アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
旅の記憶
目を瞑り、においだけを手がかりに。
c0001023_2215213.jpg

先日の香港で、友だちに勧められて白荷油を買って来た。
メンソールのすうっとする香りは花粉症のこの時期、快適だ。
部屋を掃除するとき、雑巾に一滴垂らすといいと聞いたので、
早速今度、やってみようと思っている。

部屋でときどきアロマオイルをたくのだけど、
香りはいつもラベンダー。
昔からラベンダーが大好きで、
ローズ、ラベンダー、カモミールの三択なら間違いなくラベンダー、
そこにレモングラスが加わったら、ちょっと迷うけれどラベンダー、
もしジャスミンが加わったら、かなり迷って、
それでもやっぱり、ラベンダーを選ぶだろう。

ラベンダーの香りが好きになったのは、
たぶん、初めてもらったお香がラベンダーだったからだ。
北海道のおみやげでもらったそのお香は、
淡い紫色のとても洒落た箱に入っていた。
毎晩一本ずつマッチで火をつけ、その香りのなかで
本を読んだり、日記を書いたり、ぼんやり考え事をしたりした。
北海道にはこんなに素敵な香りがあふれているんだって
一面のラベンダー畑を想像しながら目を閉じた。

香りを探して、旅に出る。
そんな旅もいいものだと気づいたのは、だいぶ大人になってからだ。
東南アジアの路地裏では、
民家の窓からもれてくるナンプラーやパクチーの香りに立ち止まり、
インドやパキスタンでは夜行バスが深夜に立ち寄る食堂で
強烈なスパイスのシャワーを浴びせられ、
エジプトや中東の市場ではエキゾチックな乳香の香りが漂うなか、
ふたつの目だけが覗く、黒いアバヤを着た女性たちの
ひそやかなおしゃべりに耳をすました。
わたしの記憶には、「香り」という索引があり、
いつでもそれを手がかりに、過去の旅を思い出せる。
ほら、これは南インドで嗅いだカレーリーフの刺激的なにおい、
こっちはイランで飲んだ、ダマスクローズの華やかな香り、と。

先日の香港では、あちこちから漢方や乾物のにおいがした。
地図に頼らず、においを手がかりに町を歩き、
干した牡蠣や不思議なドライフルーツをいくつか買った。
気になる店があったら軒先を覗き、
おもしろいものがあったら、店主に見ぶり手ぶりで話しかける。
わたしはそんな旅が大好きだ。


香港から戻ってきたばかりで、あしたは北の方角へ一直線。
北海道へ飛ぶのは15年ぶりだ。
ひと針分、冬の方角へ時計を逆回転させるけれど、
東京へ戻って来たらふた針分、春の色が濃くなっているんだろうな。
by asian_hiro | 2013-03-04 22:22 | | Comments(10)
Commented by 暇海鼠 at 2013-03-04 22:49 x
北海道のどこかな?
今年は豪雪らしいから呉々も気をつけていってらっしゃい。
又どんな写真が届くのか楽しみです♪
Commented by MASA at 2013-03-04 23:41 x
こちらは今日、東京へ入りました。
TOKYOに着くと醤油のにおいがするって外国人は多いね。日本人だとあまり感じないけれど。
この時期の札幌は大変だね。寒さに気をつけて。
もし東京へ帰ってきた後に時間があったら連絡ください。
たぶん来週一杯こっちで仕事をする予定だから。
Commented by gon1442 at 2013-03-05 14:53
今日は本当に春中日のような気温ですね。
北海道はどうですか? 猛威をふるった寒気は遠ざかりましたが、気をつけてくださいね。
気温差、移動で体調崩さないように、楽しんでください。
Commented at 2013-03-05 23:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2013-03-08 19:23
>暇海鼠さん
札幌から今日、帰ってきました!
わたしは寒いところが苦手だと思っていたのですが、
案外、雪国が好きなんだということを発見。
雪にものおとが吸い込まれるような静けさが印象的でした。
Commented by asian_hiro at 2013-03-08 19:24
>MASAさん
東京に着くと醤油のにおい、
インドに着くとスパイスのにおいってよく言いますね。
わたしはインドに着いて、空港から町に向かう途中に
実感するかな。

まだ東京ですか? わたしは札幌から帰ってきました!
Commented by asian_hiro at 2013-03-08 19:26
>gon1442さん
本当は円山公園から続く原生林を散歩したかったのですが
寒さと雪のために断念…。
雪の札幌もとてもきれいだったけれど、
今度はもう少し暖かい時期に行ってみたいなと思いました。
東京の暖かさにはびっくり! 
いつの間にダウンやブーツの季節は終わってしまったんでしょう。
Commented by asian_hiro at 2013-03-08 19:27
>鍵コメントさん
なんと、すでに顔がバレているとは…(苦笑)
札幌では3つのスタジオでヨガを体験してきましたよ。
それぞれ特徴があり、
「わたしが札幌に住んだら〜」と妄想するのが楽しかったです。
Commented by a-monly at 2013-03-13 12:30
素敵な日記を読ませていただき、ありがとうございます^^
旅で一番記憶に残っているのは香りかもしれない・・・と数年前から思うようになりました。
コーヒーを飲んだ空港のカフェの香り、キーンと澄み渡ったNYの朝の香りやどこかの街で入ったパン屋さんの香り、そして大好きなあのお家の香り・・・そんな香りを一瞬感じた時、その場所へ無性に行きたくなり、懐かしく思い出します。
そして数日前は、春の香りでhiroさんが行かれたばかりの香港へ、今すぐ飛びたくなりました!
Commented by asian_hiro at 2013-03-13 22:03
>a-monlyさん
旅で出会う香りには、ちょっと特別感がありますね。
山には山の、海には海の、街には街の、
独特な香りがあるような気がします。
たぶん、私達が何気なく暮らしているこの街も、
よそから来た人にとっては、
特別な香りを感じるかもしれませんね。

いまは、雨の香りが流れている夜です。
<< メール 歯車 >>