アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
想像
うたは歌うまでは、うたではなく、
愛は与えてこそ、愛となる。
c0001023_033247.jpg

フラメンコを習おうかなあ、
津軽三味線もいいなあ、
やっぱり、ベリーダンスでおんなを磨くか…なんて考えていたのに、
結局、選んだのはギターだった。

ほんとうにやりたいと思ったことや
逃しちゃもったいないと思うことは、
考えるより先に、足が自然と動いていて、
そうやって、ことばが追いつく前に動き始めたものごとは
だいたい、うまくいくと経験則的に知っている。

執着やこだわりが、ときに自分を苦しめるものになる以上、
人生で、これじゃなくちゃだめっていうものは
少ないほうがいいのかもしれないけれど、
だからこそ、その数少ない「これじゃなくちゃだめ」は
ぜったい、逃しちゃいけなくて、
こころの弱さや未熟さが顔を出し、
それを逃してしまったときの辛さをあらかじめ覚悟しておこうと、
気づくと、いやなことをいっぱい想像してしまったりするのだけれど、
足は、視線の先に進むもの、
いやなことを想像するのはもうやめた、
歩くことだけ考える。

それを信じるんじゃないよ、
それを信じる、自分を信じるんだよ。
たぶん、それだけでいろんなことがうまくいく。
by asian_hiro | 2013-05-17 00:50 | 日々のこと | Comments(10)
Commented by smile-monmo at 2013-05-17 07:07
はじめまして。いつもこそっと立ち寄らせています。
私の胸の内が、つらつら綴られてるような感覚になることが多々あり、、とうとうコメント欄にきてしまいました・・・
シンプルに生きたい。惑わされたり浮ついたりざわついたり。そういうことも大切なんだろうけど。

執着やこだわりが、ときに自分を苦しめるものになる以上、
人生で、これじゃなくちゃだめっていうものは
少ないほうがいいのかも。。。って、またしても胸の内がコトバになっててハッとさせられたのです。そして逃がさないように感じることってなかなかむずかしいです。。

いつもハッとさせてくれて感謝です♪
Commented by kotorilo at 2013-05-17 20:38
こだわり・・・
執着という意味のこだわりの無い人は自由ですね。
でも、何か譲れないものがあるほうが人間は面白いと思う。
執着と譲れない何か、微妙だねぇ・・・
Commented by はるる at 2013-05-18 00:04 x
私も前はいつも自分を苦しめないために「逃げ」を作っていました。だって好きなもの(人)を諦めなくてはいけない、失うことって本当に辛くて苦しくてそんな思い嫌だ!って。
でも今はちょっと違う。苦しくなるだろうなという予感さえも引き受けて「大事にしていきたいな」と思ってる。
そんな自分を信じられたら・・・・
Commented by mamakarin at 2013-05-18 19:49
「これじゃなくてダメ」は20代に比べたら随分減って
それは楽になった一方で、これでいいのかなぁと思うこともあり。
いったんシンプルに箱が空になったら
また少しづつ増えていくのかな、これじゃなくちゃダメ、な大事なものが。

このドラちゃんかわいい!
何故何故みどり?よく見たら何かかぶってる!?
小さなおしりに短い手足、とってもキュートです。
Commented by asian_hiro at 2013-05-18 20:01
>smile-monmoさん
はじめまして。コメントをありがとうございます。
シンプルってなんだろうなって、最近思います。
手に取りたいもの、取るべきものを見つけたとき
いつも手が空いているように、
カラッポにしておきたいと思いながら、
果たして、
カラッポにすることが目的になってしまっていないかと。

このブログ、
なぜか「こそっと」ご覧になっている方が多いのですが、
コメントをありがとうございました!
Commented by asian_hiro at 2013-05-18 20:03
>kotoriloさん
「譲れないなにか」と「執着」の違いは、
それを手放したとき、初めて知ることができるのでしょうか。
以前、「手放す」ということについて
繰り返し、書き続けた時期がありました。
当時はどうして「手放す」ということにこだわっていたのか、
そのこだわりこそ、執着だったのだな、と
今になって、思います。
Commented by asian_hiro at 2013-05-18 20:06
>はるるさん
感情を引き受け、予感を引き受け、
そうやって、なにごとも覚悟しながら引き受ける。
意識しながら片付ければ
どこになにを置いたのか忘れることがないと言いますが、
意識して、覚悟しながら片付けた感情も同じように
きれいに消化できるのかもしれませんね。
Commented by asian_hiro at 2013-05-18 20:08
>mamakarinさん
わたしも20代の頃に比べたら、
だいぶ「これじゃなくちゃダメ」が
少なくなったような気がします。
いい意味でも、悪い意味でも
「どうでもいい」という諦念でしょうか。

これ、取材先で見つけたんです!
かわいくて、思わず写真におさめてしまいました。
Commented by はるる at 2013-05-20 02:06 x
未来はどうであれ、今大事という気持ちにシンプルに向き合おうかなとも。たとえ何があっても今まで大丈夫だったんだからこれからもきっと大丈夫
Commented by asian_hiro at 2013-05-20 17:42
>はるるさん
わたしは「この世に起こることはすべて良いことである」と
理屈抜きで信じているので、
今の気持ちに素直に向き合えば、ちゃんと正しい方向を
おのずと選択できるのではないかなと思っています。
<< ZOPF 三日月 >>