アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
恋愛小説
「さみしさで、人間は壊れてしまう」という文章を読んで、
ああやっぱり、この人は男性作家なのだな、
女性作家ならこんな台詞を女性に言わせることはないだろうなと
思った。
c0001023_1945814.jpg

最近、ひとに勧められてある作家の小説を立て続けに読んでいる。
インドにも2冊持参し、帰国してからも2冊読んだ。
正直いってわたしにはあまり共感できるところがなく、
だからこそ、「ああ、そういう考え方もあるのね」と
次々に読み進めているのだけれど、
「さみしさで、人間は壊れてしまう」
いま、読んでいる小説のなかにこの一文を見つけた瞬間、
ああやっぱりこの人は男性目線の、男性作家なのだなと思った。
人は、さみしくても壊れない。
少なくとも、女性は。

女性はさみしさを器用になにかへ転化する。
趣味とか、行動とか、あるいはほかの感情とかに。
たとえば、「怒り」、みたいな
原始的で、率直な感情に。

さみしさを自分で埋めるのは難しい。
でも、怒りなら簡単に乗り越えられる。
なぜなら、ひとは怒りを持ち続けることはなかなかできず、
ときが経てば、やがて忘れてしまうから。
だから、無意識のうちにさみしさを怒りという感情に変化させ、
時間の経過とともに、それを乗り越えてしまうのだと
わたし自身は思っている。

そんなことを考えつつ、喫茶店で本を読んだ。
今日3杯目のコーヒーはぬるくなり、
目の前には、日記帳の真っ白いページが開かれていた。

写真は、スリランカの海辺の町。
青い空がまぶしくて、目を細めながら通りを歩いた。
by asian_hiro | 2012-05-17 19:20 | 日々のこと | Comments(8)
Commented by ryuji_s1 at 2012-05-17 21:47 x
女性の強さの秘密ですね
確かに 強いですね
男は孤独に弱いですね
Commented by hi-vison_1103 at 2012-05-18 17:37
激しく同意で〜〜〜す(^ー^)b
私もありえない・・・
さみしさ、ヨシヨシはするけど、壊れはしないかな〜?です。
ぶんぶんっと両手でhiroさんと握手した感じっす。
byくろべ〜
Commented by asian_hiro at 2012-05-18 22:17
>ryuji_s1さん
わたしは、女性が孤独に強いとは思わないのですが、
ただ、本能的にたくましいのだと思っています。
持って生まれたものなのでしょうか。
Commented by asian_hiro at 2012-05-18 22:18
>hi-vison_1103さん
さみしさにヨシヨシ、
hi-vison_1103さんらしくて、なんだかとてもいいなと思います。
さみしさにヨシヨシ、覚えておきます。
Commented by hellebow at 2012-05-19 09:47
そーかー。「浮気をしたのは、さみしかったから。」と言われたら、はあ?このやろう、と思うけど、それほど大変なことなんだね、男にとって。
Commented by 333suisei at 2012-05-20 13:10
はじめまして。
「合掌」を読み終わり衝動的にコメント欄を探したら
ありませんでした。
なのにここに書き込むのはどうかなと想ったけれど。
asian_hiroさんの文はリアルなのに幻想的で、魅かれます。

大切な方とhiroさんがどうか安心できますように。
心から。
Commented by asian_hiro at 2012-05-23 21:46
>hellebowさん
まあ、男だけじゃなくて女にとっても
たいへんなことだと思うんですけどね…。
正直なところ。
Commented by asian_hiro at 2012-05-23 21:47
>333suiseiさん
はじめまして。
そして、うれしいことばをありがとうございました。
少なくとも、わたしは大丈夫です。
心強いことばを、どうもありがとうございました。
しっかりと受け取らせていただきました。
<< 合掌 かけがえのない >>