アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ファイト!
わたしは、男に生まれればよかったとは思わない。
だけど、冷たい水のなかをふるえながらのぼっていく気持ちは
たぶん、理解できると思う。
c0001023_1537653.jpg

来週、インドへ旅立つ友だちに渡したいものがあったので
午前中、阿佐ヶ谷で待ち合わせをした。
彼女の知りあいというインド人が経営するカレー屋さんへ顔を出し、
スパイスのきいたチャイを1杯、ごちそうになったあと、
駅まで戻り、少しだけお茶をすることにした。
そとは、冷たい雨が降っていた。

駅のなかにあるスターバックスで、
わたしはラテを、彼女はカプチーノを飲みながら
お互いに近況を報告し合い、
元気でね、みんなによろしくね、いい旅を、と言って彼女と別れた。
「いい旅を」という言葉とともに、これまで何人を見送っただろう。
それと同じくらいか、あるいはそれ以上か、
「いい旅を」と言われ、わたしも何度も見送ってもらった。

電車に乗り、新宿へ向かった。
時刻は1時過ぎ、
予定より少し遅れてしまったのは、
朝、わたしが電車を乗り間違えてしまったからだ。
iPhoneを取り出し、イヤフォンを耳にはめ、
radikoでチャンネルを合わせる。
その瞬間、耳にとびこんできたのは
中島みゆきが作った「ファイト!」だった。

窓のそとは、グレーの空。
線を描いて落ちてくる雨が肉眼にも見える。
家に帰る前に買うべきものや、
家に帰ってからやるべきことを
あたまのなかで整理しながら、歌詞に耳を傾けていると、
ふっと、冷たい水のなかをふるえながらのぼっていく
魚の様子が、あたまのなかに浮かんできた。
その魚は、わたしなのか、これから長旅に出る友だちなのか、
あるいはほかの誰かなのか考えながら、降り続く雨をじっと見た。
たぶん、いい歌をいいタイミングで聴いた。
by asian_hiro | 2013-02-15 16:29 | 日々のこと | Comments(6)
Commented at 2013-02-16 19:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2013-02-16 19:46
>鍵コメントさん
わたし自身は昔から強いタイプの人間でした。
動物占いでも一匹狼のオオカミ型で、
それは当たっていると思います(笑)

でもそれは、独立した強さではなく、
いつも弱さと裏表にある強さでした。
自分でも、強さの裏にある弱さは感じていて、
時々、その弱さに引きずられそうな時もありました。

だけど去年インドの本を出したとき、
それを読んだ知人に
「これ以上、引き下がらないという線を
見つけたのかなと思いました」と言われたんです。
それを聞いてハッとしました。
確かにそうなんですよね、
いつの間にか、わたしは心のなかに
「これ以上はもう引き下がらない、
たぶん、これが“底”」というラインを見つけていたんです。
その“底”を心で感じるようになってから、
強さが少し、本物になったような気がしています。

強い、弱いは自分の気持ちひとつだと思うし、
100%強い、100%弱いという人はいないと思います。
でも、それでいいじゃないですか、
その弱さも魅力です。
強さのウラに弱さが見え隠れする、その人間味が
わたしはとても愛しいと思いますよ。

…長くなってしまいました。
また、なにかあったらコメントください!
Commented by MakiMakiMacci at 2013-02-17 05:52
こんにちは!はじめまして。
ファイト・・・いい歌ですね。時々聞いています。

私も「いい旅を!」と友達を送り出したり、送ってもらったり。
スウェーデン在住なので、できれば一年に一度は日本に里帰りしたいのです。長旅ですし、知らない土地へ旅するワクワクとはまた違う
ワクワクで、よい旅を!と送り出してもらいます。いい言葉ですね。
Commented by asian_hiro at 2013-02-17 09:07
>MakiMakiMacciさん
遠くスウェーデンからコメントをありがとうございます。
「よい旅を」って、短い言葉だけど
安全や人との出会いなど、いろいろな意味がこもっていますよね。
バッグパックを背負って旅するようになって
初めて海外のひとに、"have a nice trip"と言ってもらえたとき
なんだかとてもジンときたことを思い出します。
インドとパキスタンの国境で、最後に出会ったインド人に
"have a pretty trip!"って笑顔で言ってもらえたときは
絶対、またインドへ帰ってくるよーと思いながら
手を振りました。

MakiMakiMacciさんも日本へ里帰りされるときにはよい旅を!
Commented at 2013-02-18 23:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2013-02-19 00:21
>鍵コメントさん
2年前、半年間インドでヨガの練習をしていたとき、
パンチャカルマという
インド伝統医学のデトックスプログラムを1ヵ月間受けました。
オイルマッサージをしたり、
水を何リットルも飲んで一気に吐いたり、
10日くらい連続で薬草を使って腸を洗浄したり(苦笑)、
そんなプログラムだったんですけどね、
途中で一度、すごく体調が悪くなって
夜中に吐いたことがあったんです。
体内から小さな丸い石が出てきました。
今思えば不思議ですが、
石を吐いて以来、すごく調子が良くなったんです。
体調より、むしろ心の調子が良くなって
友達からも目が輝いているって言われました。
たぶん、いろいろなところに詰まっていた「石」が
取れたのだと思います。

プログラムを始める前、ドクターに
「きみは他人にも自分にも厳し過ぎる。
自分に対してgentleにならなければ、
他人にもgentleにはなれないよ」って言われたんです。
ハッとしました。

プログラムが終わったとき、
わたしはいろいろなことが軽くなったのを感じました。
そして、ドクターが言ったgentleの意味がわかった気がしました。

また、コメントをください! いつでもウエルカムです。
<< シンクロ 情熱 >>