アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メール
ことばは、ときになみだを誘う。
c0001023_18414160.jpg

駅前に、チンドン屋さんがいた。
クラリネットが懐メロみたいなメロディを奏でていて、
それがとても心地良かったから
本当はもっと聴いていたかったのだけど、
あまり時間もなかったので発車間際のバスに乗った。
メロディは車内にいてもよく聴こえ、
うしろに座っていたおじさんが、小さな声で口ずさんでいた。
クラリネットの音色と、おじさんのうた、
それがなんだかこころの深いところに触れたみたいで
なみだをぎゅっとこらえるのに、精一杯だった。

わたしには、「これを言われたら涙腺が緩む」ということばがある。
はじめてそのことばをもらったのは大学生だったとき。
ある先輩からもらった手紙にそのことばが書かれているのを見た瞬間、
とにかく泣けて泣けて、しかたなかった。
かなしいのではなく、うれしいのでもない、
ただ、こころの奥深いところの扉が開き、
そこにやわらかい手が触れたような感覚なのだ。
先日、友だちからもらったメールにもそのことばが書かれていて、
夜中、一晩中なみだが止まらず、泣いては眠り、起きては泣いた。

最近、朝と夜に部屋でヨガを再開している。
特に、夜は音楽も電気も消して、
真っ暗ななかでヨガマットとブロックを使ってヨガをするのだけど、
これまで愛用していたJADEのヨガマットは、
この秋、屋上に置いておいたら強風で飛んでいってしまったので、
先日、気分一新でMandukaのマットを買った。
昨日の夜、眠る前にヨガをしていて、
ああ、そういえば昔、インドでヨガをしているときにも
なみだがとまらなくて、シャバアサナの時間に
ひとりでぼろぼろ泣いていたことがあったなと、ふと思い出した。
一度目は、ある人が遠くへ行ってしまうことを
日本からのメールで知ったとき。
二度目は、ある人との縁が遠くなってしまったことを
はっきりと悟ったとき。
そんなことを思い出しながら、昨日の夜、ヨガをした。

吸うことと吐くこと、どちらが大事か。
そんな質問を、ヨガではときどき尋ねられる。
吐けばおのずと新しい空気が入ってくるから
たいていの場合、こたえは「吐くこと」なのだけど、
呼吸だけじゃなく、たぶんこころもからだも同じなのだ。
古いものを吐き出さなければ、新しいものは入ってこない。
古い感情を手放さなければ、新しいものは生まれない。
それはときになみだとともに、からだの外に流される。
2時間のヨガの間に息をたっぷり吐き出し、
肺のなかの空気がすっかり新しく入れ替わったあとのシャバアサナで
ぼろぼろなみだがこぼれた理由も、いまならとてもよくわかる。

そういえば、いつからかなみだが右目からしか流れなくなった。
本気で泣く、ということばも変だけれど、
本当にぼろぼろと泣くときは、両目からなみだが流れるのに
軽くぽつりというときには、右目からしか出ないのだ。
涙腺のねじが、たぶんどこかで壊れている。
だから、なんてことのないチンドン屋さんの懐メロにも
不意に、なみだが落ちたのだろう。

インドのダラムサラで、毎回指圧をお願いするおじさんがいる。
「コロボックルおじさん」と勝手にわたしが呼んでいるそのひとと
はじめて出会ったのは5年くらい前のことで、
目が覚めるようなみず色の上下に、小さな丸い帽子をかぶり、
いつでも笑ったような目が印象的だった。
おじさんにはじめて指圧をお願いしたとき、
わたしはいろいろなことでこころもからだも完全にバテていて、
しかもその日、宿でうっかり火傷をしてしまったせいもあり
たぶん、からだが敏感になっていたのだろう、
おじさんは指圧をしながら「からだがfearを感じている」と言った。
今年6月、インドを訪れたときもダラムサラを出る前日、
指圧をお願いし、「あした、日本に帰ります」と挨拶したら、
おじさんは「またおいで」と、
笑ったような目をさらに細めながら分厚い手で握手してくれた。
いま、なんだかそのおじさんのことがとても懐かしくなった。


おととい、久しぶりにブログを更新したら
ある人からメールが届いた。
このブログをときどき読んでくださっているという人で、
長いメールには、その人のさまざまな感情が綴られていた。
「返事はいりません」と書かれていたので、わたしは送っていない。
だけど、その人のメールを読んで感じた内容であり、
自分自身への語りかけでもある今日の文章が
返事替わりになればいいなと思う。

話を聴いて欲しいと思うのは、
話の内容そのものに意味があるというよりも、
むしろ、話を聴いて欲しいと思う人がそこにいないことに意味があり、
聴いて欲しかった話がこころのなかに溜まれば溜まるほど
口から出ることばは、本当に話したいことからどんどん逸れ、
実体のない空虚なものになってしまうと思うのです。
夜中に書いたというメールには、
誰かに聴いて欲しかった、その人の真実がありました。
それは、わたしの真実をも眠りから覚まし、
過去という波のなかにわたしが置き去りにした
いろいろな感情を気付かせてくれました。
by asian_hiro | 2013-12-07 19:56 | 日々のこと | Comments(6)
Commented at 2013-12-09 07:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-12-11 13:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by なほ at 2013-12-12 00:22 x
ヒロ、元気?
私はとうとう社会に戻ってきたよ!
また一緒にコーヒーを飲みたいな。
ホットケーキを食べに鎌倉へ行きたいな。
いろいろ話したいことがあってメールしたけど、見てるカナ?
Commented by asian_hiro at 2013-12-13 21:43
>鍵コメントさん
どうもありがとうございます。
「気持ちいい」ほうでよかったです。
Commented by asian_hiro at 2013-12-13 21:44
>鍵コメントさん
はじめまして。コメントをありがとうございます。
うしろから2行目、まさにわたしの気持ちのようです。
凪ぐということ、最近よく考えています。
Commented by asian_hiro at 2013-12-13 21:45
>なほちゃん
ごめん、メール読んだ! 
返事が遅くなってごめんね。
コーヒー飲もう。ホットケーキも食べよう。
あの、高さ7cmのね。たっぷりシロップをかけてからね。
遅くなってごめん、戻ってきてよかった。おめでとう。
<< 校正 ヨガと音楽 >>