アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
日記
眠れずに、いちじくを煮る夜。明けて、朝。
c0001023_22552676.jpg

ご近所さんからいただいたいちじくは4つ。
そのまま食べようと思ったのだけど、
昨晩、寝つけないまま日付が変わってしまいそうだったので
それならと、台所に立つことにした。
飲みかけの中途半端な赤ワインはなかったので
きび砂糖とレモンで、ちょっと甘めのシロップ煮。
ついでに洗濯もしたくなって、
雨が降るだろうと思ったけれど
鍋を弱火にかけている間、洗濯機もまわした。

ニューヨークにいたときは、
いつも毎週土曜日がコインランドリーの日だった。
ランドリーは、家から徒歩1分のところにある。
朝8時、ランドリーへ行って洗濯機を回してから
部屋へ戻って掃除機をかけ、モップもかける。
それから、一旦ランドリーへ戻って洗濯物を乾燥機に移してから、
家に帰り、トイレとバスルームとキッチンを掃除。
さらに全体にクィックルワイパーをかけて、総仕上げ。
こうしてランドリーへ戻ると洗濯物もカラカラに乾いていて、
あとはたたんで持ち帰って、すべておしまい、
さあて、今日は一日何をして過ごそうって、
土曜日の朝9時、ワクワクしながら考えたんだ。
たいてい、ユニオンスクエアのマーケットへ出かけたんだけどね。

今日は、ちょっとしたイベントがある日。
少し早めに家を出て、タリーズでコーヒーを飲むことにした。
というより、タリーズでコーヒーを飲みながら日記を書くことにした。
ブログ、日記帳、それからtwitterにFacebookにしごとの原稿。
毎日、いろんなところでいろんな文章を書いているけど、
たぶん、そのなかでいちばん“素”の自分に帰れるのは日記帳。
思うまま、
「止まったら死ぬのです」というような勢いで書きつづる日記帳には
たぶん、わたしの魂もこころも内臓も、なにもかもが入っている。
日記を書くことは
ちょうど読みかけの本にしおりをはさむのに似ていて、
しおりがなくても、本は読める、
でも、しおりがはさまっていたほうが続きを読みやすいでしょう、
たぶん、そんな感じなのだ。

ここ数年、日記帳に使うノートもボールペンも決まっていて、
それらはいつもかばんのなかに入っている。
もうすぐインドだ、
たぶん、毎日何ページも日記をつづる日がやってくる。
なんでインドへ行くのかと聞かれれば、
時間が欲しいのだと答えを返す。
どんなことをしても「まだ、こんなにある」と、
こころが踊り出すような、空白の時間が欲しいのだ。

こんなことをつらつらと書きながら
昨晩つくった、いちじくのシロップ煮を食べる夜。
いつもならふとんに入っているこの時間、
まったく眠る気分になれず、かといって、本を読みたいとも思えず、
ただ、こうして書きつづりながら
雨のおとを聞いている。
今日はなにを煮よう、
いちじくと一緒にいただいた、さつまいもにしようかなあ。
by asian_hiro | 2012-09-22 23:21 | 日々のこと | Comments(8)
Commented by mts at 2012-09-23 00:21 x
インドって、意外と日焼けしないですよね。

    (今からチャイを作って飲みます。)
Commented by asian_hiro at 2012-09-23 01:00
>mtsさん
インドのどこへ行くかにもよると思うのですが
わたしはものすごく日焼けしますよ!
特に、ラジャスタンへ行ったときなど
インド人にも「アナタ、黒いね」って言われました…。
Commented by あやめ at 2012-09-23 18:14 x
はじめまして(^^

つい最近コチラのブログに出逢って、すっかり魅了されております☆
hiroさんの文章に、添えられる写真に、いつもすぅぅ・・・と引き込まれております☆
まさに雨の日に居心地の良い居場所を確保してどっぷり読書にふけるトリップするみたいな思いをあじあわせていただいております☆

ありがとうございます♪
Commented by maru at 2012-09-23 21:56 x
hiroさん、お久しぶりです。
アムステルダムに年末に帰ってきて、それからバタバタで、なんとなくやっと落ち着きました。
インド、また行かれるんですね。
帰られたら、お会いできたらうれしいなぁ、と思っています。
私も全然書かなくなって、撮らなくなって、でもhiroさんのblogをみていると、残すことの大事さに気付きます。
Commented by asian_hiro at 2012-09-24 00:53
>あやめさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
この、ひとりがたりのブログを
そういう気持ちで読んでいただけて、とてもうれしいです。
雨の日に居心地にいい居場所を確保して、読書。
わたしもちょうど、
いま、抱えている仕事が片付いたら
心地いい喫茶店へ日記帳と本を持って出かけたいなと
思っているところです。
Commented by asian_hiro at 2012-09-24 00:54
>maruさん
久しぶり。アムステルダム歴もずいぶん長いよね。
いまはどちらに住んでいるの?
今回のインドは短いので、もし、maruさんが東京にいたら
ぜひお会いしましょう!
そうそう、NYで一緒に出かけたあのカフェ、
2軒、都内にもできたものね。
Commented at 2012-09-26 21:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2012-09-27 19:28
>鍵コメントさん
了解しました!
帰国したら連絡します。
<< 解消 雨の朝とジャムとコーヒー >>