アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
「ほっとけない世界のまずしさ」キャンペーン
ガンジス川の沐浴場を上がったところで、お母さんと3歳くらいの女の子が地面にべったりと座っていた。
目の前にはアルミの皿。だけど何も入っていない。
2人は人にお金を要求することもなく、焦点の定まらないうつろな視線で通りを見ている。
私は手にパンを持っていた。これから川べりのチャイ屋で1杯飲みながら朝ごはんに食べようと思っていたのだ。
どうしようか迷った。
だけど気づいたらアルミの皿にパンをのせていた。
女の子は私を見上げ、不意ににっこりと笑った。
その瞬間、私は彼女の笑顔が見たかったんだと思った。
c0001023_6204360.jpg

その日の食べ物さえ間に合わない人が大勢いる。
旅の間でもたくさんの孤児や物乞いとすれ違い、正直な話、腕をつかまれたり足にしがみつかれたりすると、「やめてくれ」と思ったりもする。
だけど、彼らは私の旅の出演者でもなんでもなく、そのままそこで何年、何十年とそうした生活を続けていくのだと考えれば、なんとも言えない気持ちになる。
日本の私ができること。
それは、「覚えている」ということだと思う。
忘れない。なにかにつけて思い出す。
たとえば、このホワイトバンドを見るたびに。

世界では3秒にひとり、貧しさから子供が死んでいるという。
私がこのブログを書いている5分の間にも100人の子供が死んでいる。
それが50人になり、30人になり、やがてはゼロになるように、少しでもいいから自分のできることを始めてみたい。
by asian_hiro | 2005-07-11 06:27 | 日々のこと | Comments(19)
Commented by greenagain at 2005-07-11 06:31
はじめまして。
「覚えていること」、同感です。
読みやすく、スキンの色も適度な深みがあり、素敵なブログですね。

Commented by asian_hiro at 2005-07-11 07:21
>greenagainさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
なにかやろう!と今すぐに考えることはできなくても、いつも記憶のどこかにとどめておけば、なにかの瞬間に自分にもできることをふと考え付くかもしれないですもんね。
Commented by ヒカリン at 2005-07-11 07:35 x
おお、hiroさんはホワイトバンドを買ったのですね?
私は、どうも素直じゃないので、今日のエントリーで否定的なことを書いてしまいましたが・・・。(^_^;)

そうそう、ちょっと前ですがやっとこさ「タイの屋台ゴハン」手に入れましたよ。ずっと料理本か、旅本のコーナーを探してたんですけど、何故か写真集のほうに置いてありましたよ。
写真集のコーナーはあまり人がいかないので、残りは目立つようタイ関係のコーナーに勝手に移動させておきました。(・∀・)
Commented by プリマリ at 2005-07-11 07:37 x
おはようございます。

世界では3秒にひとり、貧しさから子供が死んでいるという
フレーズとても衝撃的でした。
hiroさんがこのようにブログ書いているだけで、色々な人の
目にとまるのでこれも大きな一つだと思いますよ。

去年、私の地元が色々と自然災害、地震なので大変でした。
ニュースでは取り上げれなくなった今の大変な思いをしている
人が沢山います。私も身近なことからできる事を少しづつして
行きたいと思っています。
Commented by at 2005-07-11 08:54 x
14日に、hiroさんに話を伺おうと思っていました。
きっと”ほっとけない”を目の当りにしているに違いないと。
僕は、ホワイトバンドを未だ買えてはいないが、髪留め用の白のゴムを三重にして、巻いてます。
5歳になる息子に話を聞かせたら、『僕もやりたい』って。
もしかしたら、彼にとってはカッコいいと思ってやっているかもしれないが、彼の小さな心に何か響いてくれたのだと信じたい。

人それぞれ意見はあると思います。
僕は基本的に頑固な天の邪鬼ですので、みんなと同じが嫌いです。
流行やブームにはあえて逆を行きますし。

うちの母は、困っている人を見たら、見返りを考えないで助けると言うのがあります。
結局、家が苦しい時は、誰一人として助けてはくれませんでした。


でも。
それでいいんです。
だって、生きてるもん。

お会いできるのを、とても楽しみに待っています。
書かずにはいられなくなり長々と失礼しました。

私たちは願いのために祈る
彼らは生きるために祈る
(著作権に引っかかってます?(笑))
Commented by かすみ at 2005-07-11 09:59 x
「ほっとけない」キャンペーン、私は最近テレビで知りました。
早速、週末に販売しているレコード店に足を運んだのですが
売り切れ。。でも何だかとても嬉しかったです。
そしてネット販売で手に入れようと問い合わせると
「注文が殺到して納品が遅れるかも」という返答。
ここでも少し嬉しかったり。。
賛同している人たちが多い証拠ですもんね!
Commented by akko at 2005-07-11 14:45 x
ホワイトバンド、知りませんでした。
大きい本屋さんで売っているんだね。
大きい本屋さんってなっかなかいけないんだけど
(hiroさんの本もまだ書店で見にいけない!!!)
一人で行動できる機会があったら
いかないと・・・。

