アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
野菜
畑の風や、においや、温度までも。
c0001023_21271142.jpg

ニューヨークに住んでいたとき、
毎週末のようにグリーンマーケットへ行った。
ユニオンスクエアの、大きな広場で開かれているマーケットには
野菜や果物、パン、お菓子、ジャム、肉、魚、植物など
いろいろなものが並んでいる。
春にはいちごや柑橘、夏にはプラムや桃やあんず、
秋にはりんご、冬にはジンジャーブレッド、
両手いっぱいに買い物をして
地下鉄に乗って、家へ帰るのが習慣だった。

お店のひとが作ったジャムやピクルス、ペーストを
試食させてもらいながら
「これはこうやって食べるとおいしいのよ」など
料理のヒントをたくさんもらった。
パン屋さんが
「今日は全粒粉の田舎パンがおいしいよ!」と声をかければ
「100%ストレートのぶどうジュース、
今シーズンはこれでおしまいだよ!」と、
ぶどう農家のおじさんが呼びかけてくる。
おじさんたちが一生懸命パンを焼いたり、
ジュースを瓶詰したりする様子を思い浮かべながら
あれこれ、買い物をするのが大好きだった。

ニューヨークに引っ越したのは、2007年秋のこと。
スーツケース1個でアメリカへ渡り、
着いた翌日から仕事が始まり、働きながら家を探した。
慣れない英語、しかも、ニューヨーカーは早口だ。
SOHOを歩いていたら、
ヒスパニックの男女に髪の毛をつかまれて転ばされ、
アジア人をからかうようなポーズをされたので、
つかみかかるように、ケンカしたこともある。
(あとで会社の上司に言ったら、
「相手がナイフや拳銃を持っていなくて良かったわね」と
注意されたのだけど)
自転車にはねられてガードレールに頭をぶつけ、
5針縫うケガをしたのは、ニューヨークへ渡ってまだ1週間のころだ。
(当時、同じホテルに泊っていためぐみさんが
病院へ行ったまま帰ってこないわたしを心配して、
真夜中だというのに、玄関の前で待っていてくれた。
そして、12時過ぎに帰ってきたわたしを抱きしめて
無事で良かったと、泣いたのだ)
たのしかったと、ひと口では言えないニューヨーク。
あの街の思い出の半分は、
きっとグリーンマーケットのなかにある。
なにかあると、いつもマーケットへ出かけた。
うれしいこと、たのしいこと、
かなしいこと、しんどいこと、
なにかあるたび、足がいつもマーケットへ向いた。


いまでも、時間があれば青山のファーマーズマーケットへ行く。
農家の人たちとあいさつをして、野菜や果物の話をいっぱい聞いて、
ずっしり重い買い物袋を下げて帰る。
こんな休日が大好きで、
都会のどまんなかで新鮮野菜に出合えるのはとてもうれしいのだけど、
やっぱりわたしはいつか、小さないなかで
山と畑を見ながら暮らしたい。


今日、久松農園の野菜が届いた。
段ボール箱のなかには、
きれいに梱包された夏野菜がぎっしりと詰まっていた。
ひとつずつ、包みを取り出しながら、
万願寺唐辛子となすは煮浸しにしよう、
トマトときゅうりとリーフエンダイブでサラダを作ろう、
プチトマトは天日で干して、ドライトマトにしよう、
ピーマンと泥付きのにんじんと新じゃがいもはなににしようと
わくわくしながら考えた。
新鮮でいきいきとした野菜に触れると、なぜかこころがほっとする。
畑をゆく風、
まぶしい太陽、
収穫する人の手、笑顔。
みんな、野菜を伝ってわたしに届く。
by asian_hiro | 2014-07-12 22:10 | 日々のこと | Comments(6)
Commented by jasmine at 2014-07-13 07:07 x
hiroさんのニューヨーク時代からのファンです!!
ずっとblogを読んでいます!!
私もその頃海外に住んでいて、同じような気持ちが多かったので共感しながら読んでいました。
今は日本で暮らしていますが、時々あの頃のことを思い出して懐かしくなったり切なくなったり。。。
私も田舎暮らしが夢です^^
Commented by at 2014-07-13 20:03 x
ヒロでも怒ることあるんだね!
アメリカ人とケンカするヒロ・・・想像できない!!
Commented by asian_hiro at 2014-07-13 21:09
>jasmineさん
はじめまして。
長い間、ブログを読み続けていただき、ありがとうございます。
いなか暮らし、いいですね。
当たり前のように山を眺めたり、畑のそばを散歩したり。
そんな暮らしをしたいと思っています。
Commented by asian_hiro at 2014-07-13 21:10
>なっちゃん
怒る、怒る。
不当に差別的な扱いをされたら、全力で怒るよ!
口から出るのは、日本語混じりのめちゃくちゃな英語だけどね…。
Commented by a-monly at 2014-07-15 10:56 x
もう7年近くも前になるんですね。NYから更新されるhiroさんのブログをウキウキしながら待っていたのが、ついこの間のように感じられます。
つかみかかるようにケンカ?! 驚きです^^笑 ご無事で良かった!

明日から久しぶりにNYに行きます。だからとてもタイムリーでした。
最近、沈んでばかりなので何処かへ!とNYに決めましたが、後々、もっとのんびりしてて癒されるような所にすれば良かったかな?なんて思ったり・・笑 でも大好きなNYへ!行ってきます^^
Commented by asian_hiro at 2014-07-19 18:30
>a-monlyさん
なんと、NYですか! 
いってらっしゃいが遅くなってしまいました。
きっと、ダンスなどのステージを
たくさんご覧になるのでしょうね。
そして、たぶんあのお店でパンケーキを食べるんだろうなあと
勝手に想像しています(笑)
よい旅を!
<< マーケット 虹 >>