アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
インド・アフター・インド
おしらせです。
c0001023_1938267.jpg

インドの本を書きました。
写真半分、文章半分の、エッセイ風旅行記のような感じ。
この本を通して、インドの空気を感じてもらえたらうれしいです。

「インド・アフター・インド」
花伝社

現在、amazonや書店で発売中。
→amazonのページ http://goo.gl/8mJxB


<インド・アフター・インドを書いて思うこと>
はじめてバッグパックを背負って旅をしたのは、1997年のことだった。
行き先はインドで、2週間。
バッグパックは新品のL.L.Bean、
深い緑色のもので、容量は40リットルだった。

その2年後、約半年に及ぶ旅に出た。
タイからはじまり、インド、ネパール、ヨルダン、エジプト、
それからタイへ帰ってくるというもので、
まだ、長旅に慣れていなかったため、
あれもこれもバッグパックに詰め込んだら
みっともないくらいパンパンになってしまい、
スタート地点のバンコクのカオサンロードで、
L.L.Beanのバッグパックを売り、60リットルのLowe alpineを買った。
黒地に赤で模様が入っている。
もちろん、バッタものだ。

まだ、デジカメなどなかった時代だ。
バッグパックの1/3はフィルムが占めた。
帰国する頃にはあちこちで購入した洋服や布、
本、食べ物類などが加わり、
最後は20キロ近い重さになった。

そのあとも、このLowe alpineを背負って旅に出た。
いちばん重かったのは
インドのリシケシでヒンディ語を習っていたとき。
辞書だの、テキストだの、何冊も買ったので
リシケシを出て次の町へ移動するとき、
バッグパックは、30キロの重さになっていた。
それを背負い、30分や1時間、宿探しで町を歩くこともあったのだから
ちょうど、旅をしながら筋トレをしているようなものだった。

しかし、重い荷物は旅の歩みを遅くする。
バッグパックが大きいから荷物も多くなるのだと、
あるとき、ベトナムのホーチミンで
わたしは60リットルのLowe alpineを売り、
その代わり、再び40リットルサイズのバッグパックを買った。
メーカーは、引き続きLowe alpine。
なんでもよかったのだけど、くすんだ水色がいいなと思ったのだ。
しかし、タイのノンカイで強盗にあったとき、
このバッグパックをナイフでざっくり切られてしまったので、
日本に帰ってから、またバッグパックを新調した。
今度は45リットルのMILLET。
グレーに水色の模様が入ったもので、とても背負いやすく、
今でも、それを愛用している。

旅の友、バッグパックはこうして何代も入れ替わった。
わたしはその間、20回近くインドへ通い、
合計で3年くらいの月日を向こうで過ごした。
はじめてインドへ出かけたのは
沢木耕太郎の「深夜特急」に影響されて旅へ出る人や、
猿岩石をまねて日本を飛び出してきた若者が多く、
「自分さがし」というコトバが流行していた頃だった。
別に、わたしは自分をさがすために旅をしていたわけじゃないし、
ただ、「行ってみたかったから」「おもしろそうだったから」
そんな理由で、旅を続けていたのだけど、

はたして、わたしは旅でいったい何を見つけたのか?

日本にいるときも、旅をしているときも、
時折、そんな疑問がわたしの心の表層に浮かんでは消えた。

これまで、旅について3冊の本を書いた。
2冊目は、レシピとエッセイという異色のスタイルなので
とりあえず置いておくことにして、
純粋に旅を見つめたのは
「スロウなアジア」と「ぎゅぎゅっとインド」の2冊になる。
「旅のことを本にしたらいい。あなたが書く文章を読みたい」、
ある人の、そのひと言がきっかけになって
2003年夏、「スロウなアジア」の出版にこぎつけた。
「ぎゅぎゅっとインド」を書いたのは2006年春だ。
書くことが楽しくて楽しくて仕方なく、
一気に書き上げた「スロウなアジア」、
旅の“光”も、裏にある“影”も、
どちらも書きたかった「ぎゅぎゅっとインド」。
正直なところ、旅の話はこの2冊だけでおしまいにして、
もう、本を書くつもりはまったくなかった。
でも、今回、縁あって本を書くことになり、
ときどき、吐きそうになりながら机にしがみついて文章を書き、
目が痛くなるほど、過去の日記やアルバムを洗いざらいあさって、
ようやく、この「インド・アフター・インド」が仕上がった。

