アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
紡ぐ
言葉は、うそをつかない。
c0001023_18534322.jpg

もとより、言葉は伝わらないと思っているから、
伝えたい、伝わって欲しいと、一生懸命になる。
100%伝わるとは思わないから、
たとえ10%だとしても、通じたらとてもうれしい。

だけどその一方で、
ひとのこころをかたちにしたものが言葉なのだとしたら、
伝わらない言葉なんて、どこにもないと信じている。
それが、こころのなかで紡がれる言葉だとしても、
相手の目を見ながら伝える言葉だとしても、
伝わらない言葉なんて、どこにもないと思っている。

「文章を書くとき、あなたが考えていることは」と
以前、質問されたことを思い出した。
たぶん、わたしが考えているのはこれだけです。
by asian_hiro | 2013-04-02 20:21 | 日々のこと | Comments(8)
Commented by 暇海鼠 at 2013-04-02 21:30 x
言葉は同言語の日本人相手でも10%でも伝われば良しで
異国の地では相手の目を見て伝える言葉は拙くても伝わる。
伝わると、理解されるは別者です、、、。
hiroさんの仰る事は分かってると思いますが、、、、。
Commented by asian_hiro at 2013-04-02 21:38
>暇海鼠さん
まったく別の話かもしれませんが、
取材をしていて、ときどき泣きそうになる瞬間があります。
それはたぶん、相手の想いや気持ちがわたしのなかに
波のように伝わってきて、
その熱さや強さにわたし自身が共振しているんだと思います。
「伝わる」と「理解する」は確かにべつものかもしれませんが、
「伝わる」や「伝える」ということが、
相手を「理解する」第一歩かなと思っています。
Commented by はるる at 2013-04-03 12:10 x
自分の思いをだれかに伝えたいと思うとき、それをどんな言葉にしたら伝わるんだろととても切ない気持ちになることがあります。先日ある場面で彼に「言葉にしてほしい」とお願いしたのですが、「言葉はどうにでもいえるから」と何も返ってこなかったことがあります。
仕事でどれだけわかりやすく伝えようと工夫しても、それとプライベートは違うんだなと、納得したような寂しい気持ちになったような。。その人その人のこだわりにどれだけ沿えるかもありますね。
Commented by asian_hiro at 2013-04-03 20:34
>はるるさん
同業者として、わたしはその男性の気持ちがわかる気がします。
わたしの場合、特に肝心なことを口にできないときほど、
「書いて伝えればいい」と思ってしまいがちなんです。
本当は面と向かって言葉を伝えたほうがいいのにね。
だからわたしは、メールなどの文章を書くとき、
素直な気持ちで書こうと、心がけています。
これは絶対に譲れない自分のルールです。
とはいっても、その男性の気持ちもわかるんですけどね…
真剣だからこそ、本人が意識しようとしまいと、
小手先でどうにでもなってしまう言葉で伝えることを
拒んだのではないかな、きっと。
Commented by 暇海鼠 at 2013-04-04 00:40 x
hiroさん、ありがとう。
第一歩、心がけます。
Commented by はるる at 2013-04-04 14:12 x
hiroさん、ありがとうございます。自分のネガティブな心癖では気づけなかった視点です。ほんとうのところはわかりませんが言葉にすることが最上ではないということを心に留めておきます。ただ昨日ある方と話して、この人とずーと話していたいと思う瞬間がありました。言葉と言葉が共鳴し、ほとばしるというような。久しぶりの感覚でした。
Commented by asian_hiro at 2013-04-06 17:46
>暇海鼠さん
わたし自身、毎日試行錯誤の連続ですが
なにより、第一歩が肝心だと思っています!
春だし、暖かくなってきたし、気持ちも軽くいきたいですね。
Commented by asian_hiro at 2013-04-06 17:50
>はるるさん
言葉と言葉が共鳴する感覚、わかる気がします。
言葉は口から飛び出た瞬間、いのちを持って飛び回りますから、
そういう化学反応を生み出すこともあるのだと思います。
<< 衝動 執着 >>