アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
かけがえのない
そこにあるのは、執着と愛情の境目。
c0001023_2053462.jpg

喫茶店で文章を考えるときは、
たいてい、iPhoneで音楽を聴いているけれど、
別に、音楽がなくたっていいし、
ときどき、となりの人たちの会話に耳を澄ますのもいいものだ。

部屋にいるときは、だいたいMacで音楽を流しているけれど、
特に、なにもかけなくたっていいし、
窓のそとを渡る風のおとに耳を傾けたり、
通りを走るバイクのエンジン音から、
バイクの姿や運転する人の様子を想像するのもとても楽しい。

かばんのなかには、いつも日記帳と文庫本が入っているけれど、
なければないで、
その分、自由に過ごすことができるし、
肩にかかる重みが無い分、どこまでだって歩いていける。

長袖のシャツ1枚で過ごせるくらい、あったかい日も好きだけど、
ことばが喉から出て来ないくらい、寒い日も好きだし、
ギュッとTシャツを絞れるくらい、たっぷり汗をかくような日も好きだ。

とおくの海や、山や、田舎町へ出かけたりするのも好きだけど、
部屋でおしゃべりしたり、お茶を飲んだり、
のんびりしたりするのも好き。
ひとりで過ごすのも好きだけど、誰かと過ごす時間も好き。

世のなか、「これじゃなくちゃダメ」というものは
意外に、とても少なくて、
だからこそ、
「これじゃなくちゃダメ」って思えるものは、
ぜったいに、手放しちゃいけないんだな。
by asian_hiro | 2013-08-13 21:04 | 日々のこと | Comments(12)
Commented by はるる at 2013-08-13 23:16 x
これじゃなくっちゃだめというものがこの人でなくっちゃだめで、だけど人の心は変わっていって。。。というのが冷凍保存したいわけでもあります。でも冷凍保存しても意味ないことも重々わかっちゃいるのよね。
全ては自分が源ですべては1processかな
Commented by asian_hiro at 2013-08-14 08:32
>はるるさん
執着と愛情の境目は、まさにそんなところにあるのだと思います。
わたしのヨガの先生は、いつも
“Keep patience”
“Enjoy the moment” 
“Appreciate yourself”とおっしゃいます。
はじめ、その先生のもとでヨガを学び始めたときは、
patienceも、appreciateの意味もわからず
何度も何度も、先生のところへ質問に行きました。
でもそれ以来、少しずつわかってきたんです。
appreciateとは、自分を受け入れること、
どんなとき、どんな自分であっても、です。
自分を受け入れられないひとが、
他者を受け入れられるはずはないですものね。
そして、patienceとは我慢ではなく
まさに、この瞬間を観察するということ、
水槽の水の濁りがおさまり、
水が澄んでいくのを待つような感じです。
それを理解して、ようやく“Enjoy the moment”の意味が
わかるようになりました。
Commented by はるる at 2013-08-14 14:55 x
hiroさん、ありがとうございます。濁っている自分を否定することなく受け入れて手離せたら・・・ねー。物理的に離れるというのはなんともいえない不安が芽生えますね。
Commented by asian_hiro at 2013-08-14 22:44
>はるるさん
濁りは永遠ではなく、澄んでいる状態も永遠ではない、
物理的に離れている状態も永遠ではなく、
そばにいることも永遠ではない、って
ヨガ的哲学で考えたら、そうなるかなと思います。
…が、「なんともいえない不安」もわかりますよ。
続きは、次回お会いしたときに!
Commented by 白鳥 at 2013-08-14 22:53 x
すみません,お邪魔します。ご存知かも知れませんが,昔,ダライ・ラマが,講習会で最後に,“泥水をコップにすくって,それを置いておくと,始めは何も見えない泥水だけど,時間が経つと,土と透き通った水に分かれます。その水が,人間の本質です。”と仰有っていました。どんな人でも,綺麗な心を持ってると思える言葉に胸打たれました。そして,印象深かったので,その話しか,覚えていません(^-^;ゞ
Commented by asian_hiro at 2013-08-14 23:13
>白鳥さん
コメントをありがとうございます。
誰でもきれいな心を持っている、
それを、あれほどの困難をくぐり抜けてきた
ダライ・ラマがおっしゃったというのが印象的ですね。
わたしもダラムサラで数回、
ダライ・ラマにお会いしたことがあり、
そのうち一度は握手していただきました。
「タシデレ(こんにちは)」と手を差し出すと
同じようにあいさつをしてくださったのですが、
そのとき、えんじ色の衣からのぞいた腕が
お年に似合わず、とても太くて逞しかったことが
いまでも忘れられません。
この腕で、たくさんの敵と戦ってきたんだなと
とても感慨深い気持ちでした。
Commented at 2013-08-15 19:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2013-08-15 22:27
>鍵コメントさん
お誘い、ありがとうございます!
確認して、お返事しますね。
Commented by 白鳥 at 2013-08-17 22:14 x
ダライ・ラマにお会いして,握手までして頂いたなんて,凄い感動的ですね(*≧∀≦*)会えるんですね☆ドキドキしました!?

私は武道館の一番後ろの席から,ダライ・ラマを拝見しました。とても暖かそうな気さくな人柄に,魅了されました☆
又,来日して,講演して下さると良いのですが…(^-^)行った事のない,インドに行ってみたくなりました☆
Commented by asian_hiro at 2013-08-19 00:32
>白鳥さん
わたしは結構、ダライ・ラマの目撃率は高くて、
車でお出かけになるとき、たまたまわたしもお寺のそばにいて
車窓ごしにダライ・ラマをお見かけしたり、
講演会があるのを知らずにダラムサラへ出かけて
運良く出席することができたり、
勝手に、ご縁があるのかもと思っています。
今度はわたしも、日本でお会いできるといいな。
Commented by かよ at 2013-09-22 08:31 x
はじめまして。
たまたまblogを見させてもらいました。

頭ではわかってるけど、
そういうこと、
ついつい忘れて過ごしていることが多い。

このblogを読ませてもらって、
なんだか、
うまくいえないけど、
心の奥から、
うわーーーっと
うれしいものが湧き出して、
どうしても伝えたくなったので、
コメントしちゃいました。
ありがとうございます。
いつかYogaのレッスンしてもらいたいです。
Commented by asian_hiro at 2013-09-26 23:02
>かよさん
コメントをありがとうございます。
そして、お返事が遅くなってごめんなさい。

心の奥からうわーーーっという感情が沸き出す感じ、
わたしにもわかります。
だから、そういう気持ちをこのブログに感じていただいたことが
とてもうれしいです。
どうもありがとうございます!
ヨガのレッスン、いつか機会がありましたら!
<< 夜空 アクセント >>