして、って
そんな旅ができたらいいなと思う。

パンのにおいがすると思ったら、すぐ先にヤマザキのパン工場があり、
甘いにおいがすると思ったら、となりには大きな梨畑が広がっていて、
ああ、秋のにおいだと思ったら、道端では金木犀が満開だった。
青梅の直前でゆるいカーブを曲がると、
奥多摩の山並みがきれいに見えて、
その瞬間、無意識に声がもれた。
こんなに素敵な景色、たった数秒走りながら眺めるだけなんて、
あまりにもったいなくて、贅沢だ。

青梅の町を軽く一周して
そのまままた、国道を戻ることにした。
途中、わたしを颯爽と抜かしていったカワサキのW800が
先にある「すき家」へ入っていくのが見えて、
わたしはその人と、とても親しくなれそうだと思った。

環八から甲州街道へ出ると、そこは反対方向の車線で
「甲府まで100km」という看板が見えた。
どうしようかな、どこかでUターンしないと、と思っていたら
真正面の上空に、冴え冴えとした三日月が見えた。
道を間違えるのなんて、どうってことない。
だって、正しい方向に出ていたら
三日月に背を向けて走ることになっていたのだもの。
「世のなかで起こることは、すべて良いことである」って
ほんとうにそうだなと、つくづく思う。

「世のなかで起こることは、すべて良いことである」
ものごとは、すべて自分の意思で選ぶから
たとえどんな結果でも、みんな良いことなのだと思っていた。
だけどこんなふうに、突然、ギフトみたいなイベントに出くわすと
案外、自分で選ぼうが選ぶまいが、
世のなかで起こることは、
すべて良いことなのかもしれないと思えてくる。

川沿いの団地や小さな商店街を抜け、
再び環八に戻って甲州街道、そして、環七。
ようやく、家路が見えてきた。
家では昨晩、
ひさしぶりにワインをたくさん飲んで帰ってきたときの荷物が
まだソファの上に転がっていたけれど、
すぐにノートパソコンを持ち出して、
最寄り駅近くのマクドナルドへ行くことにした。
やらなければならない原稿が1本、あるのだ。
今日、2軒目のマクドナルド。
ひとりで走るのは楽しいのに、
そのあと、ひとりで家にいるととてつもなくさみしくなるのは、
いったい、どうしてなんだろうな。
by asian_hiro | 2014-09-28 23:05 | | Comments(0)
<< 文章 休日 >>