アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
渋皮煮
秋の夜長に、なにを想う。
c0001023_21541672.jpg

パソコンに向かい、
めんどうで、根気のいる仕事をしているときに限って、
なにかをじっくり煮込む料理がしたくなる。
先日、茨城へ出張に出かけたとき、
道の駅でとてもおいしそうなルバーブと栗を見つけたので買ってきた。
栗は、大粒のものから小粒のものまで
サイズ違いでたくさん並んでいたので、選ぶのが難しく
となりで栗を買おうとしていた地元のおじいさんに
「どれがおいしいと思いますか」と尋ね、一緒に選んでもらった。
たっぷり、1キロあまりの栗。
どうやって食べようと考えた結果、渋皮煮を作ることにした。
苦労して皮を剥き、
重層を加えたお湯で茹でて灰汁を抜いてから
何度も洗って、きれいになったところをシロップで煮る。
一晩経って出来上がったそれは、
ほっくり甘く、しっとりやさしい味がした。
ルバーブは、砂糖とレモン汁でジャムに。
去年も同じように、
ルバーブのジャムをひたすら作り続けた時期があったことを思い出す。
ついでに、一緒に買ってきたキタアカリはポテトサラダとコロッケに、
プチトマト各種は酸っぱいマリネになり、
残るミョウガは、甘酢漬けにしようと思っている。

栗の皮を剥きながら、秋を迎える準備だな、と思った。
実際は、季節はとっくに夏から秋へ様変わりしていて、
明日から10月、いよいよ秋本番というところにさしかかっているのに
わたしはまだ、道路を歩いていて
ひまわりを見つければ立ち止まって見上げ、
あさがおを見つければ、花びらのなかをのぞきこんだりする。
青空がすっかり秋の顔になり、
赤とんぼが時折、すいすいと飛んでいるのを見かけても、
やっぱり、夏の名残を探してしまう。
だけどその一方で、同時に秋のおとずれを慈しんでもいて、
秋は、たぶん一年でいちばん好きな季節、
だから、いつでも少しだけ遠くにあって欲しいのかもしれない。

秋の夜長に、なにを想う。
日記と向き合うか、音楽に耳を澄ますか、
先日買ってきたコーヒー豆は、まだ真空の袋にはいったまま、
とりあえず、ちょっと渋めの緑茶を飲みながら
いちばん身近な、明日という未来を迎える準備をする。
by asian_hiro | 2013-09-30 22:04 | 日々のこと | Comments(6)
Commented by M at 2013-10-01 18:49 x
とうとう10月。10月は周りに誕生日の人がとても多いよ。
自分自身の誕生日は忘れがちだけど、なぜか10月の人はインパクト強い人が多くて、必ず思い出す。
あっ、もちろんキミもね(笑)

コーヒーか、最近うまいの飲んでいないなあ。
日本に帰ったらどこかでうまいコーヒーが飲みたいな。どこか知ってる?
Commented by mamakarin at 2013-10-02 21:05
まだ夏の名残を感じつつの秋支度。
お料理とってもおいしそう、さくさく出来上がるとこを想像してしまいました。

ルバーブ美味しいですよね!でも日本ではまだ見たことなくて。
アイルランドで食べたルバーブのタルト、また食べたいなぁ。
Commented by asian_hiro at 2013-10-02 23:09
>Mさん
思い出してくれてありがとうございます。
「インパクトが強い人」というのが、ちょっと気になりますが(笑)

おいしいコーヒー、そうだなあ。
やっぱり、コーヒーはどこで飲むかも大事なので、
結局、部屋でのんびり飲むのがいちばんだって
思ってしまいます。
Commented by asian_hiro at 2013-10-02 23:10
>mamakarinさん
料理の手際はいいと思うんですけどね、
どーんとつくる、おとこの手料理みたいですが(笑)

ルバーブ、ときどき日本でも売っていますよ!
海外だと赤いものもありますが、こちらで見かけるものは
グリーンがほとんど。
ルバーブのタルト、とてもおいしそうです!
今回のジャムはすべて食べてしまったので(早過ぎ!)、
今度、ルバーブを仕入れたら作ってみよう。
Commented by a-monly at 2013-10-09 17:17
最後の一文がいいなって思いました。
栗を煮たり、ジャムを作ったり・・・そういったhiroさんの丁寧な生活が好きです。
そして、飽きる事を知らないhiroさんを素敵だなって思います。
私も、一年のうちで秋が一番好きです。家を出たときの澄んだ空気に変わった瞬間や、ちょっと寂しくて人恋しくなることや・・・

10月はお誕生日月ですね^^
Commented by asian_hiro at 2013-10-09 22:26
>a-monlyさん
丁寧かどうかわかりませんが、好きなものはとことん好き、
やりたいことはとことんやる、というのが
わたしという人間みたいです(笑)

10月は誕生月ということもあって、
たぶん、一年でいちばん好きな月です。
ちょっとさみしくて、ひと恋しくなる感覚も含めて。
<< 強さ 日曜の朝に >>