アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
ふた
伝えたい気持ちが、あるうちは。
c0001023_1143328.jpg

朝6時、眼を覚ますと空があおい色に染まっていた。
青、碧、蒼、アオ。
知りうる限りの「あお」を総動員しても
その色は表現できそうもなく、
もう、ことばに置き換える必要などどこにもない、
見ているままがすべてなのだと
ベランダへ出て、しばらく空を眺めていた。
こころにあるものを、すべてことばにできるとは思わない。
むしろ、ことばにできないものにこそ、
こころの本質があるのだと思っている。

文章を書くことを仕事にしてずいぶん長い年月が経つ。
わたしの場合、すでに、自分の手のなかにあるものを
言葉に置き換える作業で、大抵の文章が生まれるのだけど、
時折、自分の骨や身を削らなければ生まれてこない文章もある。
そんなときは、吐き気にも似た苦しみを感じながら
粘り強く、まっさらな白紙の前に座り続ける。
苦しい、でも、逃げない。
骨身を削って生み出した文章は、他の誰にとってでもなく、
自分にとって価値のあるものだと経験則的に知っている。

「あなたが書いたものを読んでみたい」と言われ、
文章を書き始めたのは、もうかなり前のことだ。
そのひとが、どうしてわたしにそんなことを言ったのかわからないし、
いま、わたしの書いた文章を目にしているのかも知らないけれど、
文章を書くという作業にはおしまいもゴールもなく、
自分で「よし」と思ったときに、その席を立ち上がり、
また、次のテーマへ立ち向かう、
そんなふうに、善くも悪くも自分で自分にけりのつけられる作業は、
わたしの性格に向いているのだと思っている。

だけど正直いえば、ともすると
わたしは、自分の手のなかにあるものをこねくりまわしているだけで
本当に伝えたいことを言葉に置き換える努力を
怠けているんじゃないかと思うときもある。
どうしても伝えたい、なんとか伝わって欲しいと
こころから望まなければ、
ただでさえ無機質で殺風景な文字に、
到底、気持ちなんて乗せられない。
こころの伴わないことばを放っておいて、あとは相手任せにするのなら
そんな感情、こころにしまっておいたほうがずっといい。

どこまでいってもlimitがない空を見ていると、
いつの間にか、
いろいろなことに「ふた」を作ってしまっていた自分に気付く。
伝えること、話すこと、笑うこと、愛すること、
その「ふた」は、時折、不安だったり恐怖だったり、
あるいは甘えだったりするのだけれど、
明日は、新月、なにかを始めるにはもってこいの日、
まずは、あらゆることの「ふた」をきれいに取り外し、
想いのまま、気持ちに行動を添えるところから始めたい。


昨晩書いたブログに対し、
「no limitのこころとは?」と、メールをいただきました。
どうもありがとう。
その方に対してのお返事としてこの文章を書きつつ、
自分のための記録として残します。
by asian_hiro | 2013-02-09 18:59 | 日々のこと | Comments(12)
Commented by はるる at 2013-02-09 23:24 x
hiroさんから紡がれる言葉はいつも私の心に沁みてくるのですが、今日はいつもにも増してじわじわと入り込んできました。ついついこの間想いのたけをある人に伝えました。久しぶりの直球の告白で緊張のあまりその前一週間はほとんど眠れなかったほど。相手の迷いやネガティブな思いを払拭することができず一旦凍結になって相変わらず気持ちは落ち着かないけど、hiroさんの言葉が「、それでも私は伝えたかったんだからよしとしよう」とすとんと落ちました。ありがとうございます。
Commented by mm at 2013-02-10 21:26 x
はじめまして。
hiroさんの文章が、いつも心に迫って来る理由がわかった気がします。

いつも楽しみに読ませていただいています。伝えるって本当に大切ですね。

上の方同様、私も想いのたけを伝えたい人がいます。でも、なかなか勇気が出ず、いつもいつも言い出せずにいました。

でも、伝えたいっていう気持ちがあれば伝えなくちゃもったいないですよね。頑張って勇気を出してみます!!

