アジアとアジアの飯をこよなく愛するライターの、「旅」と「パン」と「おいしいもの」があれば幸せな毎日の記録です。
by asian_hiro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 10月
2016年 06月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
インドへ
それは、失ってから気づくべきものではなかった。
c0001023_20513231.jpg

インドでの行き先がなかなか決まらず、
どうしようかなと、ずっと思っていたのだけど、
いろいろな偶然が重なって、一瞬で予定が決まった。
世のなかには、ときどき、こんなことがある。



このところのわたしは、
夜早く寝て、朝5時前に起きて原稿を書き、
毎日、相変わらずヨガに出かけ、
駅前の花屋でときどきチューリップを買い、
そして、ずっと同じ音楽を聴いている。
部屋を暗くし、ソファに横たわってそのうたを聴いていると
いろんな意味で、もう、どうでもよくなってくるのだ。
投げやりな気分ではない。
ホント、どうでもいい、なんでもいい、anything is possible.



だけど、そのことだけは
失ってから気づくべきではなかった。
数年経ってからようやく気づくなんて、
まあ、予想していたことではあったのだけど。



「自分で選んだ道だから」
それが、いったいなんの理由になるだろう。
「つらいのは、自分だけじゃない」
だからといって、何が救われるわけでもない。
わたしは、「癒し」というコトバが苦手だ。
だけど、いちばん癒されたいと思っていたのは
なにを隠そう、自分自身だったみたいだ。



ここ数日、考えていたことの書き綴り。
でも、いちばん書きたかったことは過去のブログのなかにあった。

人生のなかで
「これじゃなくちゃだめと思うものは少ないほうがいい」と
常日頃言いつつ、
さて、わたしにとって「これじゃなくちゃだめ」と思うものなんて、
そもそも身の回りにあるのだろうかと考えてみたところ、
あまりピンとくるものがなかった。
結局のところなにかの代わりは必ずあって、
もちろんはじめのうちは「代役」であって
完全に補うものではないけれど、
たぶん時が経つにつれて
「失ったもの」を思い出す瞬間というのは徐々に少なくなり、
笑っていてもふっと顔がこわばるようなこともなくなって、
その「失ったもの」は
やがて「思い出」になったり、「記憶」になったり、
またはきれいに風化して
「あれ、この感覚、たしかに昔どこかで」というような、
ある意味、デジャブ体験の根源になったりするのだと思う。
そうか、わたしはどこへ流れ着いても「わたし」なんだよな、
これじゃなくちゃだめと思えるものは、
結局のところ「わたし自身」しかないんだよなと思いながら、
昨日から何度も何度も繰り返し聴いている音楽に合わせて
なにげなくハモってみたら、
その音楽が以前よりもっともっと血の気の通ったものになった。
ああ、まさにいま、「これじゃなくちゃだめ」と思えるものは
わたしにとってこの音楽なのだ、
「これじゃなくちゃだめ」と思うものは、
なにもずっと継続して思い続けるものだけを指すのではなく、
少なくとも、いま、この瞬間にそう思えればいいのだと、
そんな単純なルールに気付いたら、
なんだか、
人生はかけがえのないもので満ちあふれているような気がしてきた、
というよりもむしろ、
かけがえのないものしかこの世には存在しないのだという感じがした。
人生は一瞬の連続なのだ、
だからこそ一瞬の出来事に、
まるで天地がひっくりかえったみたいに一喜一憂するわたしたちは、
なんて未熟で愚かでものすごく愛しい存在なのだろうと思う。



さて、そろそろインド。
たった数日間だけど、
再び、この空間でみんなと一緒にヨガができることを、
とてもしあわせだと思う。
いまは、手のなかにそれだけがあれば充分。



もう少ししたら、行ってきます。
しばらくのあいだ、さようなら。
良い日々を。
by asian_hiro | 2012-04-22 20:57 | 日々のこと | Comments(6)
Commented at 2012-04-22 22:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by inei-reisan at 2012-04-24 00:29
同感です。読んでて一文一文に納得してしましました。インド楽しみですね。
Commented by mts at 2012-05-02 14:28 x
インド・・・。
Commented by asian_hiro at 2012-05-07 22:21
>鍵コメントさん
ありがとうございます!
今日、帰国しました。
心と体の、いい洗濯ができました。
Commented by asian_hiro at 2012-05-07 22:21
>inei-reisanさん
自分で想像した以上に、楽しく充実した12日間でした。
これほど短いインドの旅は、わたし自身滅多にないことですが
旅の充実度は、日数とは関係ないのかなと思いました。
Commented by asian_hiro at 2012-05-07 22:21
>mtsさん
はい、インドでした(笑)
<< 満月 和音 >>