アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
トルコ、海峡のサバサンド
中国からスタートした旅は西へ、西へと進みトルコまで来た。
バスでイスタンブールへ到着したのは夜中の2時。
真っ黒い海を越え、橋の向こうにポツポツと明かりが見えてきたときは、眠気も忘れて鳥肌が立つ思いがした。
モスクの塔に灯る光。大きなカブトムシみたいなこんもりした丸い影が、小高い旧市街に点在していた。

翌朝、ガラタ橋へ行った。
ヨーロッパとアジアを分ける海峡にかかるその橋のたもとでは、たくさんの「サバサンド」屋台がある。
バゲットを割り、素焼きしたサバの半身とカットした玉ねぎ、トマトをいれただけのサバサンド。
テーブルに置いてあるレモンや塩を各自で勝手に振ってかぶりつく。
c0001023_771123.jpg

「アジアへ帰ろう」。そう思った。
海の向こうはヨーロッパ。私が今、立っている場所はアジアの一部。
その境目を眺めつつ、なつかしい脂のにじむサバのサンドを食べながら、私は自分の帰る場所を思い出した。
旅の記憶はいつもたべものとともにある。
そして、大切なこともたべものが教えてくれる。
c0001023_7113225.jpg

イスタンブールの景色。
10月とは言え、雨も多くて寒かった。
でもこの町はノスタルジーであふれていて、ただ歩いているだけでさえ、西洋も東洋も、中東も日本も、キリスト教もイスラムも、いろんなものが味わえた。
by asian_hiro | 2005-06-01 07:24 | 日々のこと | Comments(9)
Commented by かすみ at 2005-06-01 08:44 x
こんにちは。
トルコって本当に不思議な国ですね。行ったことはないのですが
テレビなどで西洋、東洋、中東の文化の混ざった神秘的な国として
伝えられていますが、まさにその通りなのですね!

サバサンドも同じくテレビで紹介されていたのを見て「えぇ~っ!」
と驚いたのですが向こうではさしずめニューヨークのホットドッグ屋さん
のようになじまれているようですね。
作ろうと思えば家でも簡単に作れるそうですがやっぱりトルコで
食べるのが一番美味しそう!
Commented by akko at 2005-06-01 09:29 x
サバサンドすごい!圧巻!
はさんだまんま、ってとこもステキだね♪
ロールケーキも美味しそう。
ロールケーキってここ数年静かなるブームがきているなー。
Commented by asian_hiro at 2005-06-01 09:31
>かすみさん
トルコは本当にいい国ですよ。
日本人が多く住んでいるのがよくわかります。あの国なら違和感なく溶け込めそう。
「サバサンド」はイスタンブールだけで食べられるものらしく、ほかの町では見かけることがなかったのですが、これは日本でもいけると思いました。
バタールみたいな太目のパンに脂ののった鯖を網で焼いて、たまねぎ1/6カットとトマト1/4カットを挟んだら出来上がり。
ベトナムのバインミーもそうですが、その国独自のパンの食べ方を日本で再現するのも楽しいですよね。
Commented by asian_hiro at 2005-06-01 09:34
>akkoさん
サバサンド、本当に見たまんまでしょう!
これはジューシーな鯖だからできるんだろうな。
ほっけじゃでかすぎるし、さんまじゃ細すぎるし。
海風に吹かれながら立ち食いしたのが良い思い出です。

ロールケーキ、ひそかにブームだよね。
新宿高島屋に冨久家のケーキも来てたな。そういえば。
Commented by ヒカリン at 2005-06-01 17:03 x
サバサンド~。大好きです。(;゚∀゚)=3ムフー
毎日店を変え、時間を変え、必ず食べてますた。
日本でもやれば流行ると思いますよね。

イスタンブルでは船上サバサンド屋がなくなったそうで・・・。
寂しいですなあ。(ノ_・。)
Commented by asian_hiro at 2005-06-02 09:15
>ヒカリンさん
私も店や時間を変えて出かけて行った!
橋の右と左では味も微妙に違うよね。
私はだいたい左で食べていたかな。
船上サバサンド、なくなっちゃったのは知りませんでした…。どうしてだろう? 危ないから? そんなことないか。それにしても悲しいなあ…
Commented by ヒカリン at 2005-06-02 21:37 x
なんかですね、去年の11月頃にEminonu地区で屋台や露天商を排除する動きが役所を中心にあったらしく、船上サバサンド屋もその一環で排除されてしまったそうです。
でもしばらくしたら同じ場所で地上サバサンド屋さんが始まったみたいです。(笑)
トルコもEUにはいるために必死なんでしょうね。いやな動きですね。
Commented by asian_hiro at 2005-06-03 07:10
>ヒカリンさん
地上サバサンドか…
船がそのまま地上に上がっただけ?
でも船で揺れながらおじちゃんたちが焼いている様子が良かったのにな。
露天商を排除とは、町のシュミット屋台やケバブサンド屋台もなくなっちゃったのかなあ…
EU、トルコ人は入る気満々でしたけど…どうなんでしょうね。
Commented by 魚の目 at 2005-09-04 17:59 x
書きすぎかなぁ、、、と思いつつ、暇に任せて、、、記事が面白いからかけるのでしょうね、、、、さばサンド、シシカバブ、、、、トルコは美味しいですね。ボスポラスを眺めながらなんて、最高ですね。原宿の明治通り。ブックオフの近くデスガ、トルコのサンドイッチ。500円。辛目にしてもらって、、、、おいしいですよぉ。
<< アンデルセンのたまごパン しあわせのロールケーキ >>