アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
チャイ屋
ただ、チャイを飲むために。
c0001023_172245.jpg

朝のヨガクラスを終えると
いつも、このチャイ屋で一息入れた。
午後のクラスが始まるまでの数時間、さてなにをして過ごそうか、
山道を辿って湖まで散歩しようか、
町へ下りて市場でりんごと柿を買おうか、
それとも、お寺のベンチでひっくり返って昼寝をしようか、
そんなことを考えながら、
おじさんの淹れてくれるチャイをゆっくり飲んだ。

ここでチャイを飲むために、あの町へ帰りたいと思う瞬間がある。
たとえば、あたりが寝静まったこんな真夜中。
by asian_hiro | 2013-02-05 01:17 | インド旅行記 | Comments(2)
Commented by saya_ at 2013-02-05 07:00 x
いつも会社に出勤して、一番はじめにやることはhiroさんのブログを開くことです。
ずっと前に書いていたインドの豆の話に感銘を受けてから、ずっとhiroさんのファンです。
あの文章はプリントアウトして、今もときどき読み返しています。
いつもいつも、繊細なハートで素敵な物語を書いてくださってありがとう!!
今日は私の誕生日なので、勇気を持って書いてみました^^
Commented by asian_hiro at 2013-02-05 21:01
>saya_ さん
お誕生日、おめでとうございます!
そして、うれしいコメントをありがとうございます!
問わず語りのような、このブログに
そうおっしゃっていただける方がいてうれしいです。
豆の話は渋沢食堂(仮)について書いたときのことですね。
もう何年も前の話を大事にしてくださっているとは
本当に作者冥利につきます。ありがとうございます。
今日からはじまる一年も、saya_ さんにとって
ますます素敵なものでありますように。
<< 朝焼け 夕空 >>