勇気が出る文章、ありがとうございました。
Commented by asian_hiro at 2013-02-10 21:57
>はるるさん
直球の告白、素敵です。
文字を目にした瞬間、わたしまでドキッと緊張しました(笑)
相変わらず気持ちは落ち着かないとしても、
それでも、「伝えた」という勇気は素晴らしいと思います。
うん、素敵。
なんだかわたしまで勇気をもらった気分です!
Commented by asian_hiro at 2013-02-10 22:07
>mmさん
はじめまして。コメント、ありがとうございます。
想いのたけを伝えるって、すごい。やっぱり素敵です。
そういえば、わたしにもそんなシーンがあったなあ(遠い目)
「伝えなくちゃもったいない」っていう強い気持ちがあれば
大丈夫ですよ! 
伝えてもらった方も喜ぶと思います。応援しています!
こちらこそ、勇気が出るようなコメントを
ありがとうございました。
Commented by at 2013-02-12 12:26 x
こちらではご無沙汰しています。

「Blue Moment」と名づけた、青に染まった写真をまとめてます。
これまで自分が旅した写真を見るとどの国でも共通していることに気づき、見せモノになるのか売りモノになるかは別にして形にしようと画策しています。

そんなことを考えていたら、
hiroさんのこの青の情景に、思わず書き込みをしてしました。
これからも旅の青を見せてくださったら嬉しいです。
Commented by asian_hiro at 2013-02-12 22:33
>帝さん
お久しぶり! お元気ですか。
Blue Moment、いい言葉です。
人間には「茶」のひとと「青」のひとがいると
わたしはなんとなく思っているんですが、
たぶん、わたしは「青」のひとです。
ということで、喜んで旅の青をお見せしましょう!
早速、探してみます。

帝さんは、青でも茶でもなく、
なんとなく、「金?」というような気がしました。
なんとなく…。
Commented by yama at 2013-02-13 09:29 x
初めてコメントさせていただきます。
hiroさんの繊細でやわらかい心から紡ぎ出される文章が大好きで、ちょくちょく遊びに寄らせていただいています。
今回のエントリ、特に心を打たれました。
私にも、思いを伝えたい人がいます。
今、初めて勇気を出してみようかなって思えました。
Commented by asian_hiro at 2013-02-13 20:57
>yamaさん
はじめまして。コメントをありがとうございます。
思いを伝えたい人がいて、
勇気を出してみようかなって思える、
その事実だけでも、とても素敵なことですよね。
yamaさんにhappyな未来が待っていますように! 
こころからお祈りしています。
Commented by はるる at 2013-02-14 09:37 x
バレンタインに再びここを訪れて「想い」を伝える連鎖を感じてじわーときました。hiroさんの言葉が動かしたんですねーー!私の好きな人は最近フリーのライターになり、その不安定さも躊躇の理由じゃないかと思ってます。今日届くようにカードを送りました。「本職を持っている●●さん、とても素敵だと思いますよ」直球の愛は先日伝え済みなので(笑)、何か彼の心に伝わるといいなーー。
Commented by asian_hiro at 2013-02-14 20:46
>はるるさん
お相手の方はフリーのライターさんなんですね。
職業柄、確かに不安定な感じがあり、
その彼が躊躇してしまう気持ちもわからなくもありません。
でも、不安定だからこそ、
はるるさんの気持ちがうれしいということも
きっとあると思いますよ。
直球の愛、どまんなかのストライクで届いているといいですね!
Commented by kinari-e at 2013-02-15 18:01
はじめまして。
ドキドキしながらはじめてのコメントを
させていただきます。
ふと偶然に、のぞかせてもらった時、
hiroさんのことばと写真が
すっと心の奥に入ってきて…
たびたび、おじゃまさせてもらっています。
この記事のhiroさんの文章が
まるで心に残る歌詞の様で
静かに、ガツンときました。
何度も読み返しさせてもらってます。。
わたしも
思っているそのままを言葉にするのは
難しく、だから、大切に思っていきたいです。
その時の一瞬を
とどめたいと思っています。
あとで、少しずつ、違う様に変わっても。
言葉も、気持ちも
生きものみたいですよね。
帰りの通勤中、やはり
心が動いた時に、と思い。。
遅ればせながら
こちらにコメントを残します。
Commented by asian_hiro at 2013-02-16 19:33
>kinari-eさん
はじめまして。コメントをありがとうございます。
このブログは、誰かに語りかけるというよりも、
自分のなかの独り言のような感じで書いています。
ちょうど、毎日1ページずつしおりを挟むような感覚で
自分の記録として書いているのですが、
そのブログにご丁寧なコメントをいただき、
とてもうれしいと思います。
言葉も、気持ちも、生きもの、たしかにそうですね、
だからこそ、一瞬のその煌めきを
留めたいと思うのかもしれないのですね。
<< あかり limit >>