アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
原稿
悲しいのは、かんたん。
c0001023_19513017.jpg

このあいだ、待ち合わせまで時間があったので
駅ビルのなかの書店へ行った。
気になる本を2冊買ったが、まだ時間があったので
もんじゅ君といろいろな著名人の対談集をぱらぱらと眺めていたら、
坂本龍一のことばが目についた。
「悲しいときには、書かないとやってられない」
世界の教授でも、同じようなことを思うんだなと
ちょっと不思議な感じがした。

雨の日、ドトール。
アイスコーヒーを飲みながら、
ノートを取り出し、原稿のアイデアをまとめる時間が大好きだ。

「悲しい音楽をつくるのは、簡単なんです」
人間はもともとそっちのほうにできている、と坂本龍一は言っていた。
たぶん、本当にそうなんだろう。
そう考えると、お腹を抱えるほど笑って
そのあとになんにも残さないこと
−たとえば、三谷幸喜の芝居みたいな−って
なんて素晴らしいんだろうって思う。

今日書いた原稿は、農業の話。
雨の音を聴き、
今度はあったかいドリップコーヒーを飲みながら
5000字の原稿を書いた。
ごぼうみたいな土くさいにおい、
畑を渡る風のにおい、
からりと乾いたひなたのにおい、
いろんなにおいの、原稿を書いた。
by asian_hiro | 2014-06-06 20:08 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by saya at 2014-06-07 10:54 x
いつもステキな感性で語られるasian_hiroさんの文章を楽しみに読ませて頂いています。
悲しい音楽をつくるのは簡単という言葉、確かにそうなのでしょうね。
私も創作に携わる一人としてそう思います。
なんだか心がぱっと明るくなるような作品をつくってみたくなりました。
自分の心だけでなく誰かの心も明るくしてくれるような・・
Commented by asian_hiro at 2014-06-07 22:50
>sayaさん
コメントをありがとうございます。
こころがぱっと明るくなるような作品、いいですね。
わたしもそんな文章を書きたいと思いつつ、
あめの日、ちょっと気持ちもしっとり気味です…。
<< 限界 ZOPFのゲズンドブロート >>