アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
哲学とアイスコーヒー
わたしがわたしであるというプライドだけは失くさない。
c0001023_19335585.jpg

途中に通りかかったベローチェで、アイスコーヒーを飲んだ。
かばんから日記帳を取り出し、2ページ書き終わったところで、
さっき、amazonから届いたばかりの
「<子ども>のための哲学 」を開く。
ひとは、なぜ悪いことをしてはいけないのか。
なぜ、自分はこの世に存在するのか。
そんな問いを真正面から考えるには、今日の気温は暑過ぎて、
クーラーが効いているはずの店内でも、
グラスの氷は、みるみるうちに溶けていく。
ひとは、なぜ生きているのか。
わたしはなぜ、今、この場所にいるのか。
耳に突っ込んだイヤフォンから聴こえるのは、
Allen Toussaintの、遠くで囁いているようなSouthern Nights。
隣には、スポーツ新聞に向かって
なにやら熱心に書き込んでいるおじさんがいる。
「ぼく」という言葉はいったい何を示すのか。
記憶がすべて別の物にすり替えられても、
それは相変わらず「ぼく」なのか。
哲学の道の入口に立つための、質問の波は止まらない。

本の内容は決して簡単ではなく、
時折、戻り読みしてしまう部分もあるけれど、
これがもし、ほんとうの意味での「子ども」のための本ではなくて、
子どものように、
自分が何も知らないことを知っているおとなのための本だとしたら
充分、わたしには読む価値がある。
いいえ、わたしは何も知らないわけではないのです。
ほんとうに知るべきことの扉の前で、
扉を開くタイミングを、ただ計っているだけなのです。

氷がほとんど溶けてしまったアイスコーヒーを飲み干して
本を閉じ、日記帳をしまって、ベローチェをあとにする。
あしたは日曜、あさっては月曜、その次は火曜、
当たり前だと思って、淡々と受け入れていた事実にも
もしかしたら、まだ考える余地があるのかもしれないと
真夏の太陽に照らされた緑道の、ど真ん中を一歩一歩進みながら、
さて、ひとまず今晩の夕食はなににしようと考えた。
by asian_hiro | 2013-08-10 20:31 | 日々のこと
<< アクセント セントル・ザ・ベーカリーの食パン >>