アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
インド人の、友人の話
どこにも行かなくていい、これさえあればいい、というもの。
c0001023_17132039.jpg

インド人の友人は、いつもわたしがしんどいとき、
なぜかタイミングを見計らったようにメールをくれる。
年齢はひと回り以上離れているのに、
いつも誠実で裏表がなく、こまかいところまで気を遣ってくれる。
今回、インドで会った彼は1ヵ月前に失恋したばかりだった。
心配していたよりも元気そうだったけれど、
時々はっとするくらい澄んだ眼をしていて、思わず見惚れた。
いったい、どれだけ泣いたらそんなに眼が透き通るんだろう。

先週、彼は体調不良と家の用事が重なって南インドの実家に帰った。
ここ数日、Facebookでチャットのようにメールをやり取りするたび、
「いつ、Hirokoはmy homeに遊びに来る?」と訊いてくれる。
もちろん、今すぐだって行きたいよ!
でももう少し、ここで踏ん張らないと自分自身が情けなくて頼りなく、
わたしはキミの澄んだ眼を正面から見られない。

彼はもう、ダラムサラで
ヨガクラスのアシストをするつもりはないらしい。
たぶん、彼は一度、住み慣れた家を離れることで見つけたのだ。
もう、どこにも行かなくていい、これさえあればいいというものを。
そして、わたしはまだ探している。
探しているからこそ見つからないのだということも
うっすらと気付いている。

探しているうちは見つからない。
欲しいと思っているうちは手に入らない。
だったら、わたしはなにが欲しいのと自問しても
はっきりした答えがない。
ああ、そうだ、
わたしは「やっと、見つけた」と思える感覚に出会いたいのだ。
それは、場所でもひとでも、なんでもいい。
わたしは何ともしれない何かを、ひとりでずっと探しているのだ。

写真はダラムサラの夕暮れ、曇り空。
ヨガのあと、彼とたわいもないことを話しながら
この道を、何度も歩いた。
今度、ダラムサラに出かけてもたぶん彼はいないだろうから、
わたしはこの景色を、ひとりで見ることになりそうだ。
by asian_hiro | 2012-11-04 17:31 | インド旅行記 | Comments(10)
Commented by はるる at 2012-11-04 20:41 x
私も「見つけた!」という感覚を探すために今まで生きてきた気がするんです。一見やりがいのある仕事、素敵な友人たち。。。不満なんてなんにもないはずなのに、「明日死ぬとしたらどうする?」と言われたらあたふたとでも最後にどうしてもやっておきたいこと見つかってないような。。昨日は私も表参道にいました。
Commented by asian_hiro at 2012-11-05 22:06
>はるるさん
わたしは、「明日死ぬとしたらどうする?」と聞かれても、
あたふたさえ、しないだろうな。
たぶん、淡々と明日を過ごすと思います。

あれ、はるるさんって関西の方ですか? それとも東京?
Commented by はるる at 2012-11-05 23:02 x
関東ですという変換に完投と、、でたのが不思議。タンタンと過ごす。。。。。予定だったのですが、なぜ????何を見つけたいんか???
Commented by asian_hiro at 2012-11-06 16:05
>はるるさん
「何を見つけたいんですか???」というのは
わたしに対するご質問ですか?
それとも、自問?
完投投手みたいに達成感を持って見つけられたら
どんなに気持ちいいだろうなと思いますが
はて、なにを探しているんだろうって考えるうちは
難しいかな。
Commented by あやめ at 2012-11-06 20:37 x
はっとしました

わたしもずっと探しているのです
悩みながら あがきながら

hiroさんの ひとりごと を見た途端
顔が歪んで
泣きたいような何か、知っていた事を思い出したような
気持ちになりました

それでも
わたしもまだ探すのでしょう

いつもhiroさんの言葉はどうしてか
ぐっと
意識していなかった柔らかなところに泣きそうな胸のつまりをくれます
わたしも見つけたいのです
今この瞬間にも
Commented by asian_hiro at 2012-11-06 21:55
>あやめさん
人間、体験したことを本当に忘れることってないみたいですね。
すべて、こころのタンスにしまわれていて、
ふとした拍子にその扉が開き、
過去の記憶が呼び起こされるんだそうですが、
記憶のひとつひとつに、
なんらかのインデックスがついているんでしょうね。
あやめさんの記憶のインデックスと、わたしの文章が
呼応したのかもしれません。
時折、わたしの文章を読んで悲しくなるとか寂しくなるとか
泣きそうになるとか、
いろいろなことを言ってくださる方がいらっしゃって、
わたしとしてはごめんなさいとしか言えないのですが、
でも、わたしもたぶん同じ気持ちを抱えています。
Commented by はるる at 2012-11-07 00:05 x
自問でした。ちゃんと答えて頂いてありがとうございます。
Commented by asian_hiro at 2012-11-07 10:18
>はるるさん
いえ、こちらこそ。
今日はいいお天気ですね。これくらい、こころもスカッとすれば!
Commented by あやめ at 2012-11-07 19:52 x
いえいえ、hiroさん
あやまらないでください

ゴメンナサイ
わたしの文が拙かったですね

うれしい切なさなんです
hiroさんが下さるのは

うれしくってせつなくって
忘れてた何かにまた出会えた感動で
涙ぐむような
いとおしい感じなのです

hiroさんがだいすきです♪
Commented by asian_hiro at 2012-11-08 21:56
>あやめさん
「うれしい切なさ」、なんとなくわかるような気がします。
切なさにもいろいろありますね、やりきれない思いとか、
いたたまれない気持ちとか。
以前、「切なさ」を英語で訳すにはどうしたらいいんだろうと
考えたことがありました。
ぴったりの単語は見つからなかったのですが、
きっとどこかにsweetという意味合いも含まれているんだろうなと
思いました。

だいすきです、と言ってくれて素直にうれしいです、
ありがとう。
<< スモーク 飴色の皿 >>