アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
問いかけ
あの人にも、この人にも。
c0001023_21512558.jpg

昨晩は早いうちから屋上へ上がり、
夕日を眺めながら、ゆったりしたペースで太陽礼拝を繰り返した。
最後に逆立ちのポーズで、夜空に向かって両足を突き上げたら
なんだかとてもいい気分になって、
そのまま、うっかりヨガマットの上で眠り込んでしまった。
寒さで目が覚めて夜中に部屋へ帰り、
それからコーヒーを飲み、こつこつと原稿を書いた。
c0001023_21505669.jpg

その原稿を持って、今朝、いつものドトールへ行った。
「書く」という仕事をしていて一番楽しいのは原稿を推敲するとき。
バッサバッサと余計なものを切り落とし、輪郭を際立たせる。
そうやって浮かび上がってきたものは、
わたしの想像を遥かに超えた着地点に到達することもあり、
そんな原稿を10回、20回と読み返しながら
わたしはその文章を一度、こころのタンスにしまい込む。
原稿が活字になったあと、わたしが再び読むことは99%ない。
c0001023_21504430.jpg

ドトールで隣に座った男性の2人組が
「会社員なんてさあ、我慢の連続だよな」と話していた。
「まあ、それで給料もらってんだもんな」
それを聞きながら、わたしは以前ニューヨークで暮らしていたとき、
日本語新聞の、読者からの質問を受け付けるコーナーで、
「ニンゲンは、どこまで我慢をすればいいんですか」という
小学生からの問いかけを読んだことを思い出した。
c0001023_2150265.jpg

回答者がどう答えたのか、ちっとも記憶にないのだけど、
「こころが、泣かない程度にね」と、わたしはその日の日記に書いた。
自分が一度書いたことは、ほぼ完璧に忘れない。
その後、考えが変わったとしても一度辿った思考の軌跡は覚えている。
だけど、
「こころが、泣かない程度にね」
それにはまず、「泣いている」ことに気づくという前提があったのだと
今日、はじめて気がついた。


写真は、すべてデリーのジャマーマスジッドとその付近。
この間の旅では2度訪れ、
毎回、石段に腰掛けてひとの様子を長い間、眺めていた。
by asian_hiro | 2013-07-30 22:17 | 日々のこと | Comments(2)
Commented at 2013-07-31 08:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2013-08-01 01:02
>鍵コメントさん
そうしましょう!
どうもありがとう。本当に、わざわざ。
また、連絡します。
<< 記憶 あかね色 >>