アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ameen's ovenのスコーン
わたしの、3年前。
c0001023_19543525.jpg

朝、ニュース番組で「震災から3年」という言葉を聞いて
いろいろな光景が、あたまのなかに浮かんできた。
取材先で電車が動かなくなり、駅で立ち往生したこと。
携帯電話が使えず、公衆電話から実家に電話をかけ、
ひとまず無事だとわかり、肩からちからが抜けたこと。
駅の隣にあるレストランが開放され、そこでずっと待ったこと。
携帯の充電が残り5%となったとき、近くにいた女の人が
「よかったら」といって、充電器を貸してくれたこと。
誰かのラジオから聴こえる行方不明者の数があまりに膨大で、
これはいったい本当に現実なのか、まったく理解できなかったこと。
隣に座っていたおばあさんが男の子を示しながら
「この子、明日、水泳の試験があるんですよ。
でもこの調子じゃ、延期ですね」って、話していたこと。
夜中、ようやく電車が動き、
同じようにレストランで待っていたひと達と一緒に乗り、
「お気をつけて」と言って、別れたこと。
家に帰り、一晩中、電気をつけてふとんに入ったこと。
その間も、ずっとテレビはつけっぱなしで、
そうだ、翌朝はヨガスタジオへ行ったのだ。
怖くてどうしようもなく、ひとりでいられなくて、
とりあえずどこかへ行かなければと思った。
同じように考えたひとがスタジオには数人いて、
こんなときだからこそ、心をしずかにヨガをしましょうと
指導者の女性は言った。

ameen's ovenのスコーンは、
ダージリン&ロックジンジャーと
カラマタオリーブ&グリーンペッパー。
うららかな、陽射しのなかで。
by asian_hiro | 2014-03-09 22:27 | パンSPECIAL!! | Comments(6)
Commented by 暇海鼠 at 2014-03-09 23:04 x
生かされている我々は一人では生きて行けないものですよね。
Commented by やす at 2014-03-11 07:22 x
今日で丁度3年目。
あの日を境に人生が変わった1人として、生かされているということを改めて実感したいと思います。
Commented by asian_hiro at 2014-03-12 23:13
>暇海鼠さん
本当ですね。
「生かされている」という言葉の意味を
正直、まだきちんと理解できていないのですが
ときどき、「こういうことか」と感じる瞬間があります。
Commented by asian_hiro at 2014-03-12 23:15
>やすさん
もう3年、まだ3年。
あの日を境に人生がはっきり変わったわけではないのですが、
命をつなぐということとか、
大事なものを失っても生きるということとか、
身近な問題として、考えることが増えたように思います。
Commented by gon1442 at 2014-05-04 16:22
久しぶりにhiroさんのBlogをゆっくりと拝読しました。
 hiroさんの世界は自分にひとつ、気づきのヒントをくれます。
またのんびりと御邪魔します。

命いただいた日から、これから先も
しっかりと歩んで
Commented by asian_hiro at 2014-05-05 21:34
>gon1442さん
おひさしぶりです。お元気ですか。
たぶん、このblogを訪れてくださる方のなかで、
gonさんは最古参のおひとりですね。
いつも、ありがとうございます!
<< クリームソーダ ameen's ove... >>