アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
「あきらめる」ということ
インドのダラムサラという町で、日本人のお坊さんに出会った。
すごくおしゃべり好きな人で、あるときなどお茶を3杯飲みながら仏教のことや人生のこと、その町に暮らすダライラマや果てはサイババのことまでも、延々5時間以上語っていたことがある。
人の話を聞くのは好きだからそれほど苦ではなかったけれど、でもさすがにちょっと疲れたかなという頃に耳に入ったお坊さんの一言は、今でも私の胸に残っている。
「『あきらめる』ということはね、『あきらかにみる』ことからきているんですよ。
ものを歪めたりすることなく、事実をそのまま、ありのまま見る。
だから人間は『あきらめること』も大事なんです」

昔から「あきらめる」ことが嫌いだった。
ガンコだし、強情だし、意地っ張りだから、「あきらめる」のは他人にも自分にも負ける気がしていやだった。
だけど、それが本当に「あきらかにみる」ことからきているんだとしたら、それほど嫌悪するものではないのかもしれない。
認めたくないことも、受け入れたくないことも、きちんとあきらかにみられるということは、自分の心が強い証拠だ。
ぽっきりと折れてしまう鉄柱ではなく、すべてを包括する柔軟なしなやかさ。

昨日、大殺界かと思うようなことがあった。
本当は今日1日、友達と出かける予定があったのに、とてもそんな気分じゃなくて申し訳ないけどキャンセルさせてもらった。
このことも「あきらかにみる」ことができるようになったら、私の心はもっと豊かになるのかもしれない。

c0001023_21591695.jpg

この日の日記に書いた、ジャイサルメールの砂漠フェスティバルでの1コマ。
決して豊かではない暮らしぶりの彼らだけど、華やかな衣装はそれだけで凛としたたくましさを放っている。
by asian_hiro | 2005-05-28 22:10 | 日々のこと | Comments(6)
Commented by あすか at 2005-05-29 05:06 x
うう、痛いようー! 痛いけど、本当に言い得たことばですね。

今までにいくつかのことをあきらめたけど、
ちゃんとあきらめたときって、妙に心がすっきりした記憶があります。
「自分はきっとできるはず・できなくてはダメだ」って抱え込んでいた重しが急に外れて、自分の力量がちゃんと見えたとき。
あれって、「自分を明らかに見る」ことができたときだったんだなあ!

それでもやっぱり、自分のすべてをコントロールできる力はまだまだ持てず、あきらめられないこともたくさん・・・。あー、煩悩多すぎ!
それでもどうしてもあきらめなくちゃいけなくなったときには、
「明らかに見る」って思い出せば、少しは受け入れられるかな。
・・・どうかなあ?

原色の波、すてき。
原色の衣装も、心が強い人でないと着こなせないなと思います。
Commented by akko at 2005-05-29 08:17 x
VIRON話のツヅキですがー、
もちろん?コドモらはVIRONサンドじゃありません!
ハッピーセット@マックだったりするよ~。
Commented by kiku at 2005-05-29 08:25 x
「あきらめる・・・」って奥が深いコトバなんですね。
ヒトとの折衝が苦手ですぐ「もういいや。」ってあきらめがちな私は
事実をありのままにみる勇気がないのかも。

hiroさん,大丈夫?実際にお会いしたことがないのだけれど
今まで色々なものを見てきたhiroさんなら「あきらかにみる」ことが
できると思います。でも無理しないで下さいね。
Commented by asian_hiro at 2005-05-29 18:30
>あすかさん
あきらめるときって、確かにすっと気持ちが軽くなるときがあるよね。
きっとそれは自分にムリさせず、一番気持ちいいところを本能で知っていたからなんだろうな。
逆に「あきらめた」つもりでも、いつまでもズルズルと引きずってしまうのは、あきらかに見ることができていないってことなんだろうね。
煩悩があるからこそ人間だとは思うけれど、それに振り回されず生きたいものです。
Commented by asian_hiro at 2005-05-29 18:31
>akkoさん
びっくりしたー
3ドーターズ+akkoさんでVIRONのサンドを食べるなんて松涛マダムに負けてないかも、と思ってしまいました。
さすがのVIRONもハッピーセットには勝てないか!
Commented by asian_hiro at 2005-05-29 18:33
>kikuさん
確かに事実をありのままに見て、それを受け入れるには勇気が必要なんだろうなあ。
でも、決して自分に重荷を感じさせない、嫌なストレスにもならない、当たり前で意識すらしないような勇気。
そんなのってどうやったら見につけられるんだろうなあ。

ご心配、ありがとう。
今日は写真の整理をして、美容院へ行って、ういろうを食べたら少しスッキリしました。
明日からまた1週間、がんばろう!
<< ウイグルの親子の写真と虎屋のういろう FLUFFYのクロッカンとベーグル >>