アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
回想
ぐるりとまわって、いつでも元通り。
c0001023_20135224.jpg

本当は、急いで次の会社へ行かなければならなかったのだけど、
どうしても、クールダウンが必要だと思い、
目の前にあったマクドナルドでコーヒーを飲むことにした。

オフィス街、昼どきのマクドナルド。
外では、冷たい雨が降っている。
ほぼ満席だったけれど、ちょうど窓際のカウンターが空いていたので
バッグとコートを置いて、席を取った。

ブラックのコーヒーを1杯。
バッグから日記帳を出し、とりあえず開いたけれど
5行ほど書いただけで、ペンが止まった。

右隣は、手書きでレポートを書く女子大生。
左隣は、スポーツ新聞を読みながらセットメニューを食べる会社員。
少し離れたところには、OLさんのグループがいた。

ほとんど毎日、自宅近くのマクドナルドに通って
原稿を書き続けた夏がある。
早朝出かけ、また、夜に出かけて日付が変わるまで店にいたり、
午後のあいだ、何時間も居続けたり、
コーヒーを1杯、2杯、ときにカフェオレやマックシェーク。
原稿を書く手をやめて、
まわりの会話に、ぼんやり耳を傾けることもあった。

「ねぇ、どうして勉強しているときそんなさみしそうな顔をするのぉ」
「だって、さみしいんだもん」

「やめちゃおうかな。好きでいること」
「どうして」
「もう、愛しても愛しても、伝わらない」

ハンバーガーを食べる前、「いただきます」っていうように、
黙って、手を合わせる若い男の子もいた。

いろんなひとがマクドナルドに集まってくる。
いろんな会話が生まれ、
いろんな光景が繰り広げられる。
わたしはその夏、そこで1冊、本を書いた。

先日、髪の毛を少し切った。
これだけ長いと、3cm程度切ったところで
たいした違いはないのだけれど、
鋏が入るときは、いつでも少しだけ複雑な気持ちになる。

雨が、ますます強くなってきた。
その様子を眺めながら40分かけてコーヒーを飲み、
それから、次の会社へ向かった。


写真は、インドのチャンディガルで見た観覧車。
蓮の花をモチーフにしたゴンドラが美しい。
by asian_hiro | 2013-02-18 20:34 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by Snowing at 2013-02-19 13:06 x
観覧車がまわってくるように、マクドナルドで思いを巡らされていたのですね。

はじめまして。いつもフィットネスクラブでいただく誌面で貴女の記事を毎号楽しみに拝見しています。
繊細かつたおやかな心から生まれる文章、毎回感服しています。

貴女の記事がきっかけになり、体を動かすことの大切さや心を健康に保つことの意味を知りました。いい年をしたおじさんですが(笑)、改めて人生踏み出した気持ちです。

貴女のご活躍、心より祈念します。これからも琴線に触れるような文章、期待しています。
Commented by asian_hiro at 2013-02-19 21:55
>Snowingさん
今日は、雪が降ったのでこのようなお名前なのでしょうか。
はじめまして、コメントをありがとうございました。

あの媒体は創刊号から関わっていることもあり、
いろいろ仕事をさせていただいているなかで、
わたしにとっては特別な思い入れがある雑誌です。
その文章を読んでこちらのブログを訪ねていただき、
とてもうれしいです。
どうもありがとうございます!
体を動かすことと、心を動かすことは、
たぶん、どこかで糸がつながっていますね。
わたしは明日から香港へ出掛けてくるのですが、
そこでもヨガに挑戦してこようと思っています!
ちょうど今、発行されている最新号がヨガ特集なので
もうちょっと、早く香港へ行っていたら
「香港でヨガ体験」という話も書けたかな。。

これからも、読んでくださる方の足を動かすような、
いい記事を書きたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
<< 香港へ シンクロ >>