写真のおこちゃまの顔って日本人に似ているね。
お母さん?みたいに大きくなったら
鼻が高くなるのかなぁ、とか
思っちゃいました。
Commented by asian_hiro at 2005-07-11 21:58
>ヒカリンさん
ホワイトバンド、先週から探し回っているんだけどどこでも売り切れ状態なのです…。
通販じゃインドまで間に合わないし。
帰国したら手に入るといいなあ。
ヒカリンさんのエントリーも読みました。
それも一理あると思うし、私も根が腹黒なので(笑)ヒカリンさんの気持ちもよくわかるよ。
だけど自分にできることを自分のペースで、という根底にあるものは同じかな?
Commented by asian_hiro at 2005-07-11 22:01
>プリマリさん
私の友人は新潟で去年からずっとボランティアをしています。
きっとギターを持ってあちこちで弾きながら歌っているんだと思う。
遠くにいる私たちにしてみればニュースがすべてなので、私はその人からいろんな話を聞くのが楽しみでした。
ニュースは悲惨なこととか辛いことばかり伝えるけれど、現地では頑張っている人たちもたくさんいるんですものね。
プリマリさんもがんばって! 私も自分のできるところから始めます。
Commented by asian_hiro at 2005-07-11 22:08
>Nさん
私がこのプロジェクトのことを初めて知ったのはNさんのHPですよ。
それからずっとホワイトバンドを探し回っていたのですが、結局どこも売り切れで見つからず…。
なんとかインド帰国後には買えるといいな。

息子さんがホワイトバンドをどう思ったかわからないけれど、最初はファッションでもなんでもいいんですよね。
やがて大きくなってその意味や背景にあるものや、そのほかいろんなことに気づいたとき、彼がどう感じるかが大切なんですよね。
ホワイトバンドじゃなくたって髪留めでも輪ゴムでもなんでもいいし、別に腕につけなくたってかまわない。
だけど、なにかをきっかけに「ほっとけない」人たちのことを思い出し、そしてまたなにかをきっかけに「自分のできること」に気がつけば、それで十分なんだと思います。

著作権、引っかかってませんよ(笑)
14日、楽しみにしています。
Commented by asian_hiro at 2005-07-11 22:10
>かすみさん
きっかけはファッションとか流行とかブームとか人それぞれかもしれないけれど、やがてそれが大きな変化になるといいですよね。
私たちが食べ物に困らない日本に生まれたことと、彼らが食べたくても食べられない国々に生まれたことは、ほんのタイミングの差でしかないんですもんね。
ホワイトバンド、見つけたら報告お願いします。
私も買いに行こう!
Commented by asian_hiro at 2005-07-11 22:11
>akkoさん
池袋近辺にも売っていたみたいだけどいまだにゲットできていません…。
私たちの家の近くでも買えればいいのにね!
この親子はウイグル人です。
だけどお母さんは国籍不明の表情だよね。
Commented by ヒカリン at 2005-07-12 04:11 x
>自分にできることを自分のペースで、という根底にあるものは同じかな?

うーんと、これは私のスタンスがってことですか?
そうだったら、同じです。
自分にできることをしたいし、していきたいと思ってます。
ただ、ホワイトバンドのやり方は私には合わないというだけですね。

見当違いのこと答えてたらすいません。(汗)
Commented by asian_hiro at 2005-07-12 06:34
>ヒカリンさん
そう、それはヒカリンさんのスタンスかと思って書いたことです。
「そうだったら違います」と言われるのかとビクビクしちゃった(笑)
別にどういうやり方でもかまわないと思うし、人はそれぞれだからね。
だけど「自分にできることをやる」ということが肝心だなあと思うわけです。
そうじゃなければ続かないもんね。
Commented by 綾子 at 2005-07-12 07:11 x
はじめまして。
ホワイトバンドプロジェクト、知りませんでした。
プリマリさんのおっしゃるとおり、おかげで出会えました。
ありがとうございます。
早速webオーダーしました。
Commented by asian_hiro at 2005-07-12 12:21
>綾子さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
こうして綾子さんのような方に見て、行動していただいただけでも私自身、「私にできること」ができたかなと思っています。
webオーダー、早く届くといいですね!
Commented by ちょこ at 2005-07-13 22:08 x
こんばんは!先日、私のブログでhiroさんのブログを
ご紹介させて頂きました~と突然ご報告にきた"ちょこ"です。
早速来て下さってコメントまで頂いて本当に有難うございました。
頂いたコメントにもお返事させて頂いてますが、
私はhiroさんのこの記事を見て初めてホワイトバンドについて知り、
考えさせられ、キャンペーンに参加…
そして更にブログで私なりに記事を書きました。
そのきっかけになったhiroさんの記事にTBさせて頂きたいなと思って、
今日は事後報告ではなく事前報告しに来ました(笑)
明後日出発なんですね、気をつけて行ってきて下さい~
旅のお話を楽しみに待っています♪
Commented by asian_hiro at 2005-07-13 23:03
>ちょこさん
こんにちは! TBありがとうございます。
私の方からも張らせていただきました。
こうやって少しでも多くの気持ちが集まるといいですね!
私はおととい、渋谷のブックファーストで購入しました。
旅にも持っていこうと思っています。
インドの埃で真っ黒になりそうだけど、それもまたいいかな。
旅の話もアップするので、ぜひ遊びに来てくださいね!
Commented by 魚の目 at 2005-09-07 03:20 x
この名前もだんだん飽きてきました。(笑)
手塚治の気分です。「三つ目が通る」と言うのは傑作だと思います。

「隣人を愛せ」著作権侵害かな?と思いつつ、、、インドは永遠のなぞかもしれません。タイとインドは何かの意図でつながっているのかもしれませんね。赤い糸。

インドのタンとリズムの思想。あれって、心に迫るものがあるのではないでしょうか?ヒンズーが仏教を飲み込んだ。嚥下したのだ。「カナ~、エク パイサ、、、、、」沢木耕太郎の深夜特急に載っていた様な、、、なんか違うのですが、、、、、、、、、、やっぱ、著作権侵害かなぁ、、、(爆)

少しでも多くの気持ちが集まると良いですね。
<< ラ・テールのびわデニッシュ 池袋、タイ料理「プリック」 >>