アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
あおぞら
視線を上げれば、飛行機雲。
c0001023_2295567.jpg

「大橋トリオ」の「マチルダ」が、
なぜか最近部屋のなかでよく流れている。
そのためかな、ひさしぶりに「レオン」が観たくなった。
わたしはこの映画が大好きだ。
かっこよくて、せつなくて、
何度観ても、目にぎゅっとちからが入る。

「夏はもう終わってしまったのだな」と
多摩川から吹き上げる風と、
頭上に広がる真っ青な空を見ながら思った。
夏が終わると思えば、少しさみしい。
だけど、秋がはじまると思えば、やっぱりうれしい。
終わりも、はじまりも、すべて一本の糸でつながっていて、
そういえば、インドでは
「こんにちは」も「さようなら」もナマステだ。
たぶん、季節を見送り、迎えるのだって、
そんなに複雑な感情はいらないのだろう。

この夏にできなかったことは、
来年の夏まで、タンスのなかにしまっておく。
その代わり、この秋にやりたいことを、指折りながら考える。
浮かぶ浮かぶ、限りなく。
やりたいことを100個思い浮かべることができる人がしあわせなら、
わたしは、100でも200でも思いつく。
なんだ、夏が終わってもまだだいじょうぶみたいだ。

ちょっとのあいだ、おやすみです。
よい秋を!
by asian_hiro | 2014-09-05 22:22 | 日々のこと | Comments(12)
Commented by M at 2014-09-07 15:23 x
日本はもう秋なんだね。もうそろそろ日本着。
さんまが待っていると思うとわくわくするよ 笑
それにしてもきれいな空だね。ねぎの畑だ。
Commented by M at 2014-09-09 22:49 x
ごめん、いつも聞いているような気がするけれどw
誕生日って今月だっけ、来月だっけ。
秋で、18日っていうのは覚えているんだけどね・・・

ちなみになぜ18日を覚えているのかというと、昔の彼女が18日で、
妹も18日だったから。
なんでだか、18日生まれが多いんだよな。
Commented by yuuyuu at 2014-09-10 12:06 x
Mさんへ 来月の18日ですよ。私と同じ誕生日で嬉しい♪ 
Commented by gon1442 at 2014-09-11 10:31
思いつくことがあり、動くことができる。
これだけで、人生まるもうけ。
仲秋の名月も無事すぎ、お彼岸間近。
確実に秋深まりし、日本ですね。
Commented by asian_hiro at 2014-09-11 23:55
>Mさん
もう、日本ですか? 
今回のジャパンツアーはどこからスタートするのでしょう?
わたしは1週間に半分はさんまを食べる、さんま三昧です(笑)
素敵な日本の秋をお過ごしください!
Commented by asian_hiro at 2014-09-11 23:56
>yuuyuuさん、
わたしの代わりに回答していただき、ありがとうございます!
同じお誕生日ですね、天秤座!
誕生日まであと約1ヵ月。
このあいだ、誕生日を迎えたような気がするのに
月日が経つのは早いものです。

Mさん、yuuyuuさんが教えてくださったとおり、
10月18日ですよー!
Commented by asian_hiro at 2014-09-11 23:57
>gon1442さん
いまはスナフキンの真っ最中ですか?
最近、月がとても赤く、屋上でそれを眺めながら
秋が深まっていくのを実感しています。
いつも屋上では音楽を聴きながらヨガをしていたのですが
ふと止めてみたら、鈴虫の声が聞こえました。
Commented at 2014-09-12 23:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2014-09-13 00:33
>カギコメントさん
昨日と今日の2日間で約70ページの原稿を書き、
ほっと一息ついて、そろそろ寝ようかなと思っていたところ
ふと、ブログを開いてみたら、
カギコメントさんの文章を見つけました。
たぶん、いいタイミングだったのでしょう。

わたしも同じようなことを考えるときがあります。
でも、たいていそういうことを考えるときは
自分の気持ちしか見えていないときで、
鏡に向かって問いかけているようなものなんですよね。
結局、自分の内側しか見えていない。

またしてもヨガの話で恐縮ですが、
ヨガでは、バランスは静のなかにあるのではなくて
たえず力が拮抗するなかで生まれます。
プラスとマイナスとか、相反する力が等しく働いて
初めてバランスが取れるのですね。
ひとの気持ちも、同じなのだと思います。
そう考えたら、多少ぶれることなんてどうってことないって
思えませんか。
Commented by asian_hiro at 2014-09-13 00:34
(つづき)
ヨガのポーズには、
「後屈」「逆転」「ねじり」などいろいろな種類があるのですが、
わたしはいちばんバランスが苦手だったんです。
でも数年前、わたしにとっていちばんの恩師が
「じっと動かないことを学ぶのではない、
バランスを崩したとき、どうするかを学ぶのだ」と
話すのを聞いて、ああ、そうかと思いました。
ヨガは、わたしの人生のあちこちで
ずいぶん役に立ってくれています。

長くなってしまいましたが、いま、こんなことを考えました。
またなにかあったらご連絡くださいね。
ちょっとブログを更新するのはお休みですが、
ときどき立ち寄ると思います。
Commented by M at 2014-09-14 00:24 x
yuuyuuさん、教えて頂いてありがとうございます。
いつも9月か10月かわからなくなって本人に確認しています 笑
多分来年も同じことを書いていると思います・・・

ヒロ、ケーキでもごちそうしてやりたいね、もちろん年の数だけろうそくを立てるのを忘れずにね 笑
Commented by asian_hiro at 2014-09-16 00:20
>Mさん
ろうそくを立てたケーキは、お気持ちだけ受け取っておきます。
たぶん、ケーキが穴だらけになりそうだから!
直径50cmくらいの、大きなホールのケーキだったら
どれだけ穴が空いても耐えられるかも…。
<< 休日 パンと詩 >>