ピカピカのバッグパックを背負い、
勇んでインドへ出かけた15年前のわたし。
あの新人バッグパッカーが、時を重ねてどんな人間になったのか。
特におもしろくもないが、つまらくもない、
おおむね、淡々と過ぎていく日本での日常と、
はちゃめちゃで、突拍子も無く、
時々、こころを激しく揺さぶられるようなインドでの日常が、
この15年間、溶け合い、せめぎあい、許し合い、ときに戦い、
“わたし”という人間を作ってきたのだと
この本を書く過程で、いやというほど思い知った。
この本は、“わたし”という人間が今、ここに生きているという
存在証明であり、
存在理由であり、
過去の軌跡であり、
そして、未来をほのかに照らす道標でもある。
そう考えると、わたしの旅についての本は全三部作、
これで、ようやく完結したみたいだ。

2012年7月、「インド・アフター・インド」刊行。
by asian_hiro | 2012-07-28 20:18 | 私の本 | Comments(12)
Commented at 2012-07-28 22:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mts at 2012-07-29 00:44 x
1997年はダイアナが亡くなり、マザーテレサも亡くなった年ですね。あれから15年も経ったのかと。
MILLETの60㍑クラスだと、バスに乗っても市場を歩いてもチョッと邪魔になるでかさだと気が付きました。
40㍑サイズがベターです(私事)
Commented by asian_hiro at 2012-07-29 02:03
>鍵コメントさん
素早い! 感想第1号ありがとうございます。
お申し出、うれしいです。
なんでも使ってください!
Commented by asian_hiro at 2012-07-29 02:05
>mtsさん
旅する期間が1週間だろうと半年だろうと、
結局、バッグパックのサイズは変わらないんだなあと
いうのが、わたし自身の感想です。
MILLETは小さめに出来ているような気がするのですが、
40リットルサイズで充分です、わたしにとっても。
Commented by mamakarin at 2012-07-29 11:11
発刊おめでとうございます!
旅の相棒バックパック。
過去を潔く手放すことが出来るから
新しい一歩を踏み出せるのですね。
hiroさんの人生そのもののような、私にとっては未知の国インド。
書店で手に取るのが楽しみです。
Commented by gon1442 at 2012-07-29 23:22
スナフキンであちこち放浪しますが、外国はまだ少ない。
日本もまだ訪れていないところも多い。
でも不思議ですよね。
何がきっかけで、まだ出会ったことのない場所、人、もの、空間に出会えるようになる。それがスナフキン、旅の魅力です。

バックパック!
中国大陸やベトナムを縦断するとき、お世話になりました。
容量の多いものをもっていったのに、
日本に戻るときはギュウギュウで、しかも臭う。
ちゃんとシャワー浴びていたのに、なんでだ?と首をかしげながら成田空港からでたものです。(日本の衛生のすごさに驚いたポイントでもありますが)

数年前のイタリアスナフキンからようやく今年。
とある場所へスナフキンできそうです。
ちょっと楽しみであり、ちょっと不安であり、
だいぶワクワクしています。

hiroさんのインド本。早く手にいれねば!
Commented by asian_hiro at 2012-08-01 00:13
>mamakarinさん
どうもありがとうございます!
何度でかけても、やっぱりまだわたしにとっても
インドは未知の部分がたくさんあります。
ぜひ、本を通して
未知の世界にどっぷり浸ってみてください!
Commented by asian_hiro at 2012-08-01 00:14
>gon1442さん
わたしがインドへ出かけるときは、
あまり『スナフキン』という感覚はないのですが、
でも、ときどき『スナフキン』的な旅がしたいなと
思うことがあります。
そのときの行き先は、きっとインドではなく
まったくなじみのない、初めての国になるんだろうな。
gon1442さんはどちらへ行くんでしょう?
楽しみですね!
Commented at 2012-09-16 23:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asian_hiro at 2012-09-17 21:59
>鍵コメントさん
ご丁寧なコメントをありがとうございます!
しかし、逆から…(笑)
わたしも早速やってみます。
(どちらのTTを受けたのでしょう? 
わたしはヨガの聖地で受けましたよ)
Commented by あゆ at 2012-09-25 06:29 x
hiroさん、昨日ようやくこの本を購入しました。
印象的なお写真が多く、まだ訪れたことのないインドへ、様々な想像が膨らみました。
最近は、なかなかアジアへ向かうことが出来なくなりましたが、私もまた、熱い空気を感じてみたくなりました。
Commented by asian_hiro at 2012-09-27 19:28
>あゆさん
本のこと、ありがとうございます。
今回のインドは、本を書いてから初めてなので
ちょっと違った気分で、
あの国へ足を踏み入れることができそうです。
また、写真を撮ってアップします!
<< あお 暗示 >>