アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
100万回生きたねこ
たった一度の人生くらい、ろくに生きられなくて。
c0001023_1342186.jpg

少し前に、どこかの病院の待合室で「100万回生きたねこ」を読んだ。
これまで繰り返し読んだが、わたし自身、この本を持っていない。
図書館とか、喫茶店とか、どこかで偶然見かけるたび、最初から最後まで一通り読んでいる。

*

「100万年もしなないねこがいました。100万回もしんで、100万回も生きたのです。りっぱなとらねこでした」
ねこは王様に飼われたり、船乗りと一緒に旅へ出たり、一人暮しのおばあさんと暮らしたりする。
そして、戦場で矢に当たって死んだり、海に落ちて溺れ死んだり、奇術が失敗してまっぷたつに割られたりする。
「100万人のひとが、そのねこをかわいがり、100万人のひとが、そのねこがしんだときなきました。ねこは一回もなきませんでした」
ねこは、死ぬことなんてまったく怖くなかった。
ねこは飼い主が、大嫌いだったからだ。

メスねこがいっぱい近寄ってきても、ねこはまったく相手にしない。
「おれは、100万回もしんだんだぜ。いまさらおっかしくって!」
そんなとき、ねこは白いメスねこに出会う。
ねこは、「俺はすごいんだぜ、なんてったって100万回も生きたんだから」と自慢するが、白ねこはちっとも興味を示さない。
そのうち、ねこは「俺はすごいんだぜ」と言うのをやめた。
そして「そばにいてもいいかい?」と尋ねた。
白ねこは「ええ」とだけ言った。

やがて、たくさんの子猫に恵まれた。
子猫は大きくなって巣立っていき、ねこと白ねこはふたりになった。
そして、年老いた白ねこは死んだ。
ねこは生まれて初めて泣いた。100万回も泣いた。
そのうち、白ねこのそばで自分も死んだ。
ねこは、もう、生き返ることはなかった。

*

なぜ、ねこが二度と生まれ変わらなかったのか、いろいろな解釈があるだろう。
愛することを知ったから。
人生とはかけがえのないものだと知ったから。
白ねこが死に、泣きながらねこも死んだ。
正直なところ、もしわたしが消えたとしても、世の中はたぶんどうってことない。
これまで書いた文章はしばらくのあいだ残るだろうけれど、せいぜいそれくらいだ。
だけど、いや、だからこそ、
たった一度の人生くらい、ろくに生きられなくてどうするんだって、この本を読むたび、思う。
自分の人生たったひとつ信じられないで、そんな人生から失われるものなんて、なにもない。

*

最近、とても眠りが浅くて夜中に何度も目を覚ます。
昨晩も一時間ごとに起き出して、麦茶を飲んだり、ベランダへ出たり、そんなふうに朝を待った。
金曜日の午前中は、できるだけ参加したいヨガクラスがある。
今朝はものすごくだるく、休もうかと思ったのだけど、こういうときはなにも考えず、ただ淡々と決められたことをこなすのがいいのだと思い、ヨガへ行った。
案の定、からだは硬く、思い通りに動かすことができなかったけれど、そもそも思い通りに動かそうとするのが間違っているのだろう。
今日は、今日のからだと過ごす。
今日は、今日のこころと過ごす。
さみしさ、かなしさ、やりきれなさ、みんなたった一度の人生だと思えば、もう少し、がんばってみてもいいかなと思えてくる。

*

雨上がりの、うすぐもり。
先日、新大久保で買ったレモングラスでサラダを作り、切り落とした端の硬い部分をお茶にいれた。
夕方も雨が降っていなかったら、屋上にマットを敷いて大きくからだを伸ばしにいこう。
by asian_hiro | 2014-07-04 14:24 | 日々のこと | Comments(6)
Commented at 2014-07-04 17:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by M at 2014-07-05 11:49 x
日本の絵本はレベルが高いよね。
子供のための本でもあり、大人でも楽しめるっていう。
昔、バンコクの伊勢丹でごんぎつね読んだな。
もう8年前か、懐かしい。

ところで、今月一時帰国するよ。
もし時間があったら。
Commented by asian_hiro at 2014-07-05 13:49
>カギコメントさん
いつも、そう思うのです。
でも、それはとても難しい。
Commented by asian_hiro at 2014-07-05 13:51
>Mさん
ごんぎつね、大好きな絵本です。
そうそう、いっしょに読みましたね、
あのときだったからか、
なんだか目が熱くなって仕方なかったな。。

日本に戻られるんですね。久しぶりなのでは?
その頃にはもう梅雨があけているといいですね!
Commented by at 2014-07-05 18:09 x
ヒロは絵本を書かないの?
ヒロの絵本、読んでみたいけど!

そう、退院したんだってね。
会いたいね、全員集合!!
Commented by asian_hiro at 2014-07-06 23:33
>なっちゃん
うーん、絵本ね…。
書いてみたいと思ったことはないなあ。
読むのは好きだけど、書くとしたらどんな話になるかな。
パンの国の王様の話とか…。

そうなんだよ、先月、退院したんだよ。
みんなに声をかけてみるね。

<< THE CITY BAKERY あさがお >>