アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
北国
どうしても、雪が降る様子を見たかった。
c0001023_2018990.jpg

福島を過ぎ、仙台を越える。
盛岡までは、たしかに快晴だったのだ。
c0001023_20181691.jpg

新青森に着いてホームにおりたとき、「空気が白い」と思った。
積もった雪が、ひかりを跳ね返している。
そして、そこから弘前へ。
c0001023_20181527.jpg

ホテルに荷物を置いて、弘前公園へ向かった。
タクシーの運転手は「今年は雪が少ないねえ」と言った。
c0001023_2024357.jpg

さくらの木を見上げ、満開の様子を想像する。
花を見るのもいいけれど、思いを巡らすのもいいものだ。
この時期、この街に来られてよかったと思う。
気付けばここはわたしにとって、本州の最北端だ。
c0001023_2018937.jpg

向こうにそびえるのは岩木山。
この街では、どこにいてもあの山が見える。
c0001023_20175046.jpg

いつからだろう、ずっとここに来たかった。
太宰も通った喫茶店、「万茶ン」。
c0001023_2018493.jpg

川沿いを遠回りして、ホテルへ帰る。
巨大なイヌの背後には、まんまるの月がいた。
宿では、満月を見上げながら露天風呂に入った。
c0001023_2018275.jpg

そして、雪国の朝。
すぐそこに五重塔があることに、初めて気付く。
c0001023_20175611.jpg

やっぱりわたしは、東北が好きみたいだ。
寒いのは苦手だし、凍った道路では何度も転びそうになるけれど、
それでも、しんとこころが引き締まる北国の寒さが大好きだ。
c0001023_20235678.jpg

列車に乗り、町のひとたちの会話に耳を澄ます。
あったかくてやさしいことばが、なぜかとても懐かしい。
c0001023_20175219.jpg

だけど本当は、雪がしんしんと降る様子を見たかった。
町が、みるみるうちに雪で覆い尽くされ、
世界中のあらゆる音が、雪のなかへ吸い込まれていく、
そんな静寂の世界を、どうしても見たかったな。
c0001023_2018081.jpg

でも、今年はこれでおしまい、
来年、また雪国へ行こう。
by asian_hiro | 2013-12-18 20:45 | | Comments(12)
Commented at 2013-12-18 21:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あゆ at 2013-12-18 21:18 x
東北を好きだと言ってくださって、ありがとうございます。
Commented by charak at 2013-12-22 07:08
いつも素敵なカフェの写真に癒されます!!私も雪国ですが、こんな風に素敵に写真をとっていただけるとうれしいですね。
Commented by aamui at 2013-12-25 19:53
ご一緒に行った気持ちです 有難うございます
Commented by mamakarin at 2013-12-26 23:39
静けさと冷たさと温かさが伝わってきました。
またゆっくり拝見させて頂きます。
ゆっくり珈琲を飲みながら、来年も楽しみにしています。
Commented at 2014-01-05 06:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2014-01-09 19:29
>鍵コメントさん
寒いのは苦手なはずなのに、
寒いところの景色や雰囲気は好きです。
また、東北へ行きたいと思っています。
Commented by asian_hiro at 2014-01-09 19:30
>あゆさん
いえいえ、こちらこそコメントをありがとうございます。
今回、友人が海外の古民家をリフォームして住んでいるのをみて、
つい、東北で古民家暮らしなど思い浮かべてしまいました(笑)
Commented by asian_hiro at 2014-01-09 19:31
>charakさん
お返事が遅くなってごめんなさい。
こちらこそ、うれしいコメントをありがとうございます。
雪国暮らし、経験のない私にとっては
想像を上回るほどのご苦労もあるのでしょうが、
それでも、うらやましいと思ってしまいます。
Commented by asian_hiro at 2014-01-09 19:31
>aamuiさん
これから少しずつ、不在にしていたときのことも
アップします!
今年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by asian_hiro at 2014-01-09 19:32
>mamakarinさん
今回は、わたしもたくさんコーヒーを飲んできましたが
今は、部屋でゆっくり生姜蜂蜜紅茶を飲む夜です。
今年もマイペースな更新になると思いますが
どうぞよろしくお願いします!
Commented by asian_hiro at 2014-01-09 19:33
>鍵コメントさん
いつもやさしい言葉をありがとうございます。
これからも、気持ちいいペースで言葉を重ねられたらいいですね。
<< おしまいとはじまり ameen's ove... >>