アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
メール
遠くへいってしまわないうちに、自分のための備忘録。
c0001023_23411195.jpg

このあいだ、会社の面接を受けたらさ、
「あなたはとても優秀だし、仕事もきちんとやってくれそうなんだけど
でもほかのひとたちに比べると、なんだろね、
あっ、そうそう、必死さが足りないんだよ。
絶対、うちの会社に受かってやるって一生懸命さがないんだよ」って
そんなコト、言われちゃった、
どうしてそんなコト、言うのかな、
なんでそのひと、わたしに必死さがないなんて言うんだろう、
わたしのなにを見たのかな。
そう、そう。わたしもそう。
いつも友だちから、「あなたってどうしてそんなに余裕なの」
「焦ったり、イライラしたりすることなんて、ないでしょ」って
言われちゃうんだよね、
ワタシだって、いつでも余裕なわけじゃないし、
しんどいときだって悲しいときだってある、
だけど、そういう気持ちを外に出せないヒトだっているんだよ、
みんながみんな、感情をちゃんと出せるわけじゃないんだよ、
出したくても出せないヒトって、いるんだよ、
そういうの、どうしてわかってもらえないんだろうなあ。

一緒に夜ごはんを食べながら、友だちと友だちふたりの会話。
わかる、わかるよ、わたしもそう。
ふたりのことばを聴きながら、こころのなかで頷いた。

だけどさ。
うまく伝えられるか、まったく自信がないけれど、
なにか、やっぱりわたしたちには足りないものがあるんだよ、
正しいとか、正しくないとかじゃなくて、
いいとか、悪いとかじゃなくて、
たぶん、たいせつななにかがココにない、
なんだかわからないけれど、
たとえていうなら、まっすぐ線対称に並べられたドミノとか、
わずかなデコボコもなく、きれいな道を作っているコンクリートとか、
そんなふうに、一見、自然なようにも思える人工的な不自然さが、
あるひとたちにとっては、
とても居心地の悪いものに思えてしまうのかもしれない、
それっていったいなぜなんだろうって
そんなことを、このところずっと考えていたら、
ふたりの友だちのうちひとりから、一通のメールが届いて、
そこに書かれていたのは、ずっしり重い一文だった。

愛することをしないで、愛されたいと願ってはいけません

読んだ瞬間、やられた、って思ったね。
わたしに向けて語られたものではなかったけれど、
どんなにことばを重ねようとも、
きっと、これより真実を突くものはないだろうな。
by asian_hiro | 2012-12-20 00:00 | 日々のこと | Comments(6)
Commented by れぇぇこ at 2012-12-20 06:59 x
おはようございます。
ハッとさせられました。私は喜怒哀楽が激しく、すぐに感情が出てしまう。でも皆、そうじゃないのはわかってるつもり。出したくても出せない・・・から、出せる私がその気持ちを汲み取って少しでも出せるようにしてあげる。。。してあげなくちゃ!って思いました。 「どうして?なんで??」って最近思ってばかりだったけど・・・わかってあげなくちゃ。それが愛する人なら尚更・・・です。
Commented by のの at 2012-12-20 08:11 x
はじめまして。
感情を出したくても出せない、と同じことを悩んでいる方がいるんだな~と思いました。私は、それに加えて感情が出てくるのもワンテンポ遅いです。そういうのは、ひとそれぞれで、そういう凹凸で社会は成り立っているんだ、だから大丈夫、と思うことにしてます。でも違うひともいて、すり合わせていくことの難しさを今朝も感じたとこでした。愛していてもなかなか。でも、していくしか、ない。
Commented by mts at 2012-12-20 21:16 x
「選挙に行かないで国政に愚痴を言うな!」・・的なものでしょうか?。

いつでも言い返し、反論し、喧嘩は出来るのですが、それをやっちゃいけない、、と、いつの間にか自分の「禁じ手」として悟空の金環のようになってしまいました。
一生懸命さが無く観られるのは一生懸命さを出せないんじゃないかな?(なんて思っちゃいました)
・・・そう書いてますよね、、読み直して気がつきました。
Commented by asian_hiro at 2012-12-21 00:10
>れぇぇこさん
わたし自身にも、「一生懸命さ」を出せない部分と、
れぇぇこさんのように、「わたしが汲み取ってあげないと」と
思う部分が両方あって、れぇぇこさんのお気持ちもわかります。
でも、気付かなかったことよりも、
わかったつもりになっていたことのほうが
もっと悲しくて辛いと、身にしみた経験があるので
わたしがわかっていることは、氷山の一角に過ぎないんだと
いつも言い聞かせるようにしています。
…それが難しいんですけどね。
Commented by asian_hiro at 2012-12-21 00:12
>ののさん
すり合わせていくというよりも、むしろ
違いを発見して楽しむというほうがいいのかなって
なんとなく思います。
ひととひとが違うのは当たり前で、
わかりあえないからこそ、わかりたいと思い、
自分とは違った部分を持っているからこそ、
もっとそのひとのことを知りたいと思うんじゃないかなって
最近、なんとなく考えています。
いずれにしても、デコボコを楽しみたいですね!
Commented by asian_hiro at 2012-12-21 00:13
>mtsさん
わたしの場合ですが、「一生懸命さを出せない」というのは
「出せない」のではなく
「実際は、一生懸命やっていない」ということのほうが
正しいのかなと思っています。
そういう意味では「選挙に行かないで…」ということと
同じかもしれませんね。
<< ZOPFのベーグル ZOPFのパン >>