アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
一日
今日、それからあしたへ。
c0001023_20242177.jpg

朝、3時までサッカーを見て、
それから1時間半くらい眠り、涼しい風に起こされた。
もう少し眠ろうかと思ったけれど
薄靄の具合がとてもいい感じだったので、
そのままサッと着替えて黒いキャップをかぶり、
1時間ほどのウォーキングに出かけた。

いつも、歩くコースは決まっていて、
その道を歩きながら考えることも決まっている。
耳につっこんだイヤフォンから聴こえる音楽もおんなじで、
だいたい、家に戻って来る時間も一定だ。
最近、わたしの朝はこんなふうにして始まっている。

大通りに面したパブは、朝6時に近いというのに
まだ宵越しのお客を抱えていて、
東欧系のひとだろうか、赤い口紅をつけた女性がふたり
大きく開けはなたれたガラス扉の向こうで、黒ビールを飲んでいた。

昨晩、2通のメールが届いた。
1通はトウキョウから、もう1通はバンコクから、
ふたりとも、「本を読んだよ」という内容で、
なぜ、こんなに早く本がバンコクまで辿り着いたのだろうと思いながら
ひさしぶりに、そのひとたちのことを考えながら
一文字一文字、咀嚼するようにゆっくり読んだ。

今日の昼間は、外で仕事をした。
夕方、家に帰ったあと、
なぜか急に思い立って台所に突っ張り棚を張った。
「ひとりでも簡単!」と書かれていたのに、
不器用なわたしは汗だくになりながら
1時間ほど格闘してしまったけれど、
なんとかそれもきれいに片付き、台所がスッキリした。
そしていま、オーブンのなかでは
プチトマトがゆっくりローストされている。

あしたから、しばらく海辺へ。
潮風に吹かれながら深呼吸ができると思うと、
この、トウキョウのど真ん中でも自然と胸が躍り出す。
by asian_hiro | 2012-08-08 20:36 | 日々のこと | Comments(0)
<< 夏の風景 ameen's ove... >>