アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
さくら
空を見上げるのは、なんのため。
c0001023_13134145.jpg

大勢のなかに、たったひとりでいることを孤独と呼ぶなら、
わたしはたぶん、孤独に強い人間だ。
だけど、孤独に強い人間が
かならずしも、さみしさに強いかというとそうではなく、
むしろ、さみしさが立ち入ってこないよう、
孤独という針金を、自分の周囲に張り巡らせてしまったような
感じもする。
c0001023_13135169.jpg

こころを鍛えれば鍛えるほど
孤独に勝つことはできるかもしれないけれど、
それだけでは、さみしいという感情を消し去ることはできなくて、
反対に、孤独に強くなればなるほど
さみしいという感情も、強まっていくのだと、
そんなことに気がついた、曇り空のさくらみち。
水に映るさくらを見ながら、また、明日も歩こうか。
by asian_hiro | 2013-03-26 14:33 | 日々のこと | Comments(8)
Commented at 2013-03-26 17:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by はるる at 2013-03-26 18:34 x
はっとするほど美しい桜の写真と心を打つ言葉をありがとうございます。何度も読み替えました。孤独とさみしさ。。。そんな風に自分のありようを内省して言葉にできるhiroさんほんと素敵です。(前に書いたhiroさんでも探すの?という問いかけはhiroさんの中にはもうあふれんばかりの言葉のストックがあるのではないかと思ったのですが、だからこそ、なのですね。) 私の片思いは一旦落ち着きました。誤解を恐れずに言うならば、「片思いは終わった」です。といってもるんるんになるわけではないのですが、こういう人とつきあっているという立ち位置で覚悟きめていこうと思いました。相手はかわらないけど、自分が変わる気がします。
Commented by asian_hiro at 2013-03-26 21:23
>鍵コメントさん
孤独とさみしさ、それらは似ているようで違うものだと
最近、ようやく気がつきました。
孤独をいやすことができるのはたぶん、自分自身です。
でも、さみしさをいやすには、
なにか、あたたかいものが必要だと思うんです。
Commented by asian_hiro at 2013-03-26 21:26
>はるるさん
片思いは終わった。きっと、良い方向へ進んだのでしょうね。
るんるんでなくても、一歩、前へ進んだということは
素敵だと思います。
「相手は変わらず、自分が変わる」ということも素敵です。
1週間や1ヵ月、あるいは1年が経ったとき、
はるるさんは今のはるるさん自身を
懐かしく振り返ることがあるんでしょうね。

あふれんばかりの言葉のストック、たぶん、
わたしのこころのなかにはあるのです。
でも、ストックがたくさんあることと、
そのなかからいちばんぴったりな言葉を見つけてきて、
「はい!」って誰かに手渡すことは、
まったく別のことだなーって思うんです。
Commented by 暇海鼠 at 2013-03-26 22:49 x
今日の言葉 心に残りそうです。
桜は一人で見るのが好きです!
ワクワクして、そして悲しくて、、、。
私は、毎年一人で桜を追います。
Commented by asian_hiro at 2013-03-27 16:06
>暇海鼠さん
ワクワクと悲しさ、わかるような気がします。
花の中でも、こんなに複雑な気持ちを感じさせてくれるのは
桜くらいじゃないかなって思います。
東京の桜は今日の雨で多少散ってしまいそうですが
関西のほうではいかがですか?
Commented by 暇海鼠 at 2013-03-27 18:12 x
hiroさん時間のある時見て下さい。日曜日位のにうちのご近所だけですが桜撮ってます。instaでも見てもらってますが…
Commented by asian_hiro at 2013-03-27 19:46
>暇海鼠さん
ありがとう! 拝見しました。
お寺の桜、とてもきれいです。
お寺や神社と桜の花は、どこでもベストマッチですね。
<< 連続 種